UPDF AI ウェブが開始!PDFと今すぐ会話しよう

AppleがiPhone 15、USB-C、Apple Watch 9、他に何が発表される?

今年のApple秋の発表会の内容の多くは予想されていましたが、それでも楽しい驚きや予想外の詳細がいくつかありました。

この記事は、Mac、iOS、その他のプラットフォームで使用できるプロフェッショナルなAIを搭載したPDF 編集ソフトであるUPDFによって提供されています。 は以下のボタンをクリックして、無料ダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

iPhone 15とiPhone 15 Plus

まずはiPhone 15シリーズについて紹介します。iPhone 15とiPhone 15 Plusの主要なアップグレードには、昨年の14 Proと同様の48メガピクセルのメインカメラとA16チップが含まれます。このデザインは、分散型Dynamic Island、グリップを向上させる湾曲したフレーム、そして待望のUSB-C インターフェイスを備えています。

iphone 15

参加者は、携帯電話の高品質な外観、特に電話ケースを使用したくない多くのiPhone ユーザーにアピールするピンク色を賞賛しました。

スクリーンの仕様も非常に印象的です。Super Retina XDR OLEDスクリーンはDolby Visionをサポートし、HDR ピーク輝度 1,600 nit、光ピーク輝度 2,000 nit という驚異的な輝度を備えています。ただし、バッテリー寿命に関するこれまでの主張に反して、iPhone 15 Plusは、より大きなバッテリーを搭載しているにもかかわらず、高いリフレッシュレートを備えていないことは注目に値します。この認識により、人々は以前の誤った情報に騙されたと感じるかもしれません。

2023年の今日、799ドルの携帯電話が高いリフレッシュ・レートを備えていないのは、少々行き過ぎではないだろうか。

iPhone 15のレンズ仕様に関しては、あまり議論する必要はありません。 前モデルのProに搭載されていた4,800万画素のメインレンズは、超広角レンズとともにiPhone 15に移行されました。

驚くべきことに、メインレンズは 2 倍デジタル クロップ ズームをサポートするようになり、専用の望遠レンズがないにもかかわらず、3 台目のカメラがあるような印象を与えます。 この説明は少し非現実的だと思われるかもしれません。

ただし、iPhone 15 にはエキサイティングなアップデートがあり、ついに伝説的な小さなUSB-C ポートが採用されました。この開発により、USB-C ポートの便利さを利用できるようになります。

一方、AirPods Pro 2も、小さなUSB-Cポートが追加されたアップデートを受けました。 個人的には、USB-Cポートのためだけに新しい AirPods Pro 2 充電ケースを購入します。

AirPods Pro 2

価格に関しては、iPhone 15は799ドルから、iPhone 15 Plusは899ドルからで、どちらも最小ストレージ容量は128GBです。全体的な価格は前世代に比べてわずかに上昇しました。

チタンフレーム、改良された望遠レンズ、チップ、新しいアクションボタンなどの機能は、iPhone 15 Pro専用となります。

iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Max

さて、今日のハイライトであるiPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxを紹介します。

今回のProシリーズでは、AppleはUltra watchと同じチタン素材をフレームの構築に利用しました。 Apple関係者によると、このチタンとアルミニウムの合金素材は火星探査機にも使用されており、iPhone 15 Proの重量を200g軽量化しながら、Proモデルに強い工業的な質感を与えているということです。 ついに、「0.5ポンドのレンガ」を持ち歩くような気分ではなくなりました。 ただし、前世代に比べて若干厚みがあります。

iPhone 15 Pro

イベントの参加者は、Pro モデルの軽量さと魅力的な感触に喜びを表明し、一度触れたら手放せないと言いました。

今回のPro版の最も大きな変更点は、Appleがミュートボタンをアクションボタンと呼ばれる操作スイッチに置き換えることを決定したことです。このスイッチには、音声録音、カメラ切り替え、フラッシュライト、その他の一般的に使用される携帯電話機能を含む9つの基本機能を割り当てることができます。 また、カスタマイズされた設定を通じてワンクリックで起動できるショートカット コマンドも可能です。たとえば、電話をかけたり、支払いや交通手段のためにQRコードをスキャンしたりすることはすべてこの方法を使用して実現できます。ボタンの別のアクションを希望する場合でも、コントロールセンターからサウンドをミュートするか、フォーカスモードフィルターを使用してiPhoneを自動的に無音にすることができます。

A17 Pro チップ – 最高のグラフィック パフォーマンス

パフォーマンスの向上に関しては、Pro バージョンには、プロセス内に190億個のトランジスタを備えた業界初の 3nm A17 Pro チップが搭載されています。偶然にも、MacのMシリーズ チップと並んで、iPhoneのAシリーズ チップもProの命名規則に従っています。

iphone 15 a17 pro chip

TSMCの3nmプロセスの初期歩留まりの問題により、AppleがA17の名前をA17 Proに変更したのではないかという信頼性の低い憶測があり、その結果、性能が低下した「欠陥チップ」が発生しました。おそらくAppleは、iPad miniのように、これらのチップを再利用して、将来の使用に備えて A17 という名前を付けることを考えたのでしょう。

本題に戻ると、A17 Pro は前世代の A16 チップと比べてパフォーマンスが 10% 向上しており、機械学習タスクで 1 秒あたり 35 億のオペレーションを処理できるニューラル ネットワーク エンジンを搭載しています。

このチップに統合された USB コントローラーにより、USB-C ポートを備えたiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Max がUSB 3仕様を満たすことができ、最大10Gb/sの伝送速度が可能になります。これにより、最終的にAppleデバイスの有線データ転送速度が向上します。

今回の改良で、AppleはA17 Pro チップのGPUに大幅な機能強化を加えました。彼らは、グラフィックスのエネルギー効率に重点を置き、複雑なアプリケーションのパフォーマンスとレンダリング機能を強化する新しいシェーダ アーキテクチャを導入しました 6 。コア GPUの最大パフォーマンスは20%向上しました。

パフォーマンス向上

さらに、A17 Pro チップは、以前のA16 チップにはなかったライト トレース機能をサポートするようになりました。現在、ハードウェア ライト トレーシング アクセラレーションを利用するモバイル ゲームは限られていますが、AppleとMiHoYo、Capcom、Ubisoftなどのゲーム会社との協力により、将来的にはより多くのゲームがこの機能を組み込めるようになることが示唆されています。興味深いことに、「アサシン クリード: ファンタジー」や「バイオハザード 4: リセット」などの人気タイトルがiPhone 15 Proで直接プレイできるようになる可能性があります。

カメラ - アップグレードの価値はあるか?

イメージング機能に移ると、Appleは前世代の4800Wメインカメラの仕様を改善し、高度なアルゴリズムを使用して低照度でのポートレート撮影パフォーマンスを最適化しました。さらに、待望のペリスコープ望遠レンズが導入されましたが、これはiPhone 15 Pro Max専用です。標準のiPhone 15 Proには3倍の望遠レンズが搭載されているのに対し、このレンズは5倍ズームと120mm相当の焦点距離を備えています。

注目すべきは、Apple がペリスコープ望遠レンズに対して独自のアプローチを採用していることです。最大2つの屈折光路を備えた「1重」または「2重」の潜望鏡を組み込んだほとんどのAndroid携帯電話とは異なり、Appleの設計には4重の光路が含まれています。この設計により、Huawei社のP40 Pro+と同様に、光路を電話機内で4つの部分に折り畳むことができます。ファーウェイは以前、10倍の超望遠機能を実現するために4倍の光路を実現していましたが、それは複雑で困難な取り組みでした。Apple が同様のデザインを採用したことは注目に値し、この分野におけるAppleの革新性を強調しています。

潜望鏡レンズを搭載したiPhone 15 Pro Maxは、Appleの現在の製品の中で最も強力な画像処理能力を誇ります。iPhone 15 Pro Maxのカメラ機能は標準Proモデルのカメラ機能を大幅に上回っており、Appleが今後もこの差別化された構成を継続するかどうかについて疑問が生じています。

価格に関しては、iPhone 15 Proシリーズは昨年の14 Proと同じ開始価格を維持しており、機能強化にもかかわらず価格の上昇はないことがわかります。ただし、iPhone 15 Pro Maxの価格は高めです。 Pro シリーズには4つのカラーオプションがあり、レビュー担当者によると、オリジナルのチタン仕上げが際立った選択肢であるとのことです。

Apple Watch Series 9

スマホに関する主要なアップデートを紹介しました。Apple Watchに関する最新ニュースについて簡単に紹介しましょう。

Apple Watch Series 9

Apple は秋のイベントで、Apple Watch Series 9 とApple Watch Ultra 2という2つの新しい時計を発表しました。どちらの時計も、デザインとサイズは同じままで、パフォーマンスとスマート機能の点でアップグレードされています。

最も重要なアップグレードは、新しいS9 チップの導入です。このチップには56億個のトランジスタが含まれており、以前のS8 チップと比較して60%増加しています。これは、これまでにApple Watchに使用されている最も強力なチップです。このチップを搭載するために、Appleは時計の内部構造を再設計しました。

チップのパフォーマンスが向上したことで、Apple WatchのSiriはインターネット接続を必要とせずにローカルで音声コマンドを処理できるようになりました。Siriのディクテーションの精度も前世代と比較して25%向上しました。さらに、Appleはさらに多くの権限を開放し、ユーザーがSiriに睡眠時間の確認、体重の記録、月経周期の追跡を依頼できるようにしました。

導入された興味深い機能はジェスチャー操作です。Apple Watchを装着した手の人差し指と親指をタップすることで、音楽の再生/一時停止、電話の応答/切断、アラームの停止などの機能を実行できます。この片手操作により、ユーザー エクスペリエンスがさらに便利になります。

新しいApple Watchには第2世代の超広帯域チップも搭載されており、ユーザーはWatchを使用してiPhoneを見つけることができ、またその逆も可能です。 ウォッチをHomePodに近づけると、再生メニューが自動的に表示されます。2つの時計を近づけることで名刺を共有することもできます。

Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2の両方で、画面の明るさが向上しました。シリーズ 9は最大2000ニトの輝度に達することができ、Apple Watch Ultra 2は最大3000ニトの輝度を達成できます。

Apple Watch Ultra 2

これらのアップグレードにもかかわらず、時計のバッテリー寿命は変わりません。Series 9の通常のバッテリー寿命は18時間ですが、Ultra 2は標準モードで36時間、低電力モードで72時間持続します。

カラーに関しては、Apple Watch Series 9のアルミニウム合金バージョンには新しいピンク色が導入され、ステンレススチールバージョンはオリジナルのゴールド、シルバー、グラファイトの3色を維持します。Apple Watch Ultra 2はチタンの原色で、3つの新しいストラップが付いています。

Apple Watch Series 9の価格は前世代と同じ399ドルからです。Ultra 2の価格は799ドルからで、前世代より50ドル値上がりしています。

一般的に言えば、今年のApple Watchのアップグレードは比較的日常的なもので、より強力なチップ、より明るい画面、改善されたジェスチャー コントロールなどがあります。特に、待望されていた非侵襲的な血糖値検出機能はこの世代には含まれていませんでした。Appleは来年のApple Watch発売10周年に向けて主要な技術革新を温存する可能性があると予想されている。

イベントでは、クック氏主演の短編映画「Mother Nature」が上映され、アップルの環境保護への取り組みが強調された。この映画では、同社の環境への取り組みを評価するためにアップル本社を訪れたクック氏が母なる自然をもてなす様子が描かれています。Apple は環境保護への重点を反映して、評価を無事に完了しました。

Mother Nature

環境保護の問題に取り組むために、Appleはこの問題に特に焦点を当てた短編映画を作成するという重要な一歩を踏み出しました。この映画はAppleの環境への取り組みに焦点を当て、炭素排出量の削減とカーボンニュートラルの達成に向けた同社の取り組みを紹介しました。

Apple 史上初のカーボンニュートラル製品であるApple Watch Series 9の発表は、同社の省エネと排出量削減への取り組みを示しています。カーボンニュートラルには、さまざまな方法で二酸化炭素と温室効果ガスの排出を相殺し、相対的に排出量をゼロにすることが含まれます。

Appleは、Apple Watch Series 9の本体にリサイクル可能な素材を使用すること、100%リサイクルされたコバルト電池を利用すること、82%リサイクル糸で作られたスポーツストラップを作成することなど、カーボンニュートラルを達成するためにいくつかの措置を講じてきました。時計のパッケージはすべてファイバー素材で作られており、輸送方法も排出量を削減するために最適化されています。さらに、製造プロセスでは100%クリーンな電力が使用されます。

さらに、Appleは世界中で再生可能エネルギー プロジェクトに投資しており、ユーザーがクリーン エネルギーで時計を充電できるようにしています。ソーラー発電時計の提案は、環境に優しく、バッテリー寿命の問題に対処するという目標と一致しています。

アップグレードする価値があるかどうか?

購入に関するアドバイスとして、前世代のApple Watchまたは第1 世代のApple Watch Ultraをすでに所有している場合は、急いでアップグレードする必要はありません。ただし、Ultraをまだ購入していない人は、第 2 世代Ultraを選択することをお勧めします。

同様に、現在iPhone 13 Proまたは14 Proを所有している場合は、もうしばらく使い続けることができます。ただし、標準バージョンまたは古いモデルを使用していて、予算に余裕がある場合は、iPhone 15 Pro Maxを検討することをお勧めします。このモデルは、120mm ペリスコープレンズなどの包括的な構成と独自の機能を提供します。

待望のUSB-Cが利用可能になったことは注目に値しますが、これはまた、古典的なアクセサリであるUSB-C - Lightning アダプタを追加購入する必要があることも意味します。

iPhone 15

iPhoneではUSB-Cの進化が実現しましたが、AirPods Max、Apple Pencil (第 1 世代)など、一部のAppleデバイスはまだこの移行を経ていません。

全体として、環境保護とカーボンニュートラルに対するAppleの取り組みは称賛に値し、まだ対策は必要ですが、これは大きな進歩です。

この記事は、MacおよびiOSデバイス上でPDFをシームレスに編集、変換、注釈付け、OCRできるAIを搭載したPDFエディターである UPDFによって提供されています。今すぐ秋のキャンペーンに参加して、iPadとApple Watchを勝ち取りましょう。無料でダウンロードして今すぐお試しください!

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。