どんなPDFでもチャット。UPDF AI オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

Nitro vs. UPDF - より良い決定を下すのに役立つ完全な比較

どんな企業でもその分野のプロフェッショナルであれば、日常的に多くのPDFファイルを目にすることがあるでしょう。PDFファイルを適切かつ効率的に編集・変更するためには、信頼できるPDFソフトウェアが必要です。PDFツールの選択に関しては、さまざまな選択肢があります。しかし、市場にあるすべてのツールが、ユーザーの基本的なニーズを満たせるわけではありません。そこで、この記事では、有名な2つのPDFツールの比較を行います。比較するのは、Nitro PDFとUPDFです。

パート1:Nitro PDF Essentials、Nitro PDF Pro、UPDFの比較

Nitro PDF Proは、2009年にオーストラリア・メルボルンで設立されたNitro Software, Inc.によって開発されたPDFソリューションです。Nitroは、2021年にMacとiOSシステムをサポートするPDFpenを購入するまで、長年Windowsシステムのみに対応していました。PDF文書の作成、編集、変換のための機能が含まれています。

UPDFは、Superace Software Technology株式会社によって開発された、市場では比較的新しい製品です。新しいといっても、そのチームはPDF分野で10年以上の経験を積んでおり、そのため高いレベルでリリースされました。PDF文書の編集、変換、OCR、保護などを実行する機能を備えています。

以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

Nitro PDF Proの最大の特徴は、主にビジネスや企業ユーザーを対象にしており、個人ユーザーにとってはユーザーエクスペリエンスがあまり良くないということです。UPDFの主な利点は、迅速かつ簡単に使用できることです。PDF文書をより速く開いて読み込むことができ、さらに一人一人のユーザーを重視し、頻繁なアップデートを配信しています。

NitroとUPDFの機能比較

以下は、NitroとUPDFの詳細な機能比較です。

特徴Nitro PDF エッセンシャルNitro PDF プロUPDF
PDFファイルの編集
PDFに注釈を付ける
PDFを他のファイル形式に変換する
PDFの作成
PDFフォームに記入する
OCR認識
PDFをPDF/A として保存
PDFフォームの作成
開くパスワードをPDFに追加
PDFに権限パスワードを追加する
PDFを Microsoft ExcelおよびPowerPointに変換
ブックマークの作成と編集
ファイルを結合する
ステッカー
ドラッグ アンド ドロップでリッチ テキストを追加する
プレゼンター ビューでのスライドショー

パート2:UPDFがNitro PDFより優れている点とは?

いくつかの特徴により、UPDFはNitro PDFよりも強力で信頼性の高いツールであると言えます。UPDFは、PDFファイルをより効果的に作成・管理するのに役立つツールを多数搭載しています。効率的なドキュメントのタスクを簡単に扱える、オールラウンダーのPDFツールです。Nitro ProとUPDFの比較について詳しくは、次のセクションをお読みください。

Nitro PDF エッセンシャルNitro PDF プロUPDF
価格US$129.99 (1 回限りのライセンス)US$179.99 (1 回限りのライセンス)
5300円/年
8300円/永久
システムMacのみWindows、Mac (Windows デバイスと Mac デバイスの場合は別途購入する必要があります)Windows、Mac、iOS、Android
(すべてのプラットフォームで 1 回の購入)
UIデザインの評価3.8/53.8/54.8/5
パフォーマンス速度の評価3.5/53.5/54.8/5

以下のボタンをクリックして、高いコストパフォーマンスのUPDFをダウンロードして、体験しましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

1. 価格

UPDFは、年間プランと永続ライセンスを提供しています。UPDFの年間プランは年間5300円で、永久ライセンス(買い切り版)は8300円です。一方、Nitro PDFは専用のユーザーに対してのみ永続ライセンスを提供しています。WindowsとMacの永続ライセンスは、別々に購入する必要があります。さらに、Nitro PDF Pro Essentialsは129.99ドル、Nitro PDF Proの場合は179.99ドル支払うことになります。

NitroとUPDFの永続ライセンスの価格プランとコストを比較すると、後者の方が圧倒的に手頃な価格です。したがって、UPDFはNitro PDFと比べて、非常に費用対効果が高いと言えます。

2. システム用のライセンス

UPDFは、買い切りのワンタイムライセンスを購入が簡単なため、ユーザーに最大限の柔軟性を提供します。ワンタイムライセンスを購入すれば、Windows、Mac、Android、iOSなど、あらゆるプラットフォームで簡単に使用できます。一方、Nitro PDFは、WindowsかMacのどちらかで1ライセンスしか利用できません。そのため、同じNitro PDFのライセンスを複数のプラットフォームで使用できないのです。

PDF編集ソフト

3. Nitro PDFが備えていないUPDFの重要な機能

PDFファイルの管理および拡張にUPDFを使用すべき理由は、いくつかあります。UPDFは価格プランとライセンス購入がより簡単なため、このセクションではその他の特徴的な機能について説明します。これらの主要な機能は Nitro PDFでは利用できないため、UPDFの重要性が強調されています。

  • 注釈ツール: UPDFには、Nitro PDFにはない幅広い注釈ツールが用意されています。たとえば、UPDFを使用すると、波線を使用して特定のテキストや文章を簡単に強調表示できます。波線を追加することで、イベントの日付、定義、引用、PDFファイル内の重要なコンテンツを簡単に強調表示できます。

✎関連記事:PDFに様々な種類のコメントを追加する方法

さらに、UPDFでは、Nitro PDFツールでは利用できないステッカーを追加することも可能です。PDFファイルにステッカーを使用することで、簡単に閲覧者の注意を引くことができます。また、PDF文書内のある表現を効率的に表示するのにも、一役買ってくれます。ステッカーに加え、テキストコメントを文書に追加することで、迅速なフィードバックを提供することが可能です。適切なフォント、色、スタイルを選択することで、簡単にPDFファイルにテキストコメントを挿入できます。

ニトロ対 updf 注釈
  • ドラッグ&ドロップでリッチテキストを追加: 学術論文の調査をしているときなど、特定のWebサイトからいちいちコピー&ペーストしていては時間がかかってしまいます。幸い、UPDFはユーザーに快適さを提供するのに最善を尽くしており、リッチテキスト機能を使って、あらゆる情報をPDFにすばやく挿入できます。

✎関連記事:3つの簡単な方法でPDFにテキストを追加する

この機能を使えば、WebサイトからPDFファイルへテキストをドラッグ&ドロップできるので、簡単で手間もかかりません。しかし、Nitro PDFでは、同じ機能は使えません。

ニトロ対 updf リッチテキストの追加
  • 多様な変換オプション: Nitro PDFのようなツールでは、PDF形式の変換オプションが限られています。一方、UPDFは、PDFファイルをXML、HTML、その他の形式へ簡単に変換可能です。したがって、UPDFは制限なしで幅広いファイル形式への変換をサポートしています。
  • より良い共同作業を実現するオプション: PDFの共有は、作業効率とチームワークを向上させることができる基本的なタスクです。UPDFでは、メールの添付ファイルやリンクなど、さまざまな共有・コラボレーション方法を利用できます。リンクを介してPDFファイルを共有することで、ドキュメントをすばやく簡単にチームメンバーと共有することも可能です。
  • 高度なOCR機能: UPDFとNitro PDFは、どちらもスキャンしたPDFを編集・検索可能なドキュメントに変換できる高性能なOCR機能を提供しています。ただし、UPDFの高性能なOCR機能は、リーズナブルな価格で利用可能です。そのため、同じ高機能オプションのOCRを、UPDFでは簡単かつコスト効率よく利用できます。
  • スライドショー機能: PDFファイルの読みやすさを向上させたいと思いませんか?UPDFには、PDFファイルを快適に、そして集中して読めるようにするスライドショー機能があります。Nitro PDFではこの優れた機能は利用できないため、かなりのデメリットになるでしょう。そのため、UPDFのスライドショー機能を使うことで、PDF文書の読みやすさを大幅に向上させることができます。

以下のボタンをクリックして、UPFの多様な機能を体験しましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


パート3:Nitro PDFに関するFAQ

1. Nitro Proは無料ですか?

Nitro Proは無料ソフトではありません。複数の料金プランが用意されていますので、それぞれのニーズに合わせて選択できます。このツールの価格については、上記で詳しく説明しました。

2. Nitro ProはAdobeやUPDFより優れたツールですか?

Adobeは、Nitro PDFと比較して、波線やテキストコメントなど、注釈オプションが充実しています。しかし、UPDFにはリッチテキストやステッカーなどのユニークな機能があるため、Adobeよりさらに優れた選択肢と言えます。そのため、最も広く使われている優れたツールを選びたいのであれば、UPDFはその候補の筆頭に挙がるでしょう。

3. Nitro Proは1回限りの購入(買い切り)ですか?

はい、Nitro Proには年間プランがないため、買い切りとなります。永続プランの価格については、この記事の上の方で説明したとおりです。

4. Nitro Proの無料お試し期間はどのくらいですか?

Nitro Proの無料トライアル期間は14日間のみです。一方、UPDFはずっと無料で使用できます。

まとめ

PDFツールは、企業や組織で基本的に必要なものであり、広く使用されています。どのエディタを使うべきか迷っている方のために、この記事はNitroとUPDFに焦点を当てました。NitroとUPDFは、どちらも便利な機能を多数備えた有名なツールです。しかし、Nitro Pro 12とUPDFを比較すると、明らかにUPDFの方が優れています。

UPDFは、PDFファイルの管理をサポートするさまざまな機能を備えた、シンプルで使いやすいツールです。豊富な注釈機能により、PDFファイルを効果的に分析し、読み取ることができます。また、コラボレーション機能を使うことで、チーム内で協力して効率的に生産性を高められます。このように、UPDFは費用対効果の高い、優れた高度なツールと言えます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。