どんなPDFでもチャット。UPDF AI オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

Adobe Acrobat vs UPDF、どっちがいい?

市場には数多くのPDF編集ソフトが存在し、ユーザーにサービスを提供しています。選べるエディタは無数にありますが、その中のどのエディタが優れているかは、機能によって簡単に判断できます。Adobe Acrobatは10年以上にわたって存在し、ユーザーに迅速かつ効率的なPDFサービスを提供してきました。


しかし、このツールは使いやすさという点が欠けています。そして市場を乗っ取った新しいプレイヤーであるUPDFには、その欠けた使いやすいシンプルさ見出せます。この記事では、Adobe AcrobatとUPDFを比較し、どちらが優れているか、将来的にどちらがより有力なプレイヤーとなるか、その理由を示します。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードします。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

Adobe AcrobatとUPDFの比較

Adobe Acrobat DCには、StandardとProという2つのバージョンがあります。こちらの表では、Standard版とPro版、そしてUPDFを比較しました。

価格、システム、機能Adobe Acrobat 標準 DCAdobe Acrobat Pro DCUPDF
価格18216円/年23760円/年5300円/年
8300円/永久ライセンス
システムに関する作業Windows のみWindows、Mac、iOS、および AndroidWindows、Mac、iOS、および Android
PDF閲覧PDF を開く、表示する、読む
ブックマークの追加と管理
PDF 内のテキストを検索
PDF をスライドショーとして表示する
PDF に注釈を付けるハイライト/取り消し線/下線
テキストコメント/テキストボックス/テキスト吹き出し/付箋
形・鉛筆・切手・サイン
注釈リストを管理する
波線
ステッカー
PDF編集PDF にテキストを追加する
PDF 内の既存のテキストを編集する
画像の追加、削除、抽出、回転、切り抜き、置換
リンク、透かし、背景、ヘッダー、フッターの追加と編集
ドラッグ アンド ドロップでリッチ テキストを追加する
OCRスキャンした文書を検索および編集可能な PDF に変換する
PDFを変換PDF を Word、Excel、PPT、テキスト、RTF、HTML、XML、画像 (PNG、JPEG、TIFF) に変換
PDFをPDF/A として保存
PDFをCSVに変換
PDFをBMPに変換
PDFをGIFに変換
PDF整理挿入、置換、抽出、回転、分割、削除
ページのトリミング
暗号化して共有パスワードを追加してPDFを保護する
機密情報の暗号化
電子メールでPDFを添付ファイルとして送信する
リンクを介してPDFを共有する
PDF作成空白のPDFを作成する
キャプチャからPDFを作成する
他のファイル形式から PDF を作成する
PDF印刷PDFの印刷
記入して署名するフォームに記入する
デジタル署名
電子署名
その他の機能PDFの最適化 - ファイルサイズを縮小
ファイルを 1 つのPDFに結合する

UPDFがAdobe Acrobatより優れている点

このパートでは、Adobe AcrobatとUPDFの比較を行い、PDFエディタとしてUPDFがAdobe Acrobatよりも優れている理由を説明します。この比較は、適切な決定を下すのに大いに役立つでしょう。

1. 価格差

Adobe Acrobatを使用している多くのユーザーにとって大きな問題の1つは、Pro版で年間23760円という高額な価格です。UPDFと比較すると、PDFエディタは年間5,300円で利用可能で、これはAdobe Acrobatのほぼ6分の1です。UPDFの方がPDFを管理する機能が充実しているにもかかわらず、Adobe Acrobatの料金の方がはるかに高く、優れたPDFエディタとして適切とは言えません。UPDFという安価で効率的な代替手段があるのに、なぜそのようなツールを使うのでしょうか?

Adobe Acrobatの価格:

Adobe Acrobatの価格

UPDF の価格:

UPDFの価格

2. プラットフォームにおけるツールの使いやすさ

Adobe Acrobat Standard DCとUPDFを比較するにあたって、もう1つの重要なポイントは、複数デバイスで使用できるかということです。PDF管理ツールにフルアクセスできるAdobe Acrobat Standard DCのライセンスを購入した場合、Windows PCでのみ使用できます。

Adobe Acrobat Standard DCとUPDFを比較する

一方、UPDFは、4つのプラットフォームすべてでPDFエディタを使用する機能が用意されています。シングルユーザーライセンスを購入すれば、Windows、Mac、Android、iOSの4つのプラットフォームで利用可能です。

このツールの多様性と拡張性は、あらゆる面でUPDFをより良い選択肢とします。ユーザーとしては、利用システムを変更できるツールを活用したいと思うはずです。それによって、旅行中でもデスクトップPCを必要とせず、スマートフォンでPDF文書を簡単に修正できるようになります。

すべてのプラットフォームでのUPDF

3. Adobe Acrobatでは利用できない機能

UPDFよりもAdobe Acrobatを使うべきではない理由はたくさんあります。両デバイスの価格と互換性の違いを検討しましたが、ツール間の機能には大きな違いがあります。そのため、市場ではAdobe AcrobatよりもUPDFが優れていることになります。この点については、以下のように、Adobe Acrobatにはないさまざまな機能に注目する必要があります:

  • ステッカー:ステッカーは、PDF文書の見栄えをより良くする優れた方法です。この要素を使用することで、1つのイラストでさまざまな感情を表現できます。UPDFには、PDF文書へ簡単に追加できるステッカーが豊富に用意されています。Adobe Acrobatにはこのような機能はないため、その機能性に大きなマイナス面があります。
Adobe Acrobatでは利用できない機能ステッカー
  • ドラッグでリッチテキストを追加する: UPDFでのドキュメントの編集は、あらゆる面でAdobe Acrobatより圧倒的に優れています。よりインタラクティブなツールで、リッチテキストをPDF文書にドラッグして直接挿入できる優れたオプションがあります。他のプラットフォームからも任意のテキストを取り込み、UPDFで直接PDFに貼り付けることができます。しかし、Adobe Acrobatではこの機能に対応していないため、非常に気になるところです。
Adobe Acrobatでは利用できない機能ドラッグでリッチテキストを追加する
  • 変換できる形式の種類: PDF文書の変換には、複数のオプションが用意されています。UPDFとAdobe Acrobatの両方で、複数の基本的なファイル形式への変換ができますが、Adobeが対応していない重要なファイル形式がいくつかあります。Adobeでは、PDFファイルからCSVへの変換PDFファイルからBMPへの変換PDFファイルからGIFへの変換はできません。一方、UPDFはこれらのオプションを用意しており、素晴らしいユーティリティとなっています。
Adobe Acrobatでは利用できない機能
  • PDFをスライドショーに:UPDFとAdobe Acrobat、どちらもPDFを読むことができますが、Adobe Acrobatには、ユーザーのPDF読書体験を向上させる重要な機能が欠けています。読者が気を散らさず楽にPDFを読めるようにする、PDFをスライドショーとして実行する機能がないのです。その点、UPDFはこの機能を備えています。
変換できる形式の種類
  • 安価なOCRツール:  Adobe Acrobatは、OCRツールを使ってスキャンしたドキュメントを編集可能かつ検索可能なPDF文書に変換できます。そして同じ機能は、UPDFのOCRツールでも用意されています。両ツールの主な違いは、価格です。あえて高価格帯のOCRツールを選ぶ理由はなんでしょうか?そのため、UPDFはOCR機能を使用する場合に理想的な選択肢となるのです。
変換できる形式の種類

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


優れたPDFエディタの選び方

UPDFのような優れたPDFエディタを持っていても、良いPDFエディタを選ぶ際に考慮すべき点があります。これらの要素は、以下のような主要な要件をすべて満たす最適なツールを見つけるのに役立つでしょう。

1. 価格

まず考慮すべきことは、使用を検討しているPDFエディタが懐に打撃を与えない、つまり高価すぎないことです。UPDFのように、多額のお金を支払うことなく、複数のPDF管理・拡張機能を提供するツールであるべきです。

2. 機能

PDFエディタが市場で有意に立つには、優れた機能が不可欠です。ほとんどのPDFエディタは編集や注釈のツールを提供しますが、優れたPDFエディタは常により多くの機能を備えています。UPDFはその点が顕著であり、その機能の拡張性でユーザーを失望させることはありません。

3. OCR(光学的文字認識)機能

OCRツールを搭載していないPDFエディタは、最近の市場では好まれません。スキャン済みのPDFを効率的に、編集可能なドキュメントに変換できる優れたOCRツールを備えている必要があります。

4. インターフェース

全体的にガイドしてくれる適切なボタンを持つPDFエディタをお探しですか?優れたPDF エディターは、常に誰にでも利用できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供します。混乱することなく、機能やセクションを簡単に移動したり操作したりできます。UPDFはこの点が非常に明確で、複雑さのない優れたインターフェースを備えています。

5. 互換性

さまざまな理由から、幅広い互換性を持つPDFエディタが好まれています。デスクトップとスマートフォンの互換性を備えたPDFエディタが、常に重視されるでしょう。そのため、UPDFはWindows、Mac、iPhone、Androidと互換性があります。

まとめ

この記事では、Adobe AcrobatとUPDFを詳細に比較し、明確な勝者を示しました。これらのPDFエディタについて理解を深めただけでなく、この記事では、優れたPDFエディタを選ぶ方法についても紹介しました。これは、さまざまな段階での文書管理に役立つはずです。結論として、PDFの編集、注釈付け、OCR認識、変換、保護、整理などの高度な機能を備えたコスパの良いソリューションをご所望なら、UPDFが最適な選択肢となります。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。