PDFが保存できない?心配しなくここでは解決方法を紹介

PDFファイルを編集し、保存しようとする時、エラーメッセージが出てきませんか?かなり大がかりな編集をした後は、保存をするのが一般的ですが、それが出来ないとなると少々問題になってきます。

編集後の保存が出来なくて困っていると言う方には、この記事はとても役立つでしょう。なぜPDFの保存ができないのかを見ていきましょう。

第1部:なぜPDFファイルが編集後に保存できないのか

編集後の保存ができない理由としてはいくつかが考えられますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。

  • あなたの使用しているPDFの編集ソフトとドキュメントに互換性がなく、システムエラーが起きている。
  • また、使用しているアプリケーションやドキュメントの設定の一部が変更されているため、保存などの特定のプロセスが妨げられている可能性がある。
  • 編集しようとしているドキュメントはパスポートがかかっており、パスポートを解除してからでないと保存が出来ないようになっている。
  • あなたのMacBookもしくはWindowsは保存ができるデバイスだが、システムが1世代古いため、アップデートが必要な場合がある。
  • 使用しているPDF編集ツールがシステムによってブロックされている可能性があります。おそらく、使用しているウイルス対策ソフトウェアがPDFエディターを脅威として検出している可能性がある。
  • Adobe Acrobatを使用している場合、そのアカウントに問題があり、クラウド上に保存しようとしても出来ない可能性もある。
  • ファイルを保存しようとする時、ファイル自体がエラーの場合がある。

第2部:PDFファイルが保存できない場合の解決方法

ドキュメントを保存しようとしている場合は、次のような最良の解決策を試してください。

1.互換性あるのPDFリーダーを使う

PDFファイルが保存できない時、PDFリーダーの変更を考慮するべきかもしれません。コンピューターにインストールできる、Adobe Acrobatと同等のソリューションが数多くあります。

例えば、UPDFは Windows、MacBook、iOS、Androidにおけるベストな解決策の一つです。このソフトがあれば、ファイルの保存も容易に行えるでしょう。以下のボタンをクリックして、UPDFを無料でダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

2.PDF編集ソフトを使ってPDFファイルを保存する

別のPDFリーダーを使っても解決できない場合、PDF編集ソフトを使用してみましょう。UPDFは読み取りだけでなく編集もできる優れたソフトです。UPDFを使って、ファイルを開き、編集と保存を行いましょう。もし今後、UPDFをデフォルトの編集ソフトにしたい場合は、以下の記事に変更方法が記載してあります。

3.ストレージ設定を再構成する

もしあなたがAdobe Acrobatリーダーを使っている場合、ストレージ設定が変わってないか確認をすると思います。以下が確認方法と変更方法になります。

手順1.コンピュータ上でAdobe Acrobatを開き、保存したいドキュメントを開きます。

手順2.メニューの中から「編集」をクリックし、設定を選択します。

手順3.「一般」を選び、「ファイル保存時のオンラインストレージを開く」が有効かを確認します。設定完了後、もう一度ファイルを保存します。

第3部:いかなるPDF保存に関する問題も一気に解決する

Adobe Acrobatのベストな代替え案としてはUPDFが最適です。UPDFは複雑な操作がなく、ユーザーが簡単に編集、作成、変換、注釈を付ける、PDFドキュメントの読み取りまでも行えます。その中でも最も大きなメリットとしては、初心者でもわかりやすいシンプルなインターフェースであることです。

UPDF

プロフェッショナルなPDFマネジメントツールが全て含まれているツールです。

  • UPDFは、PDFドキュメントを開くと読み取りがとても簡単に行えます。ページのレイアウトをデバイスに合うように変更し、読み取りがより効率に行えるようにダークモードも使用できます。
  • とても良いPDF編集ソフトです。UPDFを使えばPDFに関するあらゆる変換が行えます。テキストを加えたり削除したり、フォントのサイズ、カラー変更も可能です。それらの変更は、内蔵された編集ソフトでも追加、削除、回転、切り取り、並べ替えが可能です。また、編集してPDFへのリンクの貼り付けも可能です。
  • ビジネスにおいてもとても人気があります。PDFをワード、エクセル、フォーマットはそのままで編集可能な状態に変更ができます。
  • PDF編集ソフトとしてベストです。コメントを追加したり、スタンプやハイライト、シグネチャーをしたりもできます。
  • UPDFは、ドキュメントの読み取りを完璧に行えます。その他にも、追加、削除、回転、並べ替え、抽出なども行えます。

UPDFを選ぶべき理由

  • UPDFは簡単に使えて、複雑な設定もありません。
  • WindowsやMacBook、 Androidや iOSなどのデバイスじゃうでPDFの開封や読み取りがとても簡単に行えます。
  • 直接PDFを編集できます。
  • PDF変換の精度は非常に高いです。

上記を読み、少しでも興味が湧いたら、以下のボタンをクリックして、UPDFの無料版をダウンロードしましょう。

第4部:PDFが保存できない問題を解決するに関するよくある質問

なぜ自分のMacBookでPDFが保存できないのか?

もしかしたらあなたのPDFリーダーはアップでデートが必要な状態で、今の状態ではMacBookと互換性がないかもしれません。アップデートをして再度PDFリーダーを起動してみましょう。

Windows11ではどうやってPDFを保存したら良いのか?

Windows11でPDFを保存するには、右クリックで「他のファイルとして保存」を選択し、「PDFファイルとして保存」を選択します。もしくは、キーボードのCtrキーとsキーを同時に押す事で保存できます。これは他のWindowsでも使用できます、

なぜMacBookでワードファイルをPDFとして保存できないのか?

もしMacBookでワードファイルがPDFとして保存が出来ないのであれば、アクティブなワードファイルの取り込みが原因かもしれません。これらは互いに干渉し合うため、まず、取り込んだワードソフトを削除してからもう一度保存を試みましょう。

なぜiPhone上のPDFを保存できないのか?

アプリかiOSのアップデートが必要かもしれません。もしくはファイルを保存するのに十分な容量がiPhone上にないのかもしれません。ストレージを確認し、いくつかの項目を削除して、容量を十分に空けてから保存を試みましょう。

結論

上記がPDF保存ができない時のシチュエーションとその解決策です。UPDFを使えば問題を減らす事が出来て、他にもPDF保存において様々で便利な機能が付いています。これを機にぜひUPDFを使っていきましょう。私たちはとてもお勧めします。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全