どんなPDFでもチャット。UPDF AI オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

電子署名を詳しく見てみる: 定義、種類、法的な影響

署名は、文書や合意を認証するために個人が行う個人的なパターンまたは表現です。紙の文書に書かれる手書きの物理的な署名があります。対照的に、利用可能な技術の助けを借りて電子文書にも署名を適用することができます。電子署名についての詳細情報を知るために、この記事は役立つ情報を提供します。

パート1:電子署名とは何ですか?

電子署名は、文書や記録に電子的に署名するための独自のパターンのデジタル表現です。電子形式での手書き署名と法的に認識されるものとして機能します。電子署名は物理的な文書作成、印刷、文書の手動処理の必要性を排除します。

これは、ユーザーが自分の存在を証明するために署名される文書に物理的にマークを付ける必要があるウェット署名とは大きく異なります。電子署名は、タイピングで作成された署名、クリックして署名するもの、または生体認証署名であることがあります。一般的に、これらの署名はすべて、さまざまな使用例に応じて一意です。

パート2:電子署名の種類

電子署名には、インターネット上でさまざまな電子署名種類があります。しかし、各電子署名の種類は何を含んでいますか?以下は、三つの種類の電子署名です:

1. 標準電子署名(SES)

標準電子署名(SES)は、高度な暗号技術や複雑なセキュリティ対策を必要としないため、簡単に作成できる電子署名です。一般的に、信頼性と法的要件のレベルが高くない場合に使用されます。一方、SESにはスキャンされた画像内の署名、タイピングされた名前、または記号が含まれます。

2. 法的に有効な電子署名(AES)

法的に有効な電子署名(AES)は、安全で法的に認識される電子署名の形態です。なぜなら、署名された文書と署名者の両方の正体を保証します。一般的に、デジタル証明書や暗号化などの暗号技術が存在します。したがって、改ざんに対する保護も提供されます。法的に拘束力のある取引には、AESが好ましい電子署名です。

3.  適格電子署名(QES)

適格電子署名(QES)は、欧州連合のeIDAS規則を含む一部の管轄区域で認識される最高の電子署名レベルです。理想的には、QESには適格な証明書が必要で、安全な署名作成デバイスに基づいています。一方、QESは手書き署名と同様に高度に機密性が高く、法的拘束力のある取引に最適です。

パート3:電子署名は法的ですか?

電子署名は多くの国で法的と見なされています。ただし、各国の法律と規制が異なり、厳密に守らなければなりません。このようにして、電子文書は法的に拘束力があり、より信頼性が高くなります。電子署名が法的に認められている国と、それぞれの法律について考えているはずです。以下はその一例です:

米国では、国際商取引における電子署名法(Electronic Signatures in the Global and National Commerce Act)や統一電子取引法(Uniform Electronic Transactions Act)があります。カナダには個人情報保護法と電子文書法があります。オーストラリアには1999年電子取引法があります。欧州連合は欧州指令199/93/ECに従っています。

英国は2002年電子署名規則を採用しています。一方、中国には中華人民共和国電子署名法があります。また、電子署名が合法とされる他の国々にも、同様の法律が多数存在します。

その他、電子署名がある程度合法とされている国々:

アルゼンチンコスタリカエストニアハンガリーリヒテンシュタインモンテネグロポルトガルスウェーデンウルグアイ
オーストリアクロアチアフィンランドインドリトアニアオランダスルプスカ共和国スイスベネズエラ
ベルギーキプロスフランスアイルランドルクセンブルクノルウェールーマニアスロバキアウェールズ
ブラジルチェコ共和国ドイツイタリアマレーシアパキスタンロシア南アフリカ ウクライナ
ブルガリアデンマークギリシャジャマイカマルタパナマスコットランド韓国 スペイン
チリドミニカ共和国グアテマラ日本モーリシャスペルーシンガポールトルコ フィリピン
コロンビアエクアドルラトビアメキシコ 

パート4:電子署名が広く使用されている場所

まず、電子署名はその利便性、効率性、および法的性質のために、さまざまな業界とセクターで広く使用されています。電子署名が重要な役割を果たす一般的な分野の一部を以下に示します:

  • 銀行および金融:銀行および金融セクターでの電子署名の役割は非常に大きいです。なぜなら、銀行口座を開設したり、取引を承認したり、ローンを申し込んだりするのに役立つからです。
  • 不動産:不動産業界では、購入契約、賃貸契約、レンタル契約、および他の不動産関連文書の有効性を確認し、署名するために電子署名が使用されています。
  • ヘルスケア:ヘルスケアセクターでは、患者同意書、医療記録、処方箋、および他のヘルスケア関連文書で電子署名が利用されています。これは文書の妥当性とセキュリティも向上させます。
  • ビジネス契約:ビジネス契約に署名するために電子署名が頻繁に使用されています。これには合意書、販売契約、提携契約、雇用契約などが含まれます。

パート5:署名の作成方法

UPDFのPDF管理ツールを使用することで、電子署名を作成し、法的文書に適用することができます。したがって、手書きの署名を描くか、電子署名を入力できます。署名を作成する際に署名の色を変更したり、ペンの太さを調整したりするオプションがあります。また、キーボード、マウス、トラックパッドのオプションを選択することもできます。さらに、UPDFでは4つの作成済みの署名を保存して、いつでも使用できます。以下のボタンをクリックして、UPDFを無料でダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

電子署名を作成するには、コンピューターでUPDFを開き、「ファイルを開く」ボタンを押します。左側のツールバーから「注釈」アイコンをクリックし、画面上部の「署名」アイコンをタップします。署名パネルが開き、コンテンツの作成を開始するために「作成」をクリックする必要があります。

電子署名

マウスのドロップダウンから、「キーボード」および「マウス」オプションを選択して署名を作成できます。

電子署名

署名の太さと色を選択することもできます。最後に、「作成」をクリックして文書の希望の部分に署名を適用します。ファイルを右側のツールバーの「別の名前として保存」アイコンに移動してデバイスに保存できます。

✎関連記事:簡単でPDFに署名す方法3選

パート6:電子署名に関するFAQ

1. 名前を署名として書くことはできますか?

非公式または個人的な文脈で名前を署名として書くことは許容されることがあります。ただし、署名する文書や取引の具体的な要件と法的影響を確認することが常にお勧めです。

2. 署名は必ずしもフルネームである必要がありますか?

一般的に、署名はフルネームである必要はありません。性や名、頭文字、またはそれらの組み合わせであっても構いません。例えば、あなたの名前がJames Hickである場合、署名はJames Hick、James、またはJames Hであっても構いません。

3. 電子署名として受け入れられるものは何ですか?

電子署名は法的に拘束力のあるものであり、署名の意図、文書の関連付け、認証、整合性、否認防止、法的遵守、記録保持など、特定の要件を満たす必要があります。

4. 電子署名の例は何ですか?

電子署名の例としては、デジタル署名、入力またはクリックによる署名、生体認証による署名、電子メールの署名、音声署名、QRコード署名、電子手書き署名などがあります。

結論

電子署名は、契約や合意などの重要な法的文書に署名する方法を革命的に変えました。電子署名が法的かどうか、電子署名を法的にする要因は何かという疑問が生じます。この記事では簡潔な詳細を提供し、UPDFのPDFエディタを使用してPDF文書に電子署名を適用する方法も紹介しました。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードして、試してみましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。