どんなPDFでもチャット。UPDF AI オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

Windows10/11の便利なファイルマネージャートップ5

Windowsパソコンでプロユーザーのエクスペリエンスを実現したい場合は、必要なすべての機能を備えたファイルマネージャーが必要です。一部のユーザーにとって、組み込みのファイルマネージャーアプリでは最高のエクスペリエンスが得られないため、サードパーティ製のファイルマネージャーアプリが役に立ちます。サードパーティ製ソフトウェアを使用すると、独自の機能や優れたエクスペリエンスが得られるなど、さまざまな面でメリットがあります。ただし、各ツールには欠点もあります。

そこで、ここでは、Windows10および11で使用できる最も便利なファイルマネージャートップ5について説明します。

パート1. Windowsで最適なファイルマネージャー5選

ネットで検索すると、Windows10/11用のファイルマネージャーのオプションが複数見つかります。すべてが同じエクスペリエンスを提供するわけではなく、それぞれに欠点があることに注意することが重要です。そこで、ここでは、使用できるトップ5のピックと、その機能、長所、短所を共有します。こうすることで、すべてのツールがもたらす価値をより明確に把握できるようになります。

1. ファイルエクスプローラー - Windows10/11に最適な組み込みファイルマネージャー

Windowsに統合されたファイルマネージャー。これにより、ユーザーは、ファイルの作成、名前変更、削除、転送、パソコン上のファイルやディレクトリの参照など、基本的なファイル管理操作を実行できるようになります。ユーザーは、ファイルエクスプローラーに含まれる強力な検索ツールを使用して、ファイルを迅速かつ簡単に見つけることができます。Windowsのすべてのバージョンにはファイルエクスプローラーが付属しています。

ファイル マネージャー windows

主な特徴:

  • ファイル閲覧
  • ファイル検索
  • ネットワーク上でファイル共有
  • ファイル圧縮
  • 属性を持った経営と組織

長所:

  • 膨大なデータを素早く検索
  • タブのあるブラウザと同様のインターフェイス
  • ファイルの移動、コピー、削除のマルチタスク

短所:

  • 高度な機能やカスタマイズ性が欠けている

2. UPDF - WindowsでPDFファイルに最適なファイルマネージャー

UPDFは、PDFファイルを保存し、いつでもどこでもアクセスできるUPDF Cloudを提供する優れたPDFファイルマネージャーです。また、PDFファイルを処理するための多くの機能を備えたPDFリーダーおよびエディターでもあります。このソフトウェアを使用すると、PDFファイルの閲覧、編集、変換、結合、分割、透かしを入れることができます。UPDFが提供するその他の機能には、フォーム入力、パスワードセキュリティ、注釈などがあります。

これらすべての機能に加えて、オンラインおよびオフラインのPDFファイルをさまざまなデバイスにわたって1か所に整理できるため、包括的なPDFソリューションを探している人にとっては最適な選択肢です。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ファイル マネージャー windows

主な特徴:

  • オンラインファイル管理のためのUPDF Cloudがあります。
  • PDFファイルを保護します
  • PDFファイルの結合、分割、整理します。
  • PDFビューアおよびエディタとしても機能します
  • UPDF AIの統合および編集機能が揃えています。

長所:

  • オンラインとオフラインの両方のファイルを管理します。
  • 非常にシンプルなインターフェイスです。
  • すべてのデバイスで利用可能です。

短所:

  • PDFドキュメントでのみ動作します。

早速以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

3. Directory Opus - Windows11/10で最高の有料ファイルマネージャー

Directory Opusは、強力な機能とカスタマイズオプションで知られる効率的なファイルマネージャーソフトウェアです。パワーユーザーは、適応性のあるUI、豊富なキーボードショートカット、カスタマイズされたツールバーを理由にこれを選択します。他のファイルマネージャーとは対照的に、商用ソフトウェアであるため、コストが高く、学習曲線が急になる場合があります。

ファイル マネージャー windows

Directory Opus

主な特徴:

  • ファイルを開かずにプレビューすることができます。
  • 強力なファイル検索、管理、整理
  • インターフェイスに関しては高度にカスタマイズ可能
  • 内蔵FTPクライアントでファイルを転送
  • スクリプトによる自動化がサポートされています。

長所:

  • 複数のファイルタイプをサポートする多用途性
  • 定期的に更新
  • 機能豊富なインターフェイス

短所:

  • 人によっては高価になる可能性があります。

4. FreeCommander - Windows上で最高の無料ファイルマネージャー

FreeCommanderは、効率的なファイルの編成と管理のためのさまざまな機能を提供します。FreeCommanderでサポートされるファイル操作には、名前変更、結合、分割、FTP/SFTPサポートが含まれます。さらに、ユーザーはキーボードショートカットを追加し、ユーザーインターフェイスをカスタマイズできます。

プロのファイルマネージャーで利用できる複雑な機能がすべて備わっているわけではない場合があります。また、プレビューウィンドウや強力なファイル検索機能など、さまざまなファイル管理ツールも備えています。

ファイル マネージャー windows FreeCommander

FreeCommander

主な特徴:

  • デュアルペインインターフェイスにより、ファイルを並べて表示できます
  • ファイルプレビューにより、ファイルを開かずにプレビューできます
  • FTPサーバー上のファイルを共有するための内蔵FTPクライアント
  • スクリプトによる自動化
  • 自動化をサポート

長所:

  • オープンソースで無料
  • 効率的なハードウェアリソース管理
  • インターフェイスをカスタマイズできます

短所:

  • 急な学習曲線

5. Explorer++ - Windows上で最高のオープンソースファイルマネージャー

Windowsのデフォルトファイルエクスプローラーの優れた無料代替品であるExplorer++は、無料のオープンソースファイル管理ソフトウェアです。ブックマークやカスタマイズ可能なキーボードショートカットなどの機能により、シンプルで効果的なユーザーエクスペリエンスを提供します。最後に、市販のファイルマネージャーに比べてUIが洗練されていません。

ファイル マネージャー windows Explorer++

Explorer++

主な特徴:

  • タブを備えたブラウザのようなインターフェイス
  • ·ファイルを比較するためのデュアルペイン表示オプション
  • 複数ファイルの名前変更機能
  • ファイルとフォルダーの簡単な結合をサポート
  • キーボードショートカットのカスタマイズをサポート

長所:

  • 非常に軽量で、低スペックのパソコンでも動作します
  • 追加機能を備えたネイティブエクスペリエンス
  • オープンソースソフトウェアにより無料で変更が可能

短所:

  • あまりユーザーフレンドリーなインターフェイスではない

パート2. Windowsのファイルマネージャーに関するFAQ

Q1. Windowsでファイルマネージャーを開くにはどうすればよいですか?

Windowsの組み込みファイルマネージャーであるファイルエクスプローラーを見つけるのは非常に簡単です。フォルダーのようなアイコンがあり、デスクトップまたはタスクバーのショートカットがある場合は、それを使用して開くことができます。それ以外の場合は、WindowsキーとEキーを同時に押すと開きます。もう1つの方法は、Windowsの検索メニューに移動して「ファイルエクスプローラー」を検索することです。アプリを開いたり、タスクバーに固定したり、起動したり、デスクトップショートカットを作成したりすることもできます。

Q2. ファイルマネージャーはどこで見つけられますか?

Windowsでファイルマネージャーを見つける最も簡単な方法は、タスクバーまたはスタートメニューに固定されていることが多いため、そこにファイルマネージャーを見つけることです。見つからない場合は、「ファイルエクスプローラー」で検索すると見つかります。ファイルマネージャーを見つけたら、そのショートカットを作成するか、将来簡単に見つけられるようにどこかに固定します。

Q3. Windows 10に最適なファイルマネージャーは何ですか?

組み込みのファイルエクスプローラーは十分に機能しますが、機能が不足している場合は、Windowsパソコンでのファイル管理に最適なオプションは次のとおりです。

  1. UPDF - WindowsでPDFファイルに最適なファイルマネージャー
  2. Directory Opus - Windows11/10で最高の有料ファイルマネージャー
  3. FreeCommander - Windows上で最高の無料ファイルマネージャー
  4. Explorer++ - Windows上で最高のオープンソースファイルマネージャー

Q4. Windowsではどのようなファイルマネージャーが使用されますか?

Windowsでは、Windowsパソコンに組み込まれているファイルマネージャーであるファイルエクスプローラーを使用します。以前のバージョンではWindows Explorerとして知られており、Windows 95から存在しています。このファイルマネージャーは、オフラインストレージだけでなく、サーバーベースのオンラインストレージ(お持ちの場合)も管理できます。さらに、このファイルエクスプローラーのGUIとすべてのインターフェイス要素により、使用が非常に簡単になります。

Q5. Windows 10でデフォルトのファイルマネージャーを変更する方法

Windowsでデフォルトのファイルエクスプローラーを変更することは、さまざまな方法があるため、誰にとっても複雑になる可能性があります。ただし、最も簡単な方法は、PCのコントロールパネルに移動することです。そこでは、フォルダーオプションに移動してから、ファイルタイプに移動する必要があります。次に、ドライブまたはファイルに移動し、「詳細設定」をクリックして、新しいファイルマネージャーをデフォルトとして設定します。

Q6. WindowsでPDFファイルを管理するにはどうすればよいですか?

ほとんどのファイルマネージャーは、Windows上でPDFドキュメントと他のファイルタイプを混在させます。そのため、これらの書類を個別に整理するのは難しい場合があります。代わりに、UPDFをWindows PDFファイルマネージャーとして使用すると、すべてのPDFドキュメントを開いて1か所に自動的に整理されます。これを使用して、UPDF Cloudに存在するPDFファイルを整理することもできます。

Q7. Windowsで2つのファイルマネージャーを開くにはどうすればよいですか?

ファイルエクスプローラーを2回開くには、Windows+Eキーを2回押します。Windowsで2つのファイルマネージャーインスタンスを開くには、タスクバー、スタートメニュー、またはデスクトップショートカット上のアイコンをクリックしてそれぞれを開きます。この方法では、Windows上で2つの異なるファイルマネージャーを同時に実行することになりますが、より多くのハードウェアリソースを使用することになります。

まとめ

ファイル管理は、ファイルを希望の方法で整理できるため、オペレーティングシステムの重要なコンポーネントです。また、必要なときにいつでもファイルを検索してアクセスするのにも役立ちます。オペレーティングシステムにはファイルマネージャーが組み込まれていますが、Windowsのファイルマネージャーは多くのユーザーの要件を満たしていないことに留意してください。

この記事が、Windows用のファイルマネージャーを選択する際の主な選択肢について理解していただければ幸いです。どのオプションにもメリットとデメリットがあるため、希望するエクスペリエンスに応じて選択できます。ほとんどのファイルエクスプローラーは、専用のPDF整理エクスペリエンスを提供しません。それをお探しの場合は、PDF管理のニーズをすべてカバーするUPDFをお試しください。

UPDFはUPDFクラウドと連携して動作し、UPDFアカウントに接続されているすべてのデバイス間で作業を同期し、整理した状態に保ちます。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。