UPDF AI ウェブが開始!PDFと今すぐ会話しよう

【簡単】4つのPDFファイルを共有する方法

どうやってPDFファイルを送付、または共有するのでしょうか?PDFファイルを送る利点はいくつかあります。ドキュメントに記載の情報を正確かつ簡単に印刷すればいい事と、安全性が保証されている事です。昨今、PDFファイルが徐々に一般的になりつつあるので、ここではPDFの共有する方法を紹介します。

PDFファイルを共有するのはとても簡単で新しく作成するよりもずっと容易です。PDFはどのコンピュータやモバイルデバイスでもご覧いただけますので、潜在的な顧客が生まれる可能性もあります。PDFの共有に関する基礎知識はこれからとても役立ちます。PDF共有の方法を見て行きましょう。

PDFを共有する前に知っておくべき事

こちらはPDFを共有する前に知っておくべき事3選です。確認をしておきましょう。

  • もし、PDFを共有するならば安全なリンク先にしておく事と有効な日付内にしておく必要があります。
  • Eメールで送る際はPDFを圧縮してから添付で送りましょう。
  • いかなる個人情報も含んではいけません。もし必要であれば削除か編集をしましょう。また、ドキュメントにはパスワードを設定しましょう。

方法1.リンクでPDFを共有する

オールインワンのPDFソリューションをお探しですか?UPDFでしたらそれが叶います。これを使って、PDFファイルの編集が制約なく行えます。以下のボタンをクリックし、このソフトをダウンロード可能です。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

pdf 共有

UPDFは、プロも使用するPDF編集ソフトウェアです。PDFの共有だけでなくファイルの編集なども簡単に行えます。注釈を付けたり、合成したり、変換したり、ファイルの再編成なども可能です。

UPDF内のOCRの特徴としては、初心者の方でも他のフォーマットに簡単に変換が出来ることです

UPDFの主な特徴としては以下になります。

  • PDFファイルの読取とテキストの編集
  • PDFファイルにコメントをつける、スティッキーノートを貼る、下線を引くなど
  • PDFファイルをワード、エクセル、パワーポイント、イメージなどの他のフォーマットに変更する
  • PDFファイルの順番を変える
  • PDFファイルの分割を行う
  • PDFファイルにパスワードを設定する
  • PDFファイルをPDF/Aにする、PDFファイルのフラット化

UPDFを使ったPDFの共有方法を見ていきましょう。

手順1.PDFファイルを開く

まず最初にUPDFを使ってPDFファイルを開きます。ファイルをUPDFの画面にドラッグするか、(ファイルを開く)ボタンを押してファイルを選択して開きます。

ファイルを開いた後、修正が必要な箇所は修正が出来るようになります。左のツールバーから必要なツールを選び、共有する前に必要な変更を施しましょう。

手順2.PDFファイルを共有する

UPDFを使って、他の人が協力出来るようにPDFのリンクを共有する事ができるでしょう。右のツールバーの中の(他の人とファイルを共有する)を選択します。リンクを作成して、共有します。リンクの配布は法としては2通りあります。

  • 「リンクをシェア」ボタンをクリックし、受信者にリンクを送信する
  • 「シェアする」を選択し、受信者のアドレスを選択しメールを送る
pdf 共有

なし、1日、1週間、1ヶ月の中からリンクの有効範囲内を選びます。コピー、ダウンロード、印刷は空欄にチェックを入れることによって可能か不可能か選べます。

リンクにアクセスすることで受信者がPDFファイルを閲覧したり、テキストを調べる事が出来ます。それに加えて、受信者がUPDFアカウントを持っている場合はダウンロード、コピー、印刷が出来ます。(送信者の許可があれば)UPDFのアプリを持っていれば(ファイルを開く)ボタンを押せばファイルを閲覧できます。早速以下のボタンをクリックし、この素敵な編集ソフトをダウンロードします。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

✎関連記事:iPhoneからファイルを共有する3つの簡単な方法

PDFファイルの共有方法の解説動画

方法2.メールでPDFを共有する

UPDFを使ってメールにファイルを添付する事も出来ます。以下はUPDFを使ってメールでファイルを共有する方法です。

  1. UPDFアプリをダウンロード、インストールする
  2. 共有したいPDFドキュメントを選択し、開く
  3. 必要な編集を行い、右のパネルの(メールでファイルを送信)を選択する
  4. メールボックスが自動で開き、受信者側のアドレスを打ち込み、メールにファイルを添付する
pdf 共有

早速以下のボタンをクリックし、UPDFをダウンロードします。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFのレビュー動画を見ましょう!

方法3.GoogleドライブによるPDF共有する

Googleドライブを使ってPDFファイルの保存と共有方法は簡単です。さらに、もっと簡単に全体を共有する方法もあります。

画面に表示したり、閲覧したり、編集したり色んな動作が可能です。スプレッドシートやドキュメント、プレゼンテーションに利用できます。またパソコンとデバイスの両方で使用可能です。

以下がシンプルなGoogleドライブを使ってのPDFファイルの送信方法です。

  1. メールアカウント内のGoogleドライブを開きます。もし持っていない場合は簡単に作る事が出来ます。Googleドライブアプリを起動し、新しいファイルをアップロードし共有したいファイルを加えましょう。
  2. Googleドライブ内で右クリックをし、「共有」を選択し、「リンクを獲得する」を選択します。
  3. 画面上にメッセージが表示されます。特定の人物に共有する場合は、アドレスを打ち込み、エディター、コメンター、ビューワーを下のメニューの中から選びます。メッセージがある場合はメッセージを入力します。最後に(送信)を押します。
Googleドライブでpdf 共有

方法4:FacebookでPDFをファイルを共有する

他の人にPDFファイルを使えるようにさせるとなると、これは覚えておいてください。これからFacebookでPDFの共有方法を解説します。

方法は簡単です。すぐに共有できます。PDFを投稿し、グループメンバーに送るか、メッセンジャー経由で送ります。以下がFacebookにPDFをファイルを共有する方法です。

1.ウェブ上からFacebookにログインします。メッセンジャーのアイコンがページの右上にありますので選択します。受信者の名前を検索し、クリックします。

2.ページの下部に「画像、ビデオを添付する」をクリックします。ウインドウが開き、ファイルが保存されている場所に行きます。検索後、カスタムファイルに変更します。

選択したファイルがインボックスに添付されました。メッセンジャーを使いたいのであれば使いましょう。さらに画像などを加えたい際は(加える)を選択します。メッセージを送信して終了です。これがFacebookでPDFをファイルを共有する方法です。

結論

オンライン上でPDFファイルを共有することは、一般的に必要とされる事です。スプレッドシートや写真、テキスト、Eメールなどはすでに過去のコンテンツとなりつつあります。

今日、PDFファイルは最もポピュラーなネットコンテンツの一つです。ファイルを安全に扱う為にもUPDFの使用を推奨します。ぜひ使ってみましょう。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。