どんなPDFでもチャット。AI Assistant Online オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

iPhoneからファイルを共有する3つの簡単な方法

今日の相互接続された世界では、シームレスでファイルを共有するの必要性が最も重要になっています。特にiPhone15ユーザーは、ファイルを簡単に共有するための効率的な方法を求めています。写真、ドキュメント、ビデオのいずれであっても、データを迅速に転送する適切な方法を見つけると、生産性と利便性が大幅に向上します。

この記事では、iPhoneユーザーが愛用しているファイルの共有を可能にするさまざまなテクニックとアプリを紹介します。遅い転送の煩わしさに別れを告げ、あなたの最愛のiPhone15でのファイル共有エクスペリエンスを合理化するための最適なソリューションを見つけてください。

パート1:iPhoneとiPadでファイルを共有する方法

iOSデバイス用の究極のファイル管理ツール、UPDFをお勧めします!そのアプリはデジタルファイルの処理方法に革命をもたらし、整理と共有のためのシームレスなエクスペリエンスを提供します。洗練されたユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、iPhoneやiPad上でドキュメントのアップロード、表示、ダウンロード、保護などのタスクが簡単に行えます。以下のボタンをクリックし、このアプリをダウンロード可能です。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFは、クラウド共有、PDF注釈、セキュリティスペース、パスワード保護、複数指による選択などの機能を備えています。

以下では簡単なファイル共有する方法を紹介します。

1.App Storeにアクセスし、UPDFを入手し、デバイス上で起動します。よりスムーズなファイル管理を目指しています。

2.共有したいPDFを見つけます。UPDFを使用すると、ファイルの検索が簡単になります。

3.「3つの点」アイコンを見つけてタップし、メニューにアクセスします。

iphone ファイル 共有
  1. 一連の選択肢から「共有」を選択します。
iphone ファイル 共有
  1. ここで、好みの共有方法を選択します。Gmailであれ、メッセージングアプリであれ、選択はあなた次第です。
  2. プロンプトに従うと、PDFが共有されます。

これらの手順により、UPDF for iOSを介してPDFファイルを共有することがこれまでになく簡単になりました。ファイル管理がさらにスムーズになりました。

✎関連記事:【URL化】3つの方法でPDFをURLに変換する方法

パート2:iPhoneでフォルダーを共有する方法

iOS用UPDFを使用して、iPhone15でフォルダーを共有する機能を解放しましょう。UPDFのシンプルさのおかげで、フォルダー内にグループ化された複数のファイルを簡単に共有できます。

iOS用UPDFを使用してフォルダーを共有する方法は次のとおりです。

1.iPhone15でUPDFアプリを起動し、共有したいフォルダーを見つけます。

2.フォルダーを長押しするか、「三点」アイコンをタップしてその他のオプションを表示します。

3.ポップアップメニューから「共有」を選択し、シームレスな共有に備えてください。

iphone ファイル 共有

4.電子メール、メッセージングアプリ、その他のオプションなど、自分のスタイルに合ったお気に入りの共有方法を選択します。

5.選択した方法に応じて、画面上の指示に従うだけで完了です。

UPDF for iOSを使用すると、友人、家族、同僚と簡単に共同作業したり、ファイルを交換したりできます。仕事のドキュメントでも大切な思い出でも、UPDFを使用すると、iPhoneまたはiPadでの楽しいフォルダ共有が可能になります。早速以下のボタンをクリックし、UPDFをダウンロードして、賢い方法で共有を始めましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート3:iPhone間で写真を共有する方法

このセクションでは、貴重な瞬間を他の人と共有するための4つの驚くほど簡単な方法をご紹介します。各方法にはわかりやすいステップバイステップのガイドが付属しており、写真共有をシームレスに行うことができます。

方法1:iOSでUPDF Cloudを使用して写真を共有する

UPDF Cloudは、ユーザーがデバイスやプラットフォーム全体でPDFドキュメントを管理できるようにする強力なクラウドファイル共有アプリケーションです。UPDF Cloudを使用すると、PDFファイルを簡単に同期して、いつでもどこでもアクセスできるため、ワークフローの生産性を確保し、データ損失やセキュリティの脅威に関する懸念を排除できます。この方法では、ユーザーはUPDF Cloudの便利なクラウドストレージオプションを使用して写真を同期および共有できます。

iOSでUPDF Cloudを使用して写真を共有する手順は次のとおりです。

1.iOSデバイスでUPDFアプリを開きます。

2.「UPDF Cloud」フォルダーに移動します。

iphone ファイル 共有

3.画面下部の「+」アイコンをクリックします。

4.「ファイルから」オプションを選択して、共有する写真ファイルを選択します。

iphone ファイル 共有

5. デバイスのファイルを参照し、目的の写真を選択します。

6.「開く」をタップして写真をPDFクラウドにアップロードします。

7. 別のiPhoneまたはiOSデバイスでUPDFを開き、別のデバイスで同じアカウントを使用してログインします。これにより、離れた場所からでも共有することができます。

8. これで両方のデバイスが同期され、どちらのデバイスからでも共有写真にアクセスできるようになります。

以下の手順に従うことで、iOS上のUPDF Cloudを使用して写真を簡単に共有できます。

方法2:AirDrop経由で写真を共有する

AirDropは、近くのデバイスと写真を共有するためにiOSデバイスで利用できる便利な方法です。BluetoothとWi-Fi接続を使用して、追加のアプリやインターネットアクセスを必要とせずにファイルを安全に転送します。

手順は次のとおりです。

1.両方のデバイスでAirDropを有効にします。

2.写真アプリを開き、共有したい写真を選択します。

3.「共有」ボタンをタップし、「AirDrop」をクリックして、AirDropリストから受信デバイスを選択します。

4.受信デバイスで、受信した写真を受け入れます。

5.転送が完了すると、確認メッセージが表示されます。

AirDropを使用すると、写真の共有が迅速になり、AirDropを有効にして近くにいる友人、家族、同僚と瞬間を交換できるようになります。

方法3:iCloud経由で写真を共有する

iCloud経由で写真を共有することも、Appleのクラウドストレージサービスを使用して、複数のiOSデバイス間で写真を共有するもう1つの方法です。写真をiCloudにアップロードすると、使用しているデバイスに関係なく、他の人と簡単にアクセスして共有できます。品質を維持し、プライバシーを保ちながら写真を共有する便利な方法を提供します。

iCloud経由で写真を共有する手順は次のとおりです。

1.iPhone15で写真アプリを開きます。

2.共有したい写真を選択します。

3.「共有」ボタンをタップし、「iCloudリンクをコピー」オプションを選択します。

4.共有写真へのリンクがデバイスのクリップボードにコピーされます。

5.コピーしたリンクを、メッセージングアプリまたはその他の方法で受信側のiPhone15に送信します。

6.受信側のiPhone15でリンクを開いて、共有写真にアクセスします。

次の手順に従って、iCloud経由で写真を簡単に共有できます。

方法4:アルバムを使用して写真を共有する

共有アルバムを使用して写真を共有することは、Appleの写真アプリによって提供される方法であり、共有アルバムを作成し、他の人を招待して閲覧したり、投稿したりすることができます。この方法は、写真のコレクションを友人、家族、同僚と共有する場合に最適で、誰もが共有アルバムにアクセスして写真を追加できます。

共有アルバムを使用する手順は次のとおりです:

ステップ1:新しい共有アルバムを作成する

  • 新しい共有アルバムを作成するには、次の手順に従います。
  • 「アルバム」タブに移動し、「+」ボタンを見つけます。
  • 「新しい共有アルバム」をタップします。
  • 共有アルバムの名前を入力し、「次」をタップして続行します。
  • 連絡先から招待する人を選択するか、電子メールアドレスまたはiMessageの電話番号を入力します。
  • 「作成」をタップします。

ステップ:2さらに多くの人を招待する

  • 「アルバム」で、作成した共有アルバムを選択します。
  • 「人物」ボタンをタップします。
  • 「人を招待」をタップします。
  • アルバムを共有したい人の名前を入力します。
  • 「追加」をタップします。

ステップ3:写真とビデオを共有アルバムに追加する

  • 「ライブラリ」タブまたはアルバムで、「選択」をタップします。
  • 共有したい写真とビデオを選択します。
  • 「追加」ボタンをタップし、「ポスト」をタップします。
  • 写真を共有するアルバムを選択し、「投稿」をタップします。

ステップ4:共有アルバムから写真とビデオを保存:

  • 共有アルバム内の写真またはビデオをタップします。
  • 「共有」ボタンをタップします。
  • 「画像を保存」または「ビデオを保存」をタップします。

これらの簡略化された手順に従うことで、iOSデバイスの共有アルバムを使用して写真やビデオを簡単に作成し、共有できます。

パート4:iOSで最高のファイル共有アプリ

すべてのドキュメントのニーズを簡単に管理できる単一のソフトウェアソリューションを想像してください。UPDF for iOSは、ドキュメント管理のあらゆるニーズに完璧に応える最先端のファイル共有アプリケーションです。UPDFは、多数の機能を備え、デジタルファイルの処理、共有、保護のプロセスを合理化するように設計されています。その直観的なユーザーインターフェイスと堅牢な機能により、UPDFはファイル管理用の頼りになるiOSアプリとして確立されています。

数多くの賞賛に値する属性の中で、UPDF Cloudが注目を集めています。このクラウドベースのファイル共有プラットフォームを使用すると、すべてのデバイスとプラットフォームにわたってPDFドキュメントを完全に制御できます。ファイルをUPDF Cloudとシームレスに同期することで、いつでもどこからでも重要な個人的および専門的な文書に比類のないアクセスが可能になります。

iphone ファイル 共有

iOS用の優れたファイル共有ソフトウェアとしてUPDFを際立たせる際立った特徴のいくつかを見てみましょう。

  • ファイルの同期:UPDF Cloudを使用すると、複数のデバイス間でPDFドキュメントを同期できるため、必要なときにいつでもファイルにアクセスできます。
  • 簡単なファイル共有:UPDFを使用すると、PDFの共有が簡単になります。PDFファイルを簡単に共有できるので、コラボレーションやチームワークが容易になります。
  • 強力な編集ツール:UPDFは、ニーズに応じてPDFを変更できる幅広い編集ツールを提供します。テキストの書き換え、フォントのスタイルや色の変更、リンクや画像の編集などを行うことができます。
  • 効率的な構成:UPDFを使用すると、必要に応じてPDFページを追加、削除、置換、回転、抽出、分割、または再配置することができ、ドキュメントを希望通りに構造化できます。
  • 注釈機能:UPDFの注釈ツールを使用すると、ドキュメントをよりインタラクティブで魅力的なものにすることができます。コメントの追加、テキストのハイライトと下線、テキストボックスや付箋の挿入など、コラボレーションを簡単に強化できます。

UPDF for iOSは、あらゆるニーズを満たす素晴らしいファイル共有アプリです。早速以下のボタンをクリックし、この素敵な編集ソフトをダウンロードします。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFのレビュー動画

パート5:iOSでのファイルを共有するに関するFAQ

1.ファイルアプリからファイルを共有する方法

iOSのファイルアプリからファイルを共有するには:iPhoneまたはiPadでファイルアプリを開き、共有したいファイルを見つけ、それをタップして押し続けて選択します。次に、「共有」ボタンをタップして、電子メール、メッセージングアプリ、さらにはクラウドストレージサービスなど、共有方法を選択します。希望のオプションを選択して共有します。ファイルが正常に共有されました。

2.iCloud Driveからフォルダーを共有する方法

iOSでiCloudドライバーからファイルを共有するには:iPhoneまたはiPadでファイルアプリを開き、iCloudドライバーを選択して共有したいフォルダーを見つけ、それをタップして長押しして選択します。次に、「共有」ボタンをタップして、電子メール、メッセージングアプリ、その他の利用可能なオプションなど、共有方法を選択します。好みのオプションを選択して共有します。

3.iPhoneの共有をオフにする方法

iPhone15で共有をオフにするには、次の手順に従います。

1.iPhone15の設定アプリに移動します。

2.下にスクロールして「プライバシーとセキュリティ」をタップします

3.「位置情報サービス」をタップします。

4.共有をオフにしたいアプリを探してタップします。

5.特定のアプリの共有を無効にするには、「なし」または「アプリの使用中」オプションを選択します。

6.共有を無効にする他のアプリに対してこのプロセスを繰り返します。

特定のアプリの共有をオフにすると、プライバシーをより適切に管理し、同意なしに情報が共有されないようにすることができます。

4.iPhoneで共有できないのはなぜですか?

iPhone15でファイル共有が機能しない場合は、次の考えられる理由を検討してください。共有にはアクティブなネットワークが必要なため、安定したインターネット接続を確認してください。古いバージョンでは問題が発生する可能性があるため、アプリが更新されていることを確認してください。デバイス設定を確認して、アプリの共有権限を有効にします。アプリを再起動または再インストールすると、ファイル共有に影響を与える一時的な問題が修正される可能性があります。

結論

iPhoneとiPadでファイルを簡単に共有することは、生産性とチームワークにとって不可欠です。UPDF for iOSは、ファイル、フォルダー、写真のスムーズな共有を可能にする優れたソリューションを提供します。直感的なインターフェイスと多様な共有オプションにより、他のユーザーと情報を共有するプロセスが簡素化されます。

ドキュメント、プロジェクトのコラボレーション、iPhone間の写真の転送など、UPDFがすべてのニーズに応えます。今すぐiOS用UPDFをダウンロードして、Appleデバイスでシームレスなファイル共有を体験してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。