iPhoneとiPadでPDFをダウンロードして保存する方法

 iOSデバイスでPDFをダウンロードして保存する方法知っていますか? ご心配なく!この記事は、iPhoneやiPadにPDFファイルを簡単にダウンロードして保存する方法を紹介します。

私たちは、仕事、学校、個人的な事柄など、生活のさまざまな領域におけるPDFの重要性を理解しています。そのため、iPhoneとiPadにPDFをダウンロードして保存する方法を説明したステップバイステップのガイドを用意しました。

パート1: iPhoneおよびiPadにPDFを保存する方法

UPDFと呼ばれる信頼性の高いアプリを使用することでユーザーはPDFファイルを簡単に保存および管理できます。ユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えたUPDFは、楽しいエクスペリエンスを約束します。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFを使用してPDFを保存する手順を次に示します。

  1. AppStoreにアクセスしてUPDFをダウンロードします。
  2. iPhoneまたはiPadでUPDFを起動して、PDF管理のプロセスを開始します。
  3. 右下にある「+」ボタンを見つけます。それをタップして「ファイル」を選択します。
iphone pdf 保存
  1. 次に、目的のファイルを選択して「開く」をタップします。UPDFは即座にPDFファイルのインポートと保存を開始します。
  2. ドロップダウン記号をクリックし、「保存」を軽くタップすると、PDFはUPDFで安全になります。
iphone pdf 保存

これらのいくつかの手順に従うことで、iOS版UPDFを使用してPDFを簡単に保存できるようになります。UPDFを使用すると、どこからでもPDFファイルを整理してアクセスできます。以下のボタンをクリックし、UPDFをダウンロードして、PDFファイルを管理しましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

✎関連記事:WebページをPDFとして保存する: 3つの簡単な方法


パート2: iPhoneおよびiPadのSafariからPDFファイルをダウンロードする方法

次の簡単な手順に従って、iPhoneまたはiPadのSafariからPDFファイルを簡単にダウンロードし、ドキュメントをデバイスに直接保存します。

  • ステップ1: iPhoneまたはiPadでSafariブラウザを起動します。
  • ステップ2: Webページに移動し、PDFファイルを見つけます。
  • ステップ3: Webページ上でPDFリンクを探します。通常は、ダウンロード可能なファイルとして強調表示されるか、ラベルが付けられます。
  • ステップ4: PDFリンクをタップすると、Safariのブラウザウィンドウ内にPDFが表示されます。
iphone pdf 保存
  • ステップ5: PDFが開いたら、画面の下部中央にある「矢印」アイコンを見つけます。
  • ステップ6: 「矢印」アイコンをタップして、オプションのメニューを探します。そこには、「ファイルに保存」オプションがあります。
iphone pdf 保存
  • ステップ7: 画面が表示されたら、PDFファイルの保存先を選択できます。ダウンロードフォルダーまたはiCloud Driveのいずれかを選択します。
  • ステップ8: 指でタップして、メニューからPDFへのパスを選択します。ダウンロードなどの特定のフォルダー、またはiCloud Driveなどのクラウドストレージを選択します。
  • ステップ9: 場所を選択したら、画面の右上隅にある「保存」ボタンをクリックしてプロセスを終了します。
iphone pdf 保存

ステップ10: これで、PDFがiPhoneまたはiPadに保存されました。さらに良いことに、選択した保存先に応じて、PDFファイルは他のiOSデバイス(iPhoneまたはMacBook)に配信されます。

これらの簡単な手順で、SafariからiPhoneまたはiPadにPDFを簡単に保存できます。


パート3: 電子メールからiPhoneおよびiPadにPDFを保存する方法

iPhoneまたはiPadで電子メールからPDFを保存するテクニックは、デフォルトのメールアプリを使用すると簡単です。この簡単なプロセスに従って、始めてみましょう。

  • ステップ1: 信頼できるiPhoneまたはiPadでメールアプリを開きます。
  • ステップ2: 待望のPDF添付ファイルを含む電子メールを探します。
  • ステップ3: 電子メールを開いてメッセージをスクロールすると、添付ファイルにPDFファイルが見つかります。
iphone pdf 保存
  • ステップ4: PDF添付ファイルを見つけて、軽くタップして押し続けます。さらに進むためのメニューが表示されます。
  • ステップ5: このメニューで、「ファイルに保存」オプションを選択します。PDFを選択すると、デジタル世界に安全に移行できます。
iphone pdf 保存
  • ステップ6: PDFの保存をさらに進めると、保存画面が開きます。表示されるオプション(ダウンロードフォルダーとiCloud Drive)を見えます。
  • ステップ7: PDFを保存する場所を選択します。指でタップするだけで、デフォルトの「ダウンロード」フォルダーかiCloud Driveを選択します。
  • ステップ8: 「保存」ボタンをタップしてPDFを保存します。
iphone pdf 保存

ステップ9: PDF添付ファイルはiPhoneまたはiPad上の選択した場所にあります。

これらの簡単な手順を実行することで、iOSデバイスのデフォルトのメールアプリを使用してPDFを保存するプロになれます。

✎関連記事:PDFをメールで送信する方法


パート4: iPhoneおよびiPadにダウンロードしたPDFの保存先はどこ?

iPhoneまたはiPadにPDFファイルをダウンロードしたら、そのファイルがどこにあるのか疑問に思うかもしれません。心配しないでください。ファイルアプリが役に立ちます。以下の手順に従って、ダウンロードしたPDFの保存先を簡単に見つけます。

  • ステップ1: iPhoneまたはiPadでファイルアプリを開きます。
  • ステップ2: 画面上部にある「参照」タブをタップします。
  • ステップ3: 下にスクロールして「ダウンロード」フォルダーを探します。それをタップしてください。
iphone pdf 保存
  • ステップ4: ダウンロードフォルダー内には、ダウンロードしたすべてのPDFファイルがリストされています。ファイルをタップするだけで開いて表示できます。

パート5: ダウンロード後にiPhoneおよびiPadでPDFファイルを管理する方法

PDFファイルをダウンロードしてiPhoneまたはiPadに保存したら、効果的な管理のプロセスを学びましょう。その前に、PDFファイルの管理がなぜ非常に重要なのかを見てみましょう。

A. PDFファイルを管理する必要があるのはなぜですか?

iPhoneまたはiPadで効果的にPDFを管理することは、さまざまな理由から非常に重要です。1つは、ドキュメントを簡単に見つけられるようにすることで、時間と手間を節約することです。適切に構造化されたシステムを導入すると、いつでもどこでも必要なときにPDFファイルにすばやくアクセスでき、生産性が向上します。

さらに、効果的な管理により、スムーズなファイル共有とバージョン管理が可能になり、コラボレーションが促進されます。また、パスコードや暗号化などのセキュリティ対策を実装することで、機密情報の保護にも役立ちます。最後に、PDFファイルを管理すると、不要な重複ファイルや古いファイルを特定して削除することで、デバイス上のストレージ容量を最適化することができます。時間をかけてPDFファイルを管理することで、簡単にアクセスでき、生産性が向上し、重要な情報が保護され、ストレージ容量が最適化されます。

B. IOS版UPDFを使用してPDFファイルを管理する

iPhoneまたはiPadでPDFファイルを管理するための強力なツールの1つは、IOS版UPDFです。UPDFには、基本的なファイル管理を超える完全な機能セットが備わっています。UPDFを使用してPDFファイルを効果的に管理する方法を説明します。

  1. ファイルのインポート: まず、PDFファイルをUPDFにインポートします。これを行うには、アプリ内の「+」ボタンをタップし、ファイルのソース、iCloudDriveなどのクラウドストレージサービスを選択します。
  2. ファイルの管理: ファイルがインポートされたら、それらを整理します。ニーズに合わせてUPDF内にカスタムフォルダーとサブフォルダーを作成します。これにより、必要なときに特定のPDFファイルをすばやく見つけることができます。
  3. セキュリティスペースの使用: 機密性の高いPDFファイルを保護することは非常に重要であり、UPDFは組み込みのセキュリティスペース機能を提供します。パスコードを設定するか、Face IDを有効にして、アプリ内のこのスペースを保護します。そうすることで、許可された個人のみが機密文書にアクセスできるようになり、セキュリティ層が強化されます。
  4. 追加のファイル管理: PDFファイルの管理だけではないです。UPDFを使用すると、さまざまな種類のファイルを管理できるため、すべてのデジタルドキュメントに対する完全なソリューションになります。画像、Word文書、Excelスプレッドシートなど、UPDFがすべてをカバーします。

以下のボタンをクリックし、IOS版UPDFをダウンロードしてPDFファイルを簡単に管理できます。デジタルドキュメントを1か所で整理、保護、アクセスできる利便性をお楽しみください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


パート6: iPhoneおよびiPadでのPDFのダウンロードに関するFAQ

1. iPhoneにPDFをダウンロードできないのはなぜですか?

iPhone 15でPDFのダウンロードを妨げる要因としては、ストレージの制限、インターネット接続の弱さ、ファイルの互換性、ダウンロードの制限、アプリの不適切な設定など、複数の要因が考えられます。ストレージ容量を確認し、安定したインターネット接続を確保し、別のPDFリーダーを試すかiOSを更新し、制限を無効にし、アプリの設定を確認することでトラブルシューティングを行います。問題が解決しない場合は、Appleサポートまたはアプリ開発者にサポートを求めてください。

2. SafariからPDFをダウンロードできないのはなぜですか?

iPhoneまたはiPadのSafariからPDFをダウンロードする際に問題が発生した場合は、次の考えられる解決策を検討してください。ストレージ不足によりダウンロードが失敗する可能性があるため、デバイスに十分なストレージ容量があるかどうかを確認してください。ダウンロード中の中断を防ぐために、安定したインターネット接続を確保してください。「設定>Safari>ダウンロード」でSafariのダウンロード機能が有効になっているかどうかを確認します。PDFのダウンロードを妨げる可能性のあるコンテンツブロッカーやセキュリティ設定を確認し、Safariからのダウンロードを許可するために必要な調整を行ってください。

3. Safariでダウンロードを有効にするにはどうすればよいですか?

Safariでのダウンロードを有効にするには、iPhone15の「設定」に移動し、下にスクロールしてSafariを見つけるか、上部の検索バーでSafariを検索して「Safari」をクリックします。もう一度下にスクロールして「ダウンロード」をクリックします。指定されたオプションからダウンロードの希望の場所を選択し、iPhone15にダウンロードを保存します。Safariでダウンロードを有効にすると、WebサイトからPDFやその他のファイルをiPhoneまたはiPadに簡単に直接保存できます。

✎関連記事:Apple公式サイトでPDFを保存および編集する方法を紹介

まとめ

最後に、iPhoneとiPadにPDFをダウンロードして保存するプロセスを徹底的に説明しました。この貴重なスキルにより、重要なドキュメントに簡単にアクセスできるようになり、ファイル管理が合理化されます。この記事では、シームレスなエクスペリエンスを実現するための、明確な段階的な手順と貴重なヒントを共有しました。

PDF管理を強化するには、iOS用UPDFを検討することをお勧めします。この注目すべきアプリは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと強力な機能を誇ります。UPDFを使用すると、PDFの処理、整理、保護が簡単になります。もう待つ必要はありません。今すぐUPDFをiPhone15にダウンロードしてください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。