どんなPDFでもチャット。AI Assistant Online オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

必見!iPhoneまたはiPadでPDFを回転する方法

iPhone(iPhone15を含む)またはiPadでPDFページを回転する方法をお探しですか?心配しないでください!私たちはあなたに最適なソリューションをご用意しています。

この記事では、iOSデバイス上でPDFを簡単に回転できるようにするUPDFという素晴らしいアプリを紹介します。スキャンしたドキュメントの向きを変える必要がある場合でも、単にiPhoneやiPad上でPDFを回転したい場合でも、UPDFを使用するとプロセスが簡素化され、面倒な作業がなくなります。

それでは、iPhone(iPhone15を含む)またはiPadを使って、プロのようにPDFページを回転させる方法を確認しましょう!

パート1:iPhoneおよびiPadでPDFを回転する方法

iPhone(iPhone15を含む)またはiPadでPDFページを回転するのは、UPDFアプリを使用する簡単なプロセスです。UPDFは、PDFドキュメントを効果的に管理するためのユーザーフレンドリーなインターフェイスとさまざまな機能を提供します。PDFページを回転するだけでなく、PDFファイル内のページを抽出、挿入、削除することもできます。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロード可能です。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFを使用してiPhoneまたはiPadでPDFページを無料で回転するには、次の簡単な手順に従います:

ステップ1:iPhoneおよびiPadでPDFを回転する

•AppStoreからUPDFをデバイスにインストールし、開きます。

•ページを回転したいファイルを開きます。ホームサインの横にある上部のドロップダウンをクリックし、「ページを整理」を選択します。

iphone pdf 回転

•ページを回転するには、目的のページをタップして選択します。必要に応じて、複数のページを選択できます。

•ページを選択したら、画面の下部にある「回転」ボタンを見つけてタップします。UPDFは選択したページに回転を適用します。

iphone pdf 回転

ステップ2:回転したPDFをiPhoneまたはiPadに保存する

回転後、保存する必要があります。変更を保存するには、もう一度左上から戻ってクリックし、ドロップダウンメニューをタップして、「保存」をクリックします。回転したPDFファイルをiPhone(iPhone15を含む)またはiPadに保存します。

iphone pdf 回転

UPDFはすべてのページを一度に回転できるため、作業がさらに簡単になります。

UPDFを使用すると、iPhone(iPhone15を含む)またはiPadでPDFページを回転するのが簡単になります。ただし、UPDFが提供する追加機能を探索することを忘れないでください。使用できるその他の機能をいくつか示します:

  • PDFからページを抽出UPDFを使用すると、PDFドキュメントから特定のページを簡単に抽出できます。抽出したいページを選択し、画面下の「抽出」ボタンをタップし、抽出したページの保存先を選択して「保存」ボタンをクリックするだけで完了ですプロセス。
  • 画像をPDFに追加: UPDFを使用すると、既存のPDFファイルに追加のページを挿入できます。空白のページや別のPDFドキュメントを追加する必要がある場合は、画面の下部にある「挿入」ボタンをタップし、要件に応じて希望のオプションを選択します。そして「完了」をクリックします。
  • PDFのページを削除UPDFを使用すると、PDFドキュメントから特定のページを簡単に削除することもできます。削除したいページを選択し、画面下部の「削除」ボタンをタップするだけです。PDFから選択したページが削除されます。

UPDFはPDFのすべてのページを同時に回転でき、ドキュメント全体の向きを調整する便利な方法を提供します。同様に、その抽出および挿入機能により、特定のニーズに応じてPDFを柔軟に編集できます。早速UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


パート2:iPhoneおよびiPadでPDFを回転する利点

では、なぜiPhone(iPhone15を含む)やiPadでPDFを回転する必要があるのか疑問に思われるかもしれません。さて、私たちはあなたを啓発しましょう!PDFを回転すると、さまざまな面で非常に有益となり、デジタルドキュメントのエクスペリエンスがよりスムーズで楽しくなります。

PDFを回転する主な理由の1つは、ドキュメントの向きを変えることです。PDFをスキャンまたは作成すると、意図した方向と一致しない場合があります。これは、モバイルデバイスを使用してドキュメントをキャプチャするとき、または異なる形式からファイルを変換するときに発生する可能性があります。ページを回転すると、コンテンツが正しい向きで表示され、非常に読みやすくなります。

iPhoneまたはiPadでPDFを回転すると、さまざまなメリットが得られます。それが提供する利点のいくつかを見てみましょう:

  • 正しいドキュメントの向き:PDFページを回転すると、スキャンしたドキュメントまたは画像の向きを変えて、デバイス上で正しく表示されるようにすることができます。
  • 読みやすさの向上:PDFページを回転することで、特に小さな画面でドキュメントを表示する場合に、レイアウトを調整してコンテンツを読みやすくすることができます。
  • 注釈とマークアップ:iOSデバイスでPDFを回転すると、ドキュメントの特定のセクションに注釈を付けたりマークアップしたりするための適切な方法が提供され、重要な情報を強調表示しやすくなります。
  • 一貫した表示エクスペリエンス:異なるデバイス間でPDFを共有する場合、一貫した向きを確保することで、受信者にとってシームレスな表示エクスペリエンスが保証されます。

したがって、次に少し工夫が必要なPDFを見つけたら、ためらわずにUPDFを使用してそれらのページを回転し、よりスムーズなデジタルドキュメントの旅をお楽しみください。

UPDFのレビュー動画

パート3:iPhoneおよびiPad上の堅牢なPDF回転ソフト

UPDF for iOSは、iPhone(iPhone15を含む)およびiPad用の究極のPDF管理ツールで、作業が大幅に楽になります。このユーザーフレンドリーなファイルマネージャーアプリケーションには、アップロード、回転、コピー、表示、ダウンロード、整理、共有、保護などの強力な機能が満載されています。PDFドキュメントの表示と編集から注釈付け、変換、整理、保護に至るまで、UPDFはPDFの管理に必要なすべてのツールを提供します。

iphone pdf 回転

iOSデバイスでUPDFを使用する利点を見てみましょう:

  • バッチ回転:UPDFを使用すると、すべてのページを一度に簡単に回転できるため、特に長い文書や調整が必要な複数のページを扱う場合に、貴重な時間と労力を節約できます。
  • クロスデバイスアクセス:UPDF Cloudのおかげで、回転したPDFを簡単にアップロードし、どのデバイスからでもアクセスできます。これは、回転したPDFをさまざまなデバイスで簡単に表示できることを意味し、デバイス間の移行が可能になり、重要な文書をいつでもすぐに利用できるようになります。
  • iOSでPDFに注釈を付ける:注釈を追加するためだけにドキュメントを印刷する時代は終わりました。UPDFを使用すると、iPhoneまたはiPadで直接PDFに注釈を付けたり署名したりできるため、オフィス、自宅、外出先など、ドキュメントのワークフローに完全なモビリティと柔軟性が提供されます。
  • スキャンしてPDF:iOSデバイスのカメラであらゆるものをキャプチャし、UPDFを使用して即座にPDFファイルに変換します。領収書から手書きのメモまで、物理的な文書をデジタルPDFに変換できます。さらに、写真アプリからファイルをインポートしてUPDFフォルダーに簡単に追加できるため、非常に便利にPDFを作成するためのオプションが広がります。
  • PDFへのテキストの追加と編集:移動中にPDFをすばやく編集する必要がありますか?UPDFを使用すると、iPhoneまたはiPadから直接、任意のスタイルでテキストを追加および編集できます。タイプミスを修正する場合でも、情報を更新する場合でも、PDFドキュメントのカスタマイズと変更を完全に制御できます。
  • 完全なPDF操作:UPDFは単にページを回転するだけではありません。特定のページの抽出、新しいページの挿入、不要なページの削除、さらには複数のPDFファイルを1つの文書に結合できる拡張機能セットを提供します。UPDFを使用すると、要件に応じてPDFを完全に操作できます。

UPDFをそばに置くと、iOSデバイスでのPDFの取り扱いがかつてないほど簡単になります。早速UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


パート4:iPhoneでPDFを回転するに関するFAQ

1.iPhoneおよびiPadのSafariでPDFを回転するにはどうすればよいですか?

残念ながら、Safariにはブラウザ内でPDFを直接回転するための組み込みツールが提供されていません。ただし、UPDF for iOSなどのサードパーティアプリを使用して、iPhoneやiPad上でPDFを回転できます。AppStoreからUPDFアプリをダウンロードし、UPDFでPDFを開き、必要に応じて手順に従ってページを回転するだけです。

2.iPhoneとiPadでSafariが回転しないのはなぜですか?

iPhoneおよびiPadでSafariが回転しない場合は、画面の回転ロックが有効になっている可能性があります。これを確認するには、画面の下から上にスワイプしてコントロールセンターにアクセスします。周囲に円形の矢印が付いた鍵のアイコンを探します。ハイライト表示またはアクティブ化されている場合は、それをタップして画面回転ロックを無効にします。その後、デバイスを回転してみてください。それに応じてSafariも回転するはずです。

結論

UPDFアプリを使用すると、iPhone(iPhone15を含む)またはiPadでのPDFページの回転がこれまでになく簡単になります。文書の向きを変える必要がある場合でも、読みやすさを向上させる必要がある場合でも、重要な情報に注釈を付ける必要がある場合でも、UPDFはユーザーフレンドリーなソリューションを提供します。数回タップするだけで、PDFファイル内のページを回転、抽出、挿入、削除できます。

さらに、回転されたPDFをクラウドにアップロードできるUPDFの機能により、複数のデバイス間でのアクセスが保証されます。では、なぜ待つのでしょうか?UPDFを試して、iOSデバイス上でPDFドキュメントを管理する利便性と多用途性を体験してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。