UPDFサマーセールは今から始まる!一年分を購入すると、14か月分を獲得!お早めに!セールは7月25日まで。今すぐアップグレード!

マイクロソフトWord/Excel/PowerPoint で PDF に印刷する方法 (Windows 11、10、7)

Microsoft 「Print to PDF機能は、待望されていた機能であり、ようやく Windows 10 で導入されました。Mac や Linux に比べて少し出遅れましたが、Microsoft PDF印刷機能は現在、Word、Excel、PowerPoint など、ほぼすべての Microsoft プリンタ対応アプリケーションで使用できるようになっています。この機能を使えば、印刷可能な PDF 文書を簡単かつ瞬時に作成できるようになります。

Micosoft PDF印刷機能を初めて聞いたばかりで、使い方を学びたいという方のために、この記事では、Windows 11、10、7 で「Print to PDF」を使用する方法について、詳細な手順ガイドを紹介します。また、すべてのプラットフォームに対応した汎用的な PDF 編集ツールも紹介します。今すぐダウンロードして、パート 2 でその全容をご覧ください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート 1. Print to PDF について知っておくべきこと

「Print to PDF」は、Microsoft アプリケーションから PDF ファイルをすばやく作成したい場合に便利な機能です。それでは、「Print to PDF」機能について知っておくべき基本事項を説明します。

1.1 「Print to PDF」とは何ですか? 実際に印刷されますか?

名前が示すように、「Print to PDF」は、ファイルを印刷可能な PDF フォーマットで保存できる機能です。 Word、Excel、PowerPoint など、Microsoft の印刷可能なアプリケーションのいずれかを使用している場合、Microsoft PDF印刷 機能を使用して、マイクロソフトプリンターとしてアプリケーション ファイルの PDF 文書を瞬時に作成できます。

Microsoft 「Print to PDF」

名前に「印刷」がありますが、実際には何も印刷しません。代わりに、選択した Microsoft アプリケーション ファイルを PDF 形式として保存し、印刷ニーズに応じる向き、用紙サイズ、余白などをカスタマイズことを可能にします。そして、印刷したい場合はもう希望の設定ができたので、すぎ印刷できます。 PDF ファイルは汎用性が高く、さまざまなプラットフォームやデバイスで開くことができます。つまり、Windows 10 および 11 で の「Print To PDF」を利用すると、ファイルを簡単かつ即座に PDF 形式で保存できます。

1.2 「Print to PDF」と「PDF として保存」の違い

Microsoft はすでに『PDF として保存』というオプションを提供しているのに、『Print to PDF』は何が違うのか?」と疑問に思う方も多いでしょう。

「PDF として保存」機能は、元のファイル形式をそのまま PDF フォーマットに変換するもので、変更は加えられません。

一方、「Print to PDF」機能は、デジタル用紙レイアウトで PDF ファイルを作成し、印刷時の仕上がりを再現します。そのため、要求された印刷サイズに合ったデータのみが抽出されます。

「Print to PDF」と「PDF として保存」の主な違いは次のとおりです。

  • 固定レイアウト: 「Print to PDF」は自動的に用紙サイズに合わせた固定レイアウトを作成するのに対し、「PDF として保存」は元のファイルのレイアウト構造を保持します。.
  • ハイパーリンク: 「Print to PDF」はファイル内のハイパーリンクを無効にする可能性が高いですが、「PDF として保存」はハイパーリンクを維持します。
  • ブックマーク: 「Print to PDF」はファイルからブックマークを削除しますが、「PDF として保存」はブックマークを保持します.
  • 背景色: 「Print to PDF」は常に同じ背景色を保存するとは限らず、「PDF として保存」は元の背景色を保持します.

要約すると、「Print to PDF」と「PDF として保存」はそれぞれ利点と出力結果が異なります。印刷可能な PDF レイアウトを作成したい場合は「Print to PDF」、元のファイル形式を PDF に変換したい場合は「PDF として保存」を選択してください。

パート2. MicrosoftでPDFにすぐに印刷する方法

マイクロソフトの「PDF に印刷」は、どんなファイルでもすぐに PDF を作成できる便利な機能のようです。パート 3 では、「PDF に印刷」の使い方について説明します。しかし、その前に、この機能には次のような制限があることを認識しておくことが重要です。

  1. 作成される PDF のファイルサイズが大きくなる。
  2. 作成された PDF は、サードパーティ製のツールを使わない限り編集できない。
  3. ハイパーリンクが無効になり、ブックマークが削除され、背景やレイアウトが変更される場合がある。

では、マイクロソフトのPDF プリンターよりも優れていて、PDF をすぐに作成するだけでなく、幅広いカスタマイズオプションも提供する代替案があるとしたらどうでしょうか? そこで UPDF が活躍します。

UPDF は、Windows 上のあらゆる印刷可能なアプリケーションから、フォーマットを崩すことなく PDF を作成できるオールインワンツールです。面倒な作業なしで PDF を印刷、編集するための強力な PDF ツールがすべて揃っています。さらに、ユーザーフレンドリーなインターフェースのおかげで誰でも簡単に Windows で PDF を印刷することができます。今すぐダウンロードして、すべての機能をお試しください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDF の主な機能

  • クリック操作で、印刷可能な PDF ファイルをすぐに生成するインターフェースを提供します。
  • 豊富な印刷設定を提供します。
  • Windows、Mac、iOS、Android など主要なプラットフォームすべてに対応しています。
  • テキストの編集、画像の変更など、様々な編集機能を提供します。
  • ハイライト、付箋、ステッカー、スタンプ、下線などを使用して PDF に注釈を追加できます。
  • 企業向けには、エンタープライズ版が用意されています。

以下の手順に従って、UPDF を使用して Windows で PDF を印刷しましょう。

ステップ 1. UPDFでファイル開き、「ファイル」>「印刷」を選択

Microsoft 「Print to PDF」

ステップ2. 用紙サイズ、向き、印刷するページなど印刷プロパティを設定

ステップ3. プリンターセクションにある「Microsoft Print to PDF」を選択してください。最後に、「印刷」ボタンをクリック

Microsoft 「Print to PDF」

これで完了です! この 3 ステップのプロセスで、使用している Windows のバージョンに関係なく、簡単に PDF を印刷できます。さらに特典として、UPDF の限定割引をご用意しています。有効期限切れになる前に今すぐアップグレードしましょう。

パート3:Microsoftでの PDF 印刷方法(Windows 10 & 11 のみ対応)

マイクロソフトの印刷可能なアプリケーションはどれも、独自の方法で「PDF に印刷」機能を利用できます。ここでは、代表的なマイクロソフトアプリケーションでの「PDF に印刷」機能の使い方を見てみましょう。

3.1 Word で PDF 印刷する方法

Microsoft Word でファイルを開き、以下の手順に従ってください。

  1. 左上隅にある「ファイル」タブをクリックし、「印刷」を選択します。または、ショートカットキー「Ctrl + P」を押してもOK
  2. 「プリンター」セクションの下にあるドロップダウンメニューをクリックし、Microsoft Print to PDFを選択します。向き、用紙サイズ、余白などの印刷設定もここでカスタマイズ可
  3. 最後、「印刷」ボタンをクリック
Microsoft 「Print to PDF」

これで、Word 文書の PDF ファイルが作成されます。

3.2 Microsoft Excel で PDF 印刷する方法

Microsoft Excel での「PDF に印刷」機能は、Microsoft Word での使用に似ています。Microsoft Excel でファイルをを開き、以下の手順に従ってください。

  • ファイル」>「印刷」を選択します。または、ショートカットキー「Ctrl + P」を押してもOK
  • プリンター>「Microsoft Print to PDF」を選択
  • 最後、「印刷」ボタンをクリック
Microsoft 「Print to PDF」

これで、Excelファイル用のPDFファイルが作成されます。

3.3 Microsoft PowerPoint で PDF 印刷する方法

Microsoft Word や Excel と同様に、PowerPoint でも「PDF に印刷」機能を使用して簡単に印刷可能な PDF を作成できます。手順はほぼ同じなので、上記で説明した手順に従ってください。

Microsoft 「Print to PDF」

パート4:「Microsoft Print to PDF」に関連するボーナスヒント

4.1「Microsoft Print to PDF」がプリンターリストにない場合

「Microsoft Print to PDF」機能がプリンターリストにない場合、その機能が現在無効になっている可能性があります。ただし、この機能は Windows 10 と 11 でのみ利用できることに注意してください。つまり、Windows 7 で「Microsoft Print to PDF」を探しても見つかりません。

Windows 10 と 11 で「Microsoft Print to PDF」機能を有効にするには、以下の手順に従います。

  • "Win + X" クリックし、"Control Panel"を選択
  • "Program"クリック、そして"Turn Windows features on or off"をクリック
  • "Microsoft Print to PDF"の隣にあるチェックボックスにチェック入れて、"OK"クリック

これで、「Microsoft Print to PDF」オプションがプリンターリストに表示されるようになるはずです。

4.2 Microsoft PDF プリンターでページの印刷順序が正しくない場合の対処法

Microsoft PDF プリンターでページの印刷順序が正しくないと場合、以下の手順で問題を解決できます。

  • 印刷したいドキュメントをいったん複数の画像ファイル (JPG など) としてエクスポート
  • エクスポートした画像ファイルを、ページ番号順にリネーム (例: 1.jpg、2.jpg など)。
  • ファイルを「表示」 >「名前で並べ替え」>「昇順」の順にクリックして、昇順に並べ替える
  • Ctrl + A」キーを押してすべてのファイルを選択
  • 最初のファイルの上で右クリックし、「印刷」を選択します。これで、正しい順序でページのプレビューが表示されるはず。
  • 最後、「印刷」オプションの中から「Microsoft Print to PDF」を選択し、「印刷」をクリック

この手順で、正しいページ順序で PDF ファイルを作成できます。

結論

「Microsoft Print to PDF」機能は、マイクロソフトの印刷可能なアプリケーションからすぐに印刷可能な PDF ファイルを作成する便利な機能です。しかし、この機能にはWindows 10, 11のみ利用可能、作成されたPDFファイルサイズが大きい、編集やカスタマイズ機能が欠けてることなどいくつかの制限があります。もし、Windows や他のオペレーティングシステムで、フォーマットを崩さずに「PDF に印刷」機能を使い、さらに編集やカスタマイズも好きなだけにしたいのであれば、UPDF が最適なソリューションです。UPDF は直感的なインターフェースに加え、豊富な機能を備えており、PDF の保存、印刷、編集を簡単かつ効率的に行えます。今すぐ無料でダウンロードして実感してみてください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。