爽やかなPDFの読書体験|UPDFで60%割引、無料ギフトをゲット詳しく見る
UPDF ヘルプセンター

UPDFの詳細

help center
Windows 版 UPDF
Mac 版 UPDF
iOS 版 UPDF
Andorid 版 UPDF

Macでのバッチ処理

Mac版UPDFは、ユーザーにバッチ処理機能を提供することを実現しました。4種類のバッチ処理が可能です。ここの記事は完全ガイドラインです:

バッチ処理モードに入るには、MacでUPDFを開き、「バッチ」ボタンをクリックして続行します。

Batch process

1. バッチ変換

バッチ変換を使用すると、複数のファイルをさまざまな形式に同時に変換できます。このプロセスをスムーズに進めるために役立つ、段階的な内訳を次に示します。

その前に、UPDFのインターフェース内の「バッチ」ボタンをクリックして開始します。新しいウィンドウが開き、さまざまなオプションが表示されます。バッチ変換を開始するには、「変換」を選択します。

ステップ1 - ファイルの追加:

変換するPDFファイルを追加します。「ファイルを追加」をクリックします。すでにUPDF内でファイルを開いている場合は、「開いているファイルを追加」オプションを利用してください。変換する完全なフォルダーがある場合は、「フォルダーの追加」を選択します。

ステップ2 - 出力形式の定義:

UPDFの多用途性により、ニーズに最も適した出力形式を選択できます。「出力形式」ドロップダウンメニューから希望の形式を選択するだけです。変換されたファイルは、Word、PowerPoint、Excel、CSV、RTF、テキスト、画像、XML、HTMLドキュメントとしてエクスポートできます。

ステップ3 - レイアウト設定(オプション):

WordやRTFなどの形式に変換する場合、UPDFはドキュメントのレイアウトを保持する機能を提供します。「フローテキストを保持」、「ページレイアウトを保持」、または「正確な再構成」の3つのオプションがあります。

ステップ4 - 変換を適用する:

設定をカスタマイズしたら、「適用」ボタンをクリックします。このステップでは、選択した設定を実行します。変換されたファイルの場所を指定することを忘れないでください。「フォルダーの選択」をクリックするだけで、新しいファイルが保存される場所を選択できます。

その他のファイル管理のヒント:

シームレスに変換を成功させるための追加のヒントをいくつか紹介します。

PDFの場所を表示:

特定のPDF設定を詳しく見るには、ファイルの横にある「三点アイコン」をクリックします。PDFがどこにあるかを確認するには、「フォルダー内を表示」を選択します。

ファイルの削除:

ファイルについて考えが変わった場合は、そのファイルを変換リストから簡単に削除できます。「ファイルを削除」を選択するだけです。

ファイル設定の確認:

特定のファイルの詳細を詳しく調べるには、「ファイル設定」をクリックします。これにより、選択したファイルの設定に関する包括的な情報が表示されます。

リストのクリア:

新しく開始する場合、または変換を完了した場合は、ウィンドウの上部にある「リストをクリア」ボタンを使用してリストからすべてのファイルを削除します。


2. バッチ結合

バッチ結合機能の助けを借りて、UPDFは複数の画像とPDFファイルをすぐに1つのPDFに結合できます。その方法は次のとおりです。

コンピュータでUPDFを開き、ホームページで「バッチ」ボタンを見つけます。それをクリックすると、さまざまなオプションが表示されます。「結合」を選択すると、注目すべき「バッチ結合」機能が有効になります。

Batch combine

ステップ1 - ファイルの追加:

次のステップは、結合したいファイルを組み込むことです。「ファイルを追加」ボタンをクリックします。ファイルがすでにUPDF内で開いている場合は、ボタンの横にある矢印を使用して、「開いているファイルを追加」を選択します。あるいは、フォルダー全体を結合する場合は、「フォルダーの追加」オプションを検討してください。

ステップ2 - ファイルの配置と選択:

追加したファイルを希望の順序に並べます。この手順により、結合されたドキュメントがスムーズに流れるようになります。必要に応じて、直感的なドラッグアンドドロップ機能を使用するだけです。満足したら「適用」をクリックします。

ステップ3 - 出力場所の選択:

ファイルを調整したら、結合したPDFをどこに置くかを決定します。「適用」をクリックすると、UPDFが場所を選択するように求めます。出力ファイルに適切なディレクトリを選択します。

保存」をクリックして処理を実行します。UPDFは、設定した順序を維持しながら、選択したファイルを1つのPDFにシームレスに結合します。魔法が繰り広げられる様子をご覧ください。

注: 詳しい手順については、バッチ結合ユーザーガイドを参照してください


3. バッチ挿入

すべてのファイルを1つのファイルに挿入する最良の方法は、バッチ挿入機能を利用することです。その方法は次のとおりです。

コンピュータでUPDFを開き、「バッチ」ボタンを見つけます。それをクリックすると、さまざまなオプションが表示されます。このメニューから「挿入」を選択し、革新的な「バッチ挿入」機能を有効にします。

Batch insert

ステップ1 - ファイルの追加:

「バッチ挿入」メニューに入ったら、「ファイルの追加」ボタンをクリックしてプロセスを開始します。または、矢印アイコンを使用して、さらにオプションにアクセスします。これにより、UPDF内で開いているファイルまたはフォルダー全体をインポートできるようになり、ワークフローが合理化されます。

ステップ2 - 特定のファイルを挿入する:

インポートされたすべてのPDFに特定のファイルを挿入したい場合、UPDFを使用すると簡単に挿入できます。「ファイルの挿入」タブに移動します。ここで、コンピュータを参照して目的のファイルを指定します。マージされたPDF内でその場所を定義し、シームレスな統合を保証します。

ステップ3 - 出力場所の定義:

ファイルを調整してカスタマイズしたら、結合したPDFの傑作を保存する場所を決定します。「適用」をクリックすると、UPDFが出力ファイルに適切なディレクトリを選択するようにガイドします。

保存」をクリックしてプロセスを終了し、UPDFが選択したファイルを単一の統合PDFに魔法のようにまとめます。

注: 詳しい手順については、バッチ挿入ユーザーガイドを参照してください


4. バッチ暗号化

暗号化とパスワードを使用してドキュメントのコレクション全体を保護するために、UPDFはバッチ暗号化機能を通じて強力なソリューションを提供します。プロセスを簡単にするための包括的なチュートリアルを次に示します。

WindowsデバイスでUPDFを開き、ホームページで「バッチ」オプションを見つけます。それを選択すると、さまざまな機能が表示されます。「暗号化」を選択し、革新的なバッチ暗号化機能にアクセスします。

Batch encrypt

ステップ1 - ファイルのインポート:

ファイルを追加」ボタンをクリックしてプロセスを開始します。プロセスを迅速化するには、矢印アイコンを利用して追加のインポートオプションにアクセスします。これには、UPDF内ですでに開いているファイルの追加や、フォルダー全体の追加も含まれます。

ステップ2 - 暗号化用のパスワードの設定:

  • オープンパスワードの設定:

右側のパネルで、「開く」タブを選択します。ここで、PDFファイルの「ドキュメントを開くパスワード」を設定します。パスワードを設定したら、確認のために再入力してください。さらに多くのセキュリティ仕様が必要な場合は、「その他のオプション」を選択します。ニーズに応じて、「128ビットRC4」、「128ビットAES」、または「256ビットAES」などの暗号化オプションから選択できます。「適用」をクリックしてバッチ暗号化を開始します。

  • 権限パスワードの設定:

または、特定のアクションに対する権限を設定する場合は、同じパネルの「権限」タブに切り替えます。ここで、PDFの「権限パスワード」を指定します。提供されたオプションでそれを確認します。暗号化設定をさらに詳しく調べるには、「その他のオプション」を選択します。印刷や変更を許可するかどうかを定義し、利用可能なオプションから「暗号化レベル」を選択します。「適用」をクリックして終了してください。

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。