爽やかなPDFの読書体験|UPDFで60%割引、無料ギフトをゲット詳しく見る

Adobe Acrobatとその無料の代替ツールでPDFのフォントを変更する方法

PDFは、個人レベルと組織レベルの両方で人気のある形式です。これは、ドキュメントをパスワードでロックして第三者のアクセスを防ぐことでデータのセキュリティを保証するため、ほとんどの人が好む形式です。ただし、PDFドキュメントの大きな課題は、PDFエディタを使用しないとPDFのフォントを編集できないことです。最適なツールを使用すると、フォントを変更してドキュメントが要件に適合するようにすることができます。使用できるツールの1つはAdobe Acrobatです。この記事では、Adobe AcrobatおよびUPDFエディターでPDFドキュメントのフォントを変更する方法について詳しく説明します。

Adobe Acrobat Pro DCでPDFのフォントを変更する方法

AdobeでPDFのフォントを変更する手順は簡単に理解できます。このツールを使用すると、フォントサイズ、文字の色、その他すべてのプロパティを必要に応じて変更できます。Adobe Acrobatは初心者でも理解しやすいシンプルなインターフェースを備えています。編集モードに設定するだけで、フォントの種類、サイズ、色、その他の機能を変更できるようになります。ここでは、Adobe AcrobatでPDFファイルのフォントの色を変更する方法について説明します。

ステップ1:PDFを開く

Adobe Acrobatで編集するPDFドキュメントを開きます。

ステップ2:「PDFを編集」オプションをクリックする

ファイルのフォントを編集するには、ツールが編集モードに入ることを許可する必要があります。右側のサイドバーにある「PDFを編集」ボタンをクリックします。

Adobe Acrobatでフォントを変更する

ステップ3:PDFのフォントを変更する

「PDFの編集」をクリックした後、フォントを編集するテキストを選択します。フォント、タイプ、サイズ、色、配置、および変更したいその他すべての側面を選択します。

ステップ4:変更を保存する

フォントを編集したら、変更を保存するために保存します。「ファイル」に移動し、PDFファイルの名前を付けて「名前を付けて保存」をクリックします。Adobe Acrobatを使用してPDFのフォントを変更するのはとても簡単です。

✎関連記事:Adobe AcrobatとAdobe Readerを使用してPDFを分割する方法

Adobe Acrobatに代わるツール

フォントを変更する場合、Adobe Acrobatに代わる最適な代替手段はUPDFエディターです。これはAdobe Acrobatとは異なり、使い方を学ぶ必要がありません。シンプルなツールです。PDF内で必要なフォントをすべて制限なく変更できます。Word、Excel、HTML、プレーンテキストなど、すべてのファイル形式のフォントを変更できます。PDF上で必要なすべてのテキストプロパティを削除、追加、変更、または変更できます。以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

PDF編集

UPDFエディターを使用すると、PDFファイルに注釈を付けて、特定のニーズに合わせて完全にカスタマイズできます。このツールを使用すると、PDF文書にハイライト、下線、取り消し線を引いたり、メモを追加したりできます。ファイル上でさらに強調したい単語がある場合は、PDF編集ソフトを使用してフォントサイズ、太字、斜体、または下線を簡単に追加できます。UPDFエディターでは、複数ページのドキュメントがある場合にPDFページを整理することもできます。PDFファイルから不要なページを分割、抽出、削除、回転、挿入、または置換することで、ページをより効果的に整理できます。

このエディタには高度なOCR機能が備わっており、スキャンしたPDF内のテキストのフォントを簡単に変更できます。この機能により、ツールは編集を迅速かつ正確に行うことができます。フォントを変更した後、パスワードを作成してファイルを不正アクセスから保護できます。

UPDFエディターを使用すると、PDFをテキスト、Word、PPT、XMLなどの他の編集可能な形式に変換できます。ファイルが元の形式を失う可能性があるAdobe Acrobatとは異なり、UPDFエディタを使用した変換は100%正確です。

洗練されたインターフェイスはAdobe Acrobatよりも理解しやすいですが、特に初心者にとっては理解するのが難しい機能がいくつかあります。UPDFエディターの使用に学習時間は必要ありません。このツールを使用すると、フォントの変更やテキストの編集をすべてすばやく行うことができるため、個人レベルまたはオフィスレベルで膨大な数のPDFファイルを扱う場合に最適なツールになります。

Adobe Acrobatの代替ソフトUPDFを使用してPDFのフォントを変更する方法

以下は、UPDFエディターを使用してPDF内のフォントを変更するときに従う手順です。

ステップ1.「編集」ボタンをクリックする

UPDFエディターをダウンロードしてインストールします。次に、アプリを起動してフォント編集プロセスを開始します。ファイルを開き、左側のメニューバーにある「編集」をクリックします。「編集」ボタンをクリックすると、エディターが編集モードになります。これにより、フォントの変更やその他の編集を迅速に行うことができます。

pdf フォント 変更

ステップ2.PDFのフォントを変更する

編集ツールバー全体が表示されるので、フォントを希望どおりに簡単に変更できるようになりました。フォントを変更したいテキストを選択します。すべてのプロパティが表示されます。特定のニーズに応じて変更できるようになりました。ここでは、フォントの種類、フォントの色、フォントサイズ、太字、斜体、その他すべてのプロパティを変更するオプションがあります。このプロセスは高速、簡単、スムーズであり、UPDFエディターでフォントを変更するのに習得する必要はありません。これで、UPDFでPDFのフォントの変更が完了しました。

pdf フォント 変更

Wordファイルにあるものと似た編集ツールバーが表示されます。これは、PDFファイルに必要なすべての変更を加えるために使用するツールバーです。Word文書に慣れている場合は、フォントの変更プロセスがさらに簡単であることがわかります。

✎関連記事:2つの方法でPDF文字の色を変更する方法

フォントを変更した後、ドキュメントを保護するための権限またはパスワードを作成してPDFファイルを保護することを選択できます。これは、高度なプライバシーと機密性が必要なファイルを扱う場合にはさらに重要です。

✎関連記事:PDFファイルをパスワードをかけて保護する

以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

そのほか。Adobe Readerのフォントを変更するにはどうすればよいですか?実は、Adobe Acrobat DCにアップグレードしない限り、Adobe Readerでフォントを変更することはできません。したがって、UPDFを使用することをお勧めします。Adobe AcrobatとUPDFの比較の詳細をご覧ください。

UPDFとAcrobatの比較

UPDFAdobe Acrobat Pro
価格5,300円/年
8,300円/永久
Pro(Windows&Mac):23,760 円/年
Standard(Windows):18,216 円/年
フォントの変更はいはい
性能とても良い良い
使いやすさ4.93.9
UPDFのレビュー動画

まとめ

Adobe AcrobatでPDFのフォントを変更するにはどうすればよいですか?この記事を読んだ後、あなたは解決策を見つけたと確信しています。しかし、Adobe Acrobatの価格は高すぎるため、誰もがそのような高い金額を支払うことができるわけではありません。UPDFは、Adobe Acrobatの最も著名かつ最良の代替手段の1つです。価格はAdobe Acrobatのわずか6分の1で、インターフェースも非常にシンプルなので、初心者でも簡単に始めることができます。まず、以下のボタンをクリックして、そのソフトを無料でダウンロードして、体験しましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。