UPDFサマーセールは今から始まる!一年分を購入すると、14か月分を獲得!お早めに!セールは7月25日まで。今すぐアップグレード!

Nuance PDFエディターの最高の無料代替品

現在Kofax PDFエディターとして知られているNuance PDFエディターは、PDFドキュメントの作成、編集、変換、組み立て、比較を可能にする一流のドキュメント管理アプリケーションです。

ただし、Nuance PDFエディターは優れていますが、他のソフトウェアツールの方がより強力なセールスポイントを持っている場合もあります。ここでは、PDF編集のニーズに最適なアプリの1つについて説明します。

Nuance PDF エディタに代わる最良のツール

Nuance PDFエディターよりも多くの機能を提供できるアプリはいくつかありますが、最も推奨されるアプリの1つはUPDF(無料のPDFエディター)です。UPDFソフトウェアを起動して最初に気づくのは、PDFファイルの読み取りと表示を楽しい体験にする魅力的なインターフェイスです。レイアウトは簡単にナビゲートできるように設計されているため、ソフトウェアが提供する一流の機能をシームレスに利用できます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

Nuance PDFエディター

そのような一流の製品の1つは、さまざまな注釈機能です。たとえば、PDFをWordなどの別のファイル形式に変換するのではなく、適切な色を使用してテキストに下線を引いたり強調表示したりできます。さらに、PDFドキュメントに追加のメモを付けることができます。これは、ドキュメントで他のユーザーと共同作業するときに便利です。

ページを変更してドキュメントのレイアウトを変更することもできます。実行できるアクションには、他の場所で使用するためにページ全体を抽出することが含まれます。一方、ページが不要になった場合は、ページを完全に削除できます。UPDFでは、ドキュメント内の既存のページの間に新しいページを挿入することもできます。ユーザーはPDFドキュメントを分割して新しいドキュメントを作成することもできます。

UPDFの最も便利な機能の1つは編集機能です。テキストを追加、削除、または変更することでテキストを変更できます。画像を回転したり切り取ったりして画像を改ざんすることもできます。新しいものを追加したり、既存のものを置き換えたり、不要な場合は完全に削除したりできます。

これらの機能はPDF編集のすべてのニーズに対応できますが、ドキュメントを特定の元の形式のままにしておく方がよい場合もあります。UPDFは、ドキュメントを構成から別の構成に変換する優れた変換ソフトウェアを提供します。したがって、たとえば、PDFファイルがプレゼンテーションである場合、それをPowerPointに切り替えることができます。スプレッドシートの場合はExcelが適切です。ただし、主にテキストベースのファイルの場合は、Wordを検討する必要があります。PDFを変換できる他のファイルタイプには、JPEG、PNG、BMPなどの構成の画像が含まれます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


Nuance PDF エディタの代替案-UPDFを使用してPDFファイルを編集する方法

UPDFがPDF編集ソフトウェアであることに同意したところで、次の明らかな疑問が生じます。「UPDFを使用してPDFファイルを編集するにはどうすればよいですか? 」以下は、それを完了するための段階的なプロセスです。

ステップ1:アプリの編集モードを起動する

最初に行うことは、「編集」機能をアクティブにしてアプリを編集可能にすることです。これを行う前に、編集するファイルを開く必要があります。「ファイルを開く」ボタンをクリックするだけです。次に、編集したいファイルを検索して開きます。

ファイルを開くと、アプリのインターフェースの上部中央のセクションに「編集」ボタンが表示されます。

Nuance PDFエディター

ステップ2:PDFドキュメントにテキストを追加する

「編集」ボタンをアクティブにすると、Microsoft Wordによく似たツールバーが表示されます。「テキストを追加」アイコンをクリックすると、PDF文書に新しいテキストを追加できます。

次に、ドキュメント上のテキストを配置したい場所をクリックするだけです。

Nuance PDFエディター

ステップ3:テキストを編集する

「編集」ボタンをクリックすると、PDFドキュメント上の既存のテキストの編集を開始できます。これにはさまざまな編集オプションが含まれており、各段落の文書本文の周囲に紫色の境界線が形成されます。テキストを簡単に編集できます。

テキスト内で変更できるのは、フォントの種類、サイズ、色などで、太字にしたり、斜体に変換したりすることもできます。さらに、段落全体を変更、追加、または削除することもできます。

Nuance PDFエディター

ステップ4:画像を編集する

画像を編集するには、画像をダブルクリックするだけです。次に、小さなツールバーがポップアップし、選択した画像に対して実行できるアクションのオプションが表示されます。これらのアクションは特定の記号で表され、回転、トリミング、抽出、およびいくつかの基本的な操作が含まれます。

Nuance PDFエディター

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

WindowsでPDFファイルを編集する方法に関するビデオチュートリアル


Nuance PDF エディタでPDFを編集する方法

Nuance PDFエディターを無料でダウンロードしたら、次のステップは、ソフトウェアの高度なエディターツールを使用してPDFファイルを編集するプロセスを学習することです。手順の概要を以下に示します。

Nuance PDFエディター

1)編集用ドキュメントの設定

Nuance Power PDFエディターでドキュメントを開き、ページの先頭に移動します。「編集」ツールバーには「編集可能に変換」機能があります。さらに、編集するファイルの種類に基づいて、「ドキュメント」と「フォーム」のどちらかを選択するオプションがあります。

2)変換と編集

初期設定後、「変換」をクリックします。その後、ドキュメントは編集可能になります。テキストを追加、削除、変更できるようになりました。必要な編集が完了したら、「詳細エディタを閉じる」コマンドをクリックして変更を保存します。

3)メモ、テキストボックス、吹き出しを追加する

また、編集ツールバーには、メモ、テキストボックス、吹き出しの記号があります。追加するものを選択し、追加するドキュメントの領域に移動します。Dragon Notesを使用すると、音声入力を使用してメモやテキストを入力できます。

4)画像の編集

同じ編集ツールバーには、「オブジェクトの編集」という記号があります。クリックすると画像の編集が可能になります。画像に対して実行できる機能には、反転、回転、配置、トリミングなどがあります。

まとめ

Nuance PDF エディタ (現在はKofax PDFエディターとして知られています) は、優れた機能とスムーズなユーザーエクスペリエンスを提供します。ただし、より良い代替手段があります。UPDFは、優れた光学式文字認識 (OCR)能力と必要に応じてPDFを整理する機能を備えた、インストールするPDF編集アプリです。ここでは、UPDFでPDFファイルを編集する手順を徹底的に概説しました。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


    % オフ
    オフ
    この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

    期間限定
    クーポンを取得する!

    クリックして受け取る
    追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

    お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。