UPDF AI ウェブが開始!PDFと今すぐ会話しよう

Open Office PDFエディタの無料代替ツール

Apache Open Office PDFエディタは、あらゆるドキュメント管理のニーズに最適です。通常、他では見つからないユニークな製品を提供します。たとえば、これはオープンソースであり、ライセンス料がかからず完全に無料であることを示します。また、開発者がソフトウェアのプラットフォーム上に構築できるため、そのユーティリティが向上することも意味します。

Open Office PDFエディターは複数のプラットフォームとオペレーティングシステムで動作し、ほぼすべてのデバイスとハードウェアで動作できることを意味します。さらに、一貫したインターフェイスを備えており、ユーザーは40以上の言語でプラットフォームを操作できるため、非常にユーザーフレンドリーです。

それにもかかわらず、Apache Open Office PDFエディターには問題がないわけではありません。貧弱なプレゼンテーション、複雑さ、機能の欠如の組み合わせにより、代替手段を探す必要があることがわかります。

Open Office PDFエディタに代わる最良のツール

Open Office PDFエディタに代わる優れたツールを選択するのは、少々難しい場合があります。それは、世の中には優れたツールがたくさんあるので、その中から選択できるからです。ただし、Apache Open Office PDFエディタに代わる最終的な選択肢は、PDFエディターから得られる最高の製品群を提示する必要があります。この要件を十分に満たすアプリはUPDFです。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

Open Office PDFエディタの無料代替

UPDFは、WindowsおよびMac用のPDFエディターです。PDF編集ソフトウェアなど必要なものがすべて揃っています。まず、すべてのアクションの中で最も基本的な、PDFの表示と読み取りを実行できます。これは美しいインターフェイスで実行できます。

PDFドキュメントは必要に応じて変更できます。テキストを編集、修正、追加、削除することで変更できます。さまざまなツールを使用して画像を改ざんすることもできます。1つは、PDFファイルに新しい画像を追加する機能です。文書内にある画像を削除または置換することもできます。見つかった画像は、回転、トリミング、抽出、寸法やその他の詳細の変更によって編集することもできます。

いくつかの注釈機能があるため、PDF上で実行できる編集機能の数はそれだけではありません。たとえば、テキストの重要なセクションを強調表示できます。ハイライトが機能しない場合は、下線ツールの使用を検討してください。文書の一部が不要ですか?取り消し機能があります。さらに、PDF上にメモを追加したり、フォームに記入したりすることができます。

PDFドキュメントの設定が気に入らない場合は、既存のページを抽出、削除、分割、置換するか、新しいページを挿入して、PDFドキュメントを再編成します。

UPDFはいくつかの点でOpen Office PDFエディタよりも優れていますが、最も重要なのは、UPDFが非常に使いやすいという事実です。一方、Open Office PDFエディタは非常に複雑です。たとえば、Apache Open Office エディタソフトウェア内ではPDF編集機能を直接利用できないため、PDFファイルを編集するには外部拡張機能をインストールする必要があります。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


Open Office PDFエディタの代替ソフトを使用してPDFを編集する方法

UPDFアプリを使用してPDFを編集する必要がある場合は、以下に概説されているガイドラインに従ってください。

ステップ1:編集モードを起動する

まず、UPDFでPDFドキュメントを開く必要があります。「PDFを編集」ボタンはアプリケーションのホームページの左側にあります。ここには編集ツールが含まれています。

Open Office PDFエディタの無料代替

ステップ2:Open Office PDFエディタを使用せずにPDFを変更する

このセクションではさまざまな編集機能を実行できます。まず、テキストのサイズ、形状、形式を変更して、PDFをWord形式と同じように編集できるようにすることができます。

PDFドキュメントに公開されるテキストのフォントの種類、サイズ、色を切り替えることができます。テキストの形状や形式を変更するこの機能には、フォントを太字にしたり、斜体に変換したりすることが含まれます。または、PDFドキュメント上のすべてのテキストを直接編集することもできます。

テキストとは別に、PDFファイル上の画像もUPDFアプリで編集できます。画像をダブルクリックして選択するだけです。以下に、UPDFで実行できる各編集機能を表すアイコンのリストがポップアップ表示されます。たとえば、画像を回転させる「回転」機能があります。「クロップ」機能では画像の端を切り取ることができ、「摘出」機能では画像をコピーして別の場所で使用することができます。

UPDFのもう1つの優れた点は、PDF内のリンクを編集できることです。リンクのタイプ、スタイル、太さ、境界線の色を編集できます。

Open Office PDFエディタの無料代替

PDFファイルの編集方法に関するビデオチュートリアル


Apache Open Office PDFエディタを使用してPDFを編集する方法

Windows10用Open Office PDFエディタでPDFを編集するには、外部ソフトウェアをインストールする必要があります。ダウンロードする特定のソフトウェアは、入手したOpen Officeのバージョンによって異なります。

Apache Open Office PDFエディタ3を使用している場合は、Oracle PDF Import Extensionを使用する必要があります。Open Office PDFエディタ4以降を使用している場合は、Apache Open Office用のPDF読み込み拡張機能が適切です。どちらもほぼ同様のインターフェイスを備えています。

必要なダウンロードを実行したら、次の手順に従ってPDFドキュメントを編集します。

  1. 拡張機能内で、「開く」ボタンをクリックしてファイルを検索し、編集するドキュメントを見つけます。
  2. 開いたインターフェイスはMS Wordのインターフェイスと非常によく似ています。ページの上部には、フォントの種類、サイズ、形式を変更するオプションがあります。たとえば、テキストを通常の構成から「見出し」形式(H1~H3)に変更できます。
  3. その他のオプションには、太字、下線、斜体、およびページレイアウトやドキュメントの書式設定を変更するための機能が含まれます。
  4. ページの最上部にある「テーブル」アイコンをクリックすると、テーブルを挿入できます。「表」の横にある「ツール」機能をクリックして、画像、グラフ、その他の図を追加することもできます。
Open Office PDFエディタの無料代替

UPDFとOpen Office PDFエディタの比較

UPDFOpen Office PDFエディタ
PDF編集はいはい
使いやすさ4.94.2
インターフェイス美しくシンプル複雑

結論

PDFドキュメントに対して必要な操作はすべて、Open Office PDFエディタで実行できます。残念ながら、PDFの編集プロセスは面倒な場合があります。たとえば、外部ソフトウェアを使用する必要があります。さらに、インターフェイスは現代とは程遠いようです。したがって、Open Office PDFエディタの無料ダウンロードを実行するのではなく、他のものを検討する必要があります。

それにもかかわらず、いくつかの代替手段は上記のすべてを提供し、それ以上のものを提供します。いくつか存在するものの中で、速度と必要な機能がすべて利用できるという点でUPDFを選びました。UPDFでPDFファイルを編集する必要がある場合は、常に上記の手順を実行してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


    お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。