爽やかなPDFの読書体験|UPDFで60%割引、無料ギフトをゲット詳しく見る

PagesをPDFに変換する方法を紹介

今日のデジタル世界では、シームレスなファイル共有と互換性のために、PagesドキュメントをPDFに変換することが不可欠です。PagesをPDFに変換するための包括的なガイドをお探しの場合は、この記事が最適です。PagesをPDFに変換する簡単なプロセスを示し、どのプラットフォームでもドキュメントにアクセスして表示できるようにします。この変換を簡単に実行して、生産性とドキュメント管理スキルを向上させる方法を学び続けます。

パート1.組み込み機能を使用してPagesドキュメントをPDFに変換する

まず、PagesドキュメントをPDFに変換するための組み込みオプションを利用しましょう。このセクションを通じて、ネイティブ機能を使用したMacデバイス、iPhone、iPadでのこの変換プロセスの容易さとアクセシビリティに焦点を当てます。

Macデバイスでの変換プロセスから始めましょう。

MacでPagesをPDFに変換する

1.Pagesアプリでドキュメントを開きます。

2.メニューバーの「ファイル」をクリックします。

3.「エクスポート」を選択し、「PDF」を選択します。

pages pdf 変換
  • 必要に応じてPDF設定を調整します。
  • 「次」をクリックし、ファイルに名前を付け、場所を選択して、「エクスポート」をクリックします。

この方法では、追加のソフトウェアを使用せずにPagesをPDFに変換する簡単な方法が提供されます。ただし、変換後の編集およびカスタマイズのオプションには制限があります。

次に、iPhoneまたはiPadでの変換プロセスを確認してみましょう。

iPhoneまたはiPadでPagesをPDFに変換する

1.Pagesアプリを開き、ドキュメントを選択します。

2.右上隅にある「その他」ボタン(3つの点)をタップします。

3.「エクスポート」を選択し、「PDF」を選択します。

pages pdf 変換
  1. 必要に応じてエクスポート設定を調整します。
  2. エクスポートしたPDFを共有または保存する方法を選択します。

これらの方法は、外出先での変換に便利です。ただし、Pagesアプリ内に高度なPDF編集機能がないので、Apple以外のデバイスを表示するときにフォーマットの問題が発生する可能性があることなどの制限があります。

ヒント

 MacとiOSデバイスの両方でPagesをPDFに変換するのは、簡単な組み込みプロセスです。素早い変換には便利ですが、高度な編集やカスタマイズのはありません。UPDFはこのギャップを埋め、変換後のPDFドキュメントをさらに管理および強化するための包括的なソリューションを提供します。PDFを効率的に変更、注釈付け、管理するための広範な機能を提供します。興味のあるユーザーは、以下のボタンをクリックし、UPDFをダウンロードして、その全機能を探索できます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート2.PagesドキュメントをPDFに変換するその他の方法

このセクションでは、PagesドキュメントをPDFに変換するための別の方法を検討し、3つの異なる方法について説明します。それぞれの方法には利点と制限があります。

Free Convert

Free Convertは、PagesドキュメントをPDFに変換する簡単な方法を提供するオンラインサービスです。

手順:

1.「ファイルを開く」をクリックしてPagesファイルを選択します。

pages pdf 変換

2.「PDFに変換」をクリックします。

3.変換が完了したら、「PDFをダウンロード」をクリックします。

短所:

  • 主な制限は、最大ファイルサイズが1GBであることです。
  • オンラインツールであるため、インターネット接続が必要であり、機密文書のセキュリティについて懸念が生じる可能性があります。
  • このWebサイトには広告が多すぎます。

Zamzar

Zamzarは、PagesをPDFに変換するためのもう1つのオンラインプラットフォームです。

手順:

  1. メニューバーで、「変換」ドロップダウンメニューをクリックし、「ファイルを変換」をクリックします。
  2. 「ファイルを変換」をクリックして、変換するPagesファイルを選択します。
  3. 「..変換に」で出力形式としてPDFを選択します。
pages pdf 変換
  1. 「今すぐ変換」をクリックしてプロセスを開始します。

短所:

  • ここでの主な制限は、ファイルの種類に応じて、無料変換の最大ファイルサイズが50MBであることです。
  • 他のオンラインツールと同様に、インターネット接続が必要であり、セキュリティ上の懸念から機密文書には適さない可能性があります。

これらの方法はPagesをPDFに変換する多用途性を提供しますが、ファイルサイズに関して一定の制限があり、インターネット接続が必要です。ちなみに、変換したPDFを編集したい場合はUPDFを検討してください。この包括的なツールは、変換を容易にするだけでなく、広範な編集および注釈機能を提供し、PDF管理エクスペリエンスを向上させます。早速以下のボタンをクリックし、この完全なPDFソリューションをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート3.変換されたPDFを編集/開く/注釈を付ける/提示するにはどうすればよいですか?

PagesをPDFに変換するさまざまな方法を検討しましたが、次の重要なステップは、これらの変換されたドキュメントを効率的に管理および利用することです。ここで、オールインワンPDFソリューションであるUPDFが活躍します。

UPDFは、単純な変換を超えた多用途のソフトウェアであり、専門的かつ効率的な方法でPDFを編集、注釈付け、表示するための一連のツールを提供します。ユーザーフレンドリーなインターフェイスと高度な機能により、個人使用とプロフェッショナル使用の両方に理想的な選択肢となります。

UPDFの主な機能:

  • PDF編集:UPDFは、PDF内のテキストや画像を簡単に編集するツールを提供します。これにはテキストや画像の追加、削除、変更が含まれ、ドキュメントが常に最新かつ正確であることが保証されます。
  • PDFに注釈を付ける:UPDFでは、さまざまな注釈ツールを使用して、テキストを強調表示、下線、または取り消し線を引くことができます。メモやコメントを追加することもできるので、共同作業や個人学習に最適です。
  • PDFの変換:UPDFは、PDFとWord、Excel、PowerPointなどの他の形式との間の変換をサポートします。この柔軟性は、シームレスなドキュメントワークフローに不可欠です。
  • 高度なAI機能:UPDFには、要約、説明、翻訳、チャットなどのAI主導の機能が組み込まれており、生産性が向上します。これらの機能により、PDFコンテンツを迅速に理解し、効率的に管理できます。
  • PDFをスライドショーとして再生:UPDFの読み取り機能の一部であるPDFをスライドショーとして再生する機能は、プレゼンテーションや教育目的で特に役立ちます。この機能は、PDFをインタラクティブなプレゼンテーションツールに変えます。
pages pdf 変換

UPDFは、PDFエクスペリエンスを向上させる高度な機能を備えた包括的なソリューションとして際立っています。現在、UPDFはセール中で、さらにお得になっています。ドキュメント処理能力を強化するこの機会をお見逃しなく。今すぐUPDFをダウンロードして、PDFの可能性の世界を体験してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

✎関連記事:UPDFのレビュー記事を確認しましょう!

結論

PagesをPDFに変換することは、今日のデジタル環境における基本的なタスクであり、このプロセスに適切なツールを選択することが重要です。UPDFは、変換機能だけでなく、高度な編集、注釈付け、プレゼンテーション機能も提供する包括的なソリューションとして際立っています。UPDFは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスとAI主導の機能により、生産性とドキュメント管理を強化します。PDFのあらゆるニーズに対応するUPDFの効率性と多用途性を活用してください。今すぐUPDFをダウンロードして、デジタルドキュメントを処理する優れた方法を体験しましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。