爽やかなPDFの読書体験|UPDFで60%割引、無料ギフトをゲット詳しく見る

Adobe Acrobatを使用すると使用しない場合でPDF用紙サイズを変更する方法

PDFのページサイズが異なる複数のPDFを1つのドキュメントに結合する場合、ページ寸法の不一致により問題が発生する可能性があります。さまざまなサイズのPDFを結合すると、コンテンツの位置がずれたり、ドキュメント全体のプロフェッショナルな外観に影響を与える視覚的な問題が発生したりする可能性があります。この問題に取り組む実際的な解決策には、結合されたドキュメント全体でページサイズを標準化することが含まれます。

この点、Adobe Acrobatなどのツールを使用すると、ユーザーは各PDFページの用紙サイズを均一に調整できます。この記事では、Adobe Acrobatと最良の代替手段であるUPDFを使用してPDFページサイズを変更する方法について説明します。Acrobatが高すぎると思われる場合は、今すぐUPDFをダウンロードして試してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート1.「ページ切り抜き」ツールを使用してAdobe Acrobatでページサイズを変更する方法?

Adobe Acrobatの「ページのトリミング」ツールの機能は、不要な部分をトリミングしてPDFファイルのページサイズを調整したい人にとって有益です。ドキュメントの一貫性を維持したり、特定のニーズに合わせてドキュメントを調整したりするのに役立ちます。効果的な「ページ切り抜き」ツールを使用して、Acrobat DCでPDFページサイズを変更する手順を見てみましょう。

ステップ1:まず、デバイスでAdobe Acrobatを起動する前に、Adobe Acrobatをダウンロードしてインストールする必要があります。その後、PDFドキュメントをインポートし、メインウィンドウの右側にある「PDFを編集」ボタンにアクセスします。

acrobat pdf サイズ 変更

ステップ2:ツールの編集機能を取得したら、「ページのトリミング」ツールを選択し、目的のページまで下にスクロールします。次に、切り抜きたい領域の周囲に長方形を描きます。必要に応じて、PDFページが希望のサイズになるまで角のハンドルをドラッグして、切り抜き四角形のサイズを調整します。

acrobat pdf サイズ 変更

ステップ3:長方形のサイズを調整したら、ページ上で選択した長方形のトリミング領域をダブルクリックします。ここで、「ページサイズセクション」でページサイズを変更できるセットアップメニューが表示されます。さらに、特定のページの幅、高さ、ページ範囲を変更することで、トリミングされたページをさらにカスタマイズできます。完了したら、「OK」ボタンを押してこのプロセスを完了します。

acrobat pdf サイズ 変更

パート2.「印刷」ツールを使用してAdobe Acrobatでページサイズを変更する方法

Adobe Acrobatの印刷機能は、物理的な印刷だけでなく、ページ寸法の正確な変更と最適化もサポートします。ページのサイズを変更する場合でも、特定の寸法を選択する場合でも、印刷機能は要件に応じてページサイズをカスタマイズします。Adobe Acrobatの「印刷」ツールを使用して、ページサイズを変更し、簡単に調整する手順を説明します。

ステップ1:ツールをシステムに正常にダウンロードしてインストールすることで、プロセスを開始します。印刷ツールを使用してAdobe Acrobatでページサイズを変更するには、目的のファイルをインポートします。次に、メインインターフェイスから、左上の「印刷」アイコンにアクセスします。

acrobat pdf サイズ 変更

ステップ2:印刷ウィンドウに入ったら、「プリンター」ドロップダウンメニューにアクセスし、メニューから「Microsoft Print to PDF」オプションを選択します。次に、「ページのサイズ設定と処理」で、「サイズ」タブを選択してページサイズを変更します。

acrobat pdf サイズ 変更

ステップ3:ページサイズ変更の「サイズ」タブを選択した後、「カスタムスケール」をクリックして、希望のスケーリングでカスタマイズします。次に、必要な変更をすべて行った後、「印刷」ボタンをクリックして、目的の出力ファイルを取得します。

acrobat pdf サイズ 変更

パート3.Adobe Acrobatを使用してページサイズを変更する利点と欠点

Adobe Acrobatは、さまざまなサイズのPDFドキュメントを処理する場合、または洗練されたプレゼンテーションのために均一性を求める場合に有益であることが証明されています。ただし、文書の書式設定において情報に基づいた意思決定を行うには、利点と欠点の両方を理解することが重要です。ここで、AcrobatでPDF用紙のサイズを変更する場合の潜在的なメリットとデメリットを調べてみましょう。

長所:

  • いくつかの編集ソリューション:このツールは、ページサイズを調整するプロセスを簡素化するための完全なPDF編集プラットフォームを提供します。さらに、さまざまなドキュメントの変更をすべて1か所で行います。
  • グローバル承認:これは、広く認知されている信頼性の高いPDFエディターとして機能し、さまざまなプラットフォーム間でのスムーズなドキュメント共有を保証します。
  • 効果的なチームワーク機能:ユーザーは、グループプロジェクトをサポートする共同作業ツールを利用できます。こうすることで、ページサイズの調整など、チームがドキュメントで共同作業することが容易になり、最終的に生産性が向上します。

短所:

  • 高コスト:Adobe Acrobatは、特に高度な機能を使用すると高価になる場合があります。さらに、予算を重視するユーザーにとっては障壁となり、特定のツールや機能へのアクセスが制限されます。
  • 複雑なユーザーインターフェイス:ソフトウェアの機能豊富なインターフェイスは、機能を理解して最大限に活用するのに時間と労力を必要とするため、初心者にとっては困難な場合があります。
  • 機能の過負荷:多数の機能が付属していますが、その中にはユーザーが必要としない機能もあります。これらの追加機能により、インターフェイスが乱雑になり、ユーザーが混乱する可能性があります。
  • 大きなファイルを使用するとパフォーマンスが低下する:大きなドキュメントを開くと時間がかかり、効率に影響を与える場合があります。大量のファイルを扱うユーザーは、全体的な生産性とワークフローに影響を与える遅延に直面する可能性があります。

パート4.Adobe Acrobatを使用せずにPDFページサイズを変更する方法

UPDFは、Adobe Acrobatとは独立してPDFページサイズを調整するためのスムーズな方法を提供し、多用途でユーザーフレンドリーなAI PDFソリューションです。この革新的なツールを使用すると、高度なAIを活用して効率的な文書管理を行うことで、ユーザーはPDFを簡単に操作して変更できるようになります。さらに、UPDFでは、ページのサイズ変更を簡単なプロセスで行うことができ、柔軟性と互換性が確保されます。

acrobat pdf サイズ 変更

UPDFを通じてPDFの用紙サイズを変更する2つの方法

UPDFの機能により、ユーザーはPDFドキュメントを効率的に整理、編集、カスタマイズできます。個人と専門家の両方にスムーズなエクスペリエンスを提供するさまざまな方法を提供します。それでは、AIを活用したUPDFを使用して、Acrobatを使用せずにPDFの用紙サイズを変更する方法を紹介しましょう。

方法1.UPDFのページトリミング機能を使用してPDFページサイズを変更する

UPDFのページのトリミング機能を使用してPDFのページサイズを変更するのは、簡単かつ直接的なプロセスです。この機能により、ドキュメントのサイズを正確に調整できます。さらに、ユーザーは指定された指示に従うことで、ページサイズを効果的に編集し、PDFファイルの外観をカスタマイズできます。

•ステップ1.まず、UPDFをダウンロードして、PDFページのサイズを変更するプロセスを開始します。このためには、下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードします。その後、PDFドキュメントのページのサイズ変更を開始します。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

•ステップ2:ソフトウェアにファイルをインポートした後、画面の左側にある「ページをトリミング」アイコンをクリックします。次に、「オプション」アイコンを選択して「ページをトリミング」設定パネルを開きます。このパネルの「余白のコントロール」セクションに上、下、左、右のマージンの値を入力します。さらに、「トリミング後のページサイズ」セクションでページの幅と高さを指定します。

acrobat pdf サイズ 変更

•ステップ3:すべての設定を行った後、画面上部の「変更を適用する」ボタンをクリックすると、ポップアップメニューが表示されます。このメニュー内で、サイズ変更の変更を適用するページ範囲を選択します。最後に、「トリミング」をクリックして、選択したすべてのページのサイズを調整します。

acrobat pdf サイズ 変更

✎関連記事:2つの簡単かつ無料な方法でPDFをトリミングする

方法2.印刷機能を使用してPDFページサイズを変更する

UPDFは、ページの寸法を調整する簡単な方法を提供し、印刷ツールを使用してカスタマイズするための多用途性を提供します。次のセクションのガイドに従うことで、特定の設定に基づいてPDFページのサイズを簡単に変更できます。

  • ステップ1:UPDFの印刷ツールにアクセスして、UPDFを使用してページのサイズを変更するプロセスを開始します。変更したいPDFドキュメントをインポートした後、左上の「ファイル」タブに移動してドロップダウンメニューを開きます。このメニュー内で「印刷」オプションをクリックして、ページサイズを変更するプロセスを開始します。
  • ステップ2:新しく開いた設定ウィンドウにアクセスした後、「用紙サイズ」セクションを見つけて、ドロップダウンメニューから適切なオプションを選択します。次に、「プリンター」ドロップダウンメニューから「Microsoft Print to PDF」オプションを選択します。設定を完了したら、「印刷」ボタンをクリックして変更を保存します。
acrobat pdf サイズ 変更

✎関連記事:PDFを余白なしで印刷する方法

UPDFのその他の主な機能

•PDFの読み取りと注釈付け:UPDFは、シームレスな読み取りと注釈のエクスペリエンスを提供し、ユーザーがPDFを簡単にナビゲートできるようにします。このツールは、パーソナライズされたメモやハイライトを使用して文書を強化します。さらに、この機能により、ドキュメントを操作して理解するための直感的でユーザーフレンドリーなアプローチが保証されます。

•UPDFのAI機能:ユーザーは、高度なドキュメント管理のためにUPDFの高度なAI機能の可能性を利用できます。このAIテクノロジーにより、チャットボットを使用してPDFを操作できるようになります。さらに、希望の要件に合わせてドキュメントを要約、説明、翻訳することもできます。

•OCR機能:UPDFの変換OCR機能により、スキャンされたPDFまたは画像ベースのPDFを編集可能および検索可能なドキュメントに簡単に変換できます。さらに、この機能によりドキュメントの汎用性が高まり、テキストを抽出してPDFをより動的にすることが可能になります。

•PDFの変換:PDFをWord、Excel、PowerPoint、さまざまな画像形式などのさまざまな形式に簡単に変換します。さらに、適応性と互換性が保証され、PDFと他の種類のドキュメント間の移行が容易になります。ユーザーは、元の書式を維持しながら、ドキュメントの整合性を維持できます。

•PDFの編集:UPDFの包括的な編集ツールを使用してドキュメントを制御できます。UPDFを使用すると、ユーザーは基本的なテキストの調整から複雑なレイアウトの変更まで、好みに応じてPDFをカスタマイズできます。さらに、多用途でユーザーフレンドリーな編集体験をお楽しみいただけます。

早速以下のボタンをクリックし、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFのレビュー動画

結論

要約すると、Adobe AcrobatでPDF用紙サイズを変更する方法を学習すると、文書を整理するための強力なツールが得られます。Adobe Acrobatは、ページの見た目を同じにしたい場合でも、特定のレイアウトが必要な場合でも、これらの変更を行うことができる最も古いPDFプラットフォームです。さらに、このガイドの手順に従うだけで、正確なニーズに合わせてPDFを簡単に調整できます。

Adobe Acrobatでのページサイズの変更に加えて、ユーザーはUPDFの機能を利用できます。これは、ページサイズを変更してプロフェッショナルで視覚的に魅力的なドキュメントを作成するのに役立ちます。したがって、ドキュメント管理のための優れたPDFソリューションの恩恵を受けるために、UPDFを統合することを強くお勧めします。この革新的なツールを利用するするには、「無料ダウンロード」ボタンをクリックしてください。さらに、ユーザーは特別割引により、今すぐUPDF Proにアップグレードすることで大幅なコストを節約できます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。