Microsoft EdgeでPDFを編集する方法:画像付きガイド

WindowsOSを使用している場合、Microsoft Edgeは組み込みのWebブラウザーとして提供され、組み込みのPDFドキュメントビューアーとして機能します。ほとんどの人は、PDFドキュメントもある程度編集できることを知りません。

Microsoft EdgeでPDFを編集する場合、すべてのPDF編集機能が利用できるわけではありませんが、基本的な編集オプションを使用すると、コメントを簡単に追加したりフォームに入力したりできます。Microsoft EdgeでPDFドキュメントを編集する方法については、ここで紹介します。

パート1.Microsoft EdgeでPDFを編集するには?

Microsoft Edgeは、最近のWindowsOSに付属する組み込みブラウザです。これはWebブラウザですが、他の多くのブラウザと同様に、PDF表示機能が組み込まれており、PDFドキュメントを開いて読むことができます。ただし、多くの人はPDFファイルを読むだけではなく、編集も含めてもう少し必要な作業を必要とします。

WindowsPCにはPDFドキュメントを編集するための専用ツールが組み込まれていませんが、基本的な編集要件にはMicrosoft Edgeを使用できます。これの良い点は、複雑なオプションが使用できないため、編集が非常に簡単になることです。以下で詳しく説明するように、EdgeではPDF編集に必要な手順はわずかです。

1.Microsoft EdgeでPDFを開く

PDFファイルが含まれているPC上のフォルダーに移動し、右クリックします。「プログラムから開く」オプションに移動し、「Microsoft Edge」をクリックします。これで、そのPDFファイルがMicrosoft Edgeタブで開きます。ここでPDFを読んだり、幅いっぱいに拡大したり、拡大したり縮小したりして、快適な読書体験を実現できます。

microsoft edge pdf 編集

2.「テキストの追加」をクリックしてテキストを追加する

URLセクションのすぐ下に、すべての編集ツールを含む小さなツールバーが表示されます。「テキストを追加」ボタンが含まれているので、それをクリックし、PDFドキュメント上の任意の場所をクリックします。これで、入力オプションが表示されます。入力、テキストの色の変更、テキストのサイズと間隔の変更、テキストの再配置、さらには指定されたスペース内に収まるようにテキストの幅を変更することもできます。

microsoft edge pdf 編集

3.描画とハイライト機能を使用する

左側の同じツールバーに「描画」ボタンと「ハイライト」ボタンが表示されます。それらをクリックし、PDF上の任意の場所をクリックして、文書内のテキストを描画または強調表示します。これらのフィーチャの色、厚さ、その他のプロパティを変更することもできます。

microsoft edge pdf 編集

4.間違い部分を消す

編集中に間違いを犯した場合でも、Edgeを使用すると簡単に修正できるため、心配する必要はありません。「消去」ボタンを選択すると、間違いを一発で解消できます。ユースケースに応じて、この消去モードは有益な場合もあれば、問題が発生する場合もあります。

microsoft edge pdf 編集

5.「保存」ボタンをクリックして変更を保存する

すべての編集が完了したら、「保存」ボタンをクリックします。これは、右側の上部ツールバーの印刷オプションの隣にあります。「保存」をクリックすると、すべての作業が元のファイルに保存され、終了できます。

microsoft edge pdf 編集

✎関連記事:3つの簡単な方法でPDFにテキストを追加する方法

パート2.Microsoft Edgeの代替ソフトでPDFを編集する方法

Microsoft Edgeでは基本的なPDF編集機能しか利用できないため、これは最良の編集ソフトではありません。より良い編集エクスペリエンスが必要な場合は、UPDFを試してください。PDFドキュメントを表示および編集するためのMicrosoft Edgeに代わる最良の選択肢です。数多くの機能が詰め込まれており、Edgeの代替ツールおよびPDF編集ツールとして最適です。今すぐ無料でお試しください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

microsoft edge pdf 編集

UPDFは、次のような最新の機能を揃えて、機能が豊富です。

  • PDFドキュメント内のテキスト、画像、ハイパーリンクを直接編集できます。
  • UPDFは、自動的に設定することでエクスペリエンスを最適化するAI編集を実現します。
  • UPDFクラウドにより、すべてのドキュメントが1か所に整理され、安全に保管されます。
  • 1つのUPDFアカウントは、携帯電話、コンピュータ、タブレット、その他の学校や家庭のデバイスと互換性があり、作業の同期を維持します。
  • PDFファイルを簡単に共有できるため、コラボレーションが容易になります。

UPDFを使用したPDFの編集は、次の3つの手順だけで簡単に行えます。

1.UPDFを起動し、PDFを開く

下のボタンをクリックしてUPDFをダウンロードすると、Windows、Mac、iOS、Androidがサポートされます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

PC上でUPDFデスクトップアイコンを見つけ、ダブルクリックして開きます。あるいは、Windowsのスタートメニューで「UPDF」を検索し、Enterキーを押すこともできます。次に、「ファイルを開く」を選択して、ポップアップウィンドウ内のPCストレージ内のPDFドキュメントを見つけます。クリックしてPDFを選択し、「開く」をクリックします。

microsoft edge pdf 編集

2.「編集」を選択し、「テキスト」をクリックする

左側の「編集」を選択し、「テキスト」をクリックし、任意のテキストをダブルクリックすると編集可能なテキストに変換され、サイズ、フォント、色などを気にせずに自由に入力できます。

microsoft edge pdf 編集

3.完了したら保存する

「ファイル」をクリックし、「保存」をクリックします。これで、UPDFはPDFドキュメントに加えたすべての変更を保存し、終了できます。

今すぐUPDFをダウンロードすると、同様の手順でコメント機能、画像編集機能、ハイパーリンク編集機能を使用できます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

✎関連記事:PDFに様々な種類のコメントを追加する方法

パート3.PDFを編集するにはどの方法が適していますか?

PDFドキュメントを編集する2つの簡単な方法がわかったので、どちらかを選択するのは難しい場合があります。そこで、それぞれの機能のコンテキストでこれら2つの方法を比較して、それぞれの方法で得られる編集エクスペリエンスをよりよく理解しましょう。

主な特長Microsoft EdgeUPDF
PDFを読む
基本的なPDF編集
徹底的なPDF編集
フォームに記入する
フォームの作成
PDF変換
PDFを保護する
AI
クラウドストレージ
OCR
コラボレーション

この比較表から、Microsoft Edgeは基本レベルのPDF編集エクスペリエンスを提供しますが、多くの機能を期待できるわけではないことがわかります。時々フォームに記入したり、PDFドキュメントからメモを取ったりするだけの場合は、Microsoft Edgeが有力な選択肢となります。

ただし、詳細な機能を使用してPDFドキュメントを編集する、より優れたプレミアムなエクスペリエンスが必要な場合は、UPDFが常に正しい選択となります。Microsoft Edgeでは利用できない多くの機能が詰め込まれているため、有益です。

コラボレーション、クラウドストレージ、AI機能、PDF保護、OCR、その他の編集機能などにより、この比較ではより良い選択肢となります。何よりも、UPDFは低価格であり、いくつかの割引もあり、学生、教師、その他すべての人にとって利用しやすくなっています。以下の無料ダウンロードボタンから今すぐソフトウェアをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

UPDFのレビュー動画

パート4.Microsoft EdgeでのPDFを編集するに関するFAQ

Q1.Microsoft EdgeでPDFを編集できないのはなぜですか?

Microsoft EdgeはPDF編集ツールではありません。代わりに、PDF閲覧機能を備えたWebブラウザーです。Microsoft EdgeのPDF表示エクスペリエンスでは、PDFにテキストコメントを追加したり、強調表示したり、描画したりすることができますが、その他の編集機能はありません。

したがって、PDFドキュメントを編集したい場合は、WindowsOSにはサードパーティのPDF編集ツールが組み込まれていないため、サードパーティ製のPDF編集ツールが必要になります。

Q2.Microsoft EdgeでPDFにページを追加するにはどうすればよいですか?

Microsoft EdgeのWebブラウザーはPDFドキュメントの表示には役立ちますが、PDFドキュメントにページを追加するのに十分な機能はありません。これを行う場合は、PDFドキュメントにページを追加する機能を備えたUPDFやAcrobatなどのサードパーティ製PDF編集ツールが必要になります。あるいは、PDFドキュメントをMSWordで開き、書式設定に問題があるページを挿入することもできます。

Q3.PDF Microsoft Edgeでページを分割することはできますか?

はい、Microsoft Edge Webブラウザーを使用してPDF内のページを分割することができます。10ページのPDFドキュメントがあり、それを2つの半分に分割したいとします。「印刷」オプションに移動し、「ページ」選択の下で、目的の範囲を入力するカスタム範囲を選択し、「印刷」をクリックします。これらのページは、名前を変更して保存すると、別のドキュメントとしてPCに保存されます。

Q4.EdgeでPDFから1ページを抽出するにはどうすればよいですか?

EdgeでPDFドキュメントを開き、「印刷」オプションを選択します。「ページ」の選択でカスタムオプションを選択し、抽出するページ番号を入力します。印刷オプションをクリックし、そのページのファイル名を入力します。「保存」をクリックすると、そのページがPDFドキュメント全体から抽出され、新しい名前の別のPDFドキュメントとしてPCに保存されます。

最後の言葉

PDFドキュメントの編集に関しては、人によってさまざまな要件があります。人によっては、強調表示したり、メモを取ったり、PDFフォームに記入したりするだけなので、Microsoft Edgeを使用してPDFを編集するだけで十分です。ただし、ほとんどの人は基本的なPDF編集よりも多くの機能を必要とするPDF編集要件を持っているため、これはすべての人に当てはまるわけではありません。

したがって、これらすべてのユーザーにとって、UPDFはMicrosoft Edgeよりもはるかに優れた選択肢となります。UPDFには、Edgeの3つの基本編集機能よりも多くの機能が詰め込まれています。さらに、他のユーザーと共同作業できます。AI機能により、編集と最適化が簡単になります。さらに、UPDFクラウド機能により、すべてのデバイス間で作業内容が同期されます。今すぐこのツールをダウンロードして、多様な機能を体験しましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。