UPDFサマーセールは今から始まる!一年分を購入すると、14か月分を獲得!お早めに!セールは7月25日まで。今すぐアップグレード!

医療でAIの活用法

近年、AIはヘルスケア分野を含む多くの分野で広く活用されています。今回は、UPDFのAIアシスタントを例に、AIがどのように医療分野で利用されているのかを見ていきます。

UPDFAIは、医療従事者、学生、患者が医療に関する疑問から貴重なインサイトを得ることを支援するために特別に設計されたアシスタントです。医療報告書の分析、一般的/複雑な医療質問への回答、医学書の要約/翻訳など、さまざまな機能を備えています。

パート1:AIを使って医療報告書を分析する方法


医療報告書には、患者にとって理解しにくい用語や数値がしばしば含まれています。報告書には現在、検査結果値と比較するための基準値が記載されていますが、現在の検査値が何を意味しているのか、混乱することがよくあります。

例えば、コレステロール値を検査した場合、LDL、HDL、トリグリセリドなどの用語とその対応する値が表示されることがあります。値が正常範囲内になければ、それについて詳しく知りたいと思うかもしれません。

UPDFのAIアシスタントのようなAI搭載チャットボットを使えば、こうした疑問を解決できます。UPDFのAI機能は、医療報告書を分析し、チャットボックスを使ってすべての疑問をクリアにすることができます。興味のある方は、無料でダウンロードして試してみることができます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

理解を深めるために、HbA1cと脂質プロファイル検査報告書のサンプルを見てみましょう。

HbA1cと脂質プロファイル検査報告書のサンプル

ご覧のように、検査結果は異常値を示しています。それでは、UPDFのAI機能を使って、AIがどのように医療報告書の分析に活用されているのかを見てみましょう。

AIには、医療報告書を分析し、質問に対応できる専用の「AskPDF」モードがあります。分析後、自動的に報告書全体の概要が提供されます。

報告書全体の概要

その後、UPDFAI機能を使ってより詳細な分析を行うための質問例をいくつか紹介します。

プロンプト#1:HbA1cとは何ですか?6.2%は心配な値ですか?

プロンプト#1

プロンプト#2:総コレステロール値が271mg/dLと高値なのは、どのような原因が考えられますか?

プロンプト#2

プロンプト#3:この医療報告書を見ると、今後どのようなステップを踏むべきですか?

プロンプト#3

ボーナスヒント

UPDFのデスクトップ版の代わりに、UPDFAI機能にオンラインでアクセスし、ブラウザから直接医療報告書を分析することもできます。
UPDFAI機能にオンラインでアクセスする

プロンプト#4:血液検査結果の要約をしてください

プロンプト#4

パート2.AIを活用した基本的な健康アドバイスの取得方法

医療報告書の分析以外にも、UPDFAIは基本的な健康アドバイスを得るのに役立ちます。例えば、医師であれば患者からの質問に対して補足説明ができるようにしたり、患者であれば自分の症状や治療法、注意事項などについて疑問を解消するために質問することができます。
UPDFAIの「Chat」機能は、チャット形式の対話を通じてAIが基本的な健康アドバイスを生成します。症状を尋ねたり、その後の経過についてやり取りをすることもできます。ここでは、生成型AIがどのように医療関連の質問に答えているのかを見てみましょう。UPDF.aiのウェブサイトにアクセスするか、UPDFデスクトップアプリの「Chat」モードを利用して、以下の質問例を試してみましょう。

病因の予備的分析

プロンプト#1:3週間以上続く咳の原因は何ですか?(3つの説明、それぞれ100文字以内)

病因の予備的分析のプロンプト#1

プロンプト#2:25歳ですが、関節痛が続いています。よくある原因は何ですか?

病因のプロンプト#2

プロンプト#3:18歳の男性が過去6ヶ月にわたり慢性的な腹痛を訴えています。痛みの場所は特定できず、主に食後や時々膨満感や下痢を伴います。大幅な体重減少や食欲の変化はない。腹痛の原因として何が考えられるか、またどのような予備検査を考慮すべきか

病因のプロンプト#3

プロンプト#4:30歳の女性が、運動時に左腕と顎に放射する断続的な胸痛を訴えています。家族には心血管疾患の歴があります。考えられる原因は何ですか?また、最初にすべき検査は何ですか?

病因のプロンプト#4

回復のためのアドバイス

プロンプト#1:足首を捻挫し、腫れと痛みがあります。回復を早めるための効果的な自宅での治療や運動を教えてください。

回復のためのアドバイスプロンプト#1

プロンプト#2:50歳で最近型2糖尿病と診断された患者さんが血糖値のコントロールに苦労しています。回復と状態の管理を助けるための生活習慣改善や食事調整にはどのようなものが勧められますか?

回復のためのプロンプト#2

プロンプト#3:患者さんが重度の関節炎に対する推奨される治療法を受けるのをためらっています。懸念事項に答えつつ、処置の詳細についても説明する2種類の返答を書いてください。(それぞれ150文字以内)

回復のためのプロンプト#3

プロンプト#4:若い成人患者さんが重度の不安とストレス関連の症状を呈しています。回復と精神状態の改善を助けるための戦略や治療アプローチにはどのようなものが勧められますか?

回復のためのプロンプト#4

健康に関する質問への回答

プロンプト#1:患者さんが処方された高血圧の薬の副作用を心配しています。懸念事項に答えつつ、安心させるような3種類の返答を書いてください。(それぞれ150文字以内)

健康に関する質問への回答プロンプト#1

プロンプト#2:最近、高コレステロールと診断されました。コレステロール値をコントロールするためにどのような食事療法を行うべきか教えてください。

健康に関する質問への回答プロンプト#2

プロンプト#3:頻繁に偏頭痛が起こります。頻度と強度を減らすための生活習慣の改善や自宅での治療法を教えてください。

健康に関する質問への回答プロンプト#3

プロンプト#4:若い成人患者さんが植物性食品を中心とした食事の利点について尋ねています。植物性食品を中心とした食生活への移行による栄養バランスと健康上の潜在的な利点について、包括的なアドバイスを与えてください。

健康に関する質問への回答プロンプト#4

症状の理解

プロンプト#1:子供の腕と脚に発疹ができました。考えられる原因と、すぐに医師の診察が必要かどうかを教えてください。

症状の理解のためのプロンプト#1

プロンプト#2:疲労感があり、時々頭痛がします。これらの症状が何を示しているのか、次に取るべきステップは何なのか理解するのを助けてください。

症状の理解のためのプロンプト#2

プロンプト#3:患者さんが息切れと胸部圧迫感の症状を訴えています。このような症状をどのように評価し、診断と治療のための適切な次のステップをどのように決定するかを概説してください。

症状の理解のためのプロンプト#3

パート3.AIを活用した医療文献の理解と学習

教員、学生、研究者もまた、AIを活用して医療文献を読む際の理解を深めることができます。UPDFのAIアシスタントを使えば、次のようなことが可能になります。

  • 書籍のページ、章、特定セクションのサマリー作成
  • 書籍のページや特定の段落の翻訳
  • 複雑な医学用語や概念の説明
  • 医療系書籍の推薦
  • 他にもっとある

以下では、AIが医療文献の理解においてどのように役立つのか、具体的なプロンプトを使って見てみましょう。

海外の医療文献の翻訳

UPDFのAI機能は、以下の3つの方法で海外の医療文献を翻訳できます。

方法#1:書籍から直接テキストを選択して翻訳

海外の医療文献の直接翻訳

文献名:「法医学と毒物学」(著者:クリシャン・ヴィジ)

方法#2:クイックプロンプトを使って、単一または複数のページを翻訳

単一または複数のページを翻訳

方法#3:コピーしたテキストをプロンプトを使って翻訳

プロンプト#1:このテキストをフランス語に翻訳してください:[テキストを貼り付け]

プロンプトを使って翻訳する

医学用語の解説

UPDFのAIアシスタントは、以下の2つの方法で複雑な医学用語の説明を得るのに役立ちます。

方法#1:書籍から直接用語を選択して説明を表示

医学用語の解説

方法#2:プロンプトを使って医学用語の説明を取得

プロンプト#1:「喉頭けいれん」とはどういう意味ですか?簡単な言葉で説明してください。

プロンプトを使って医学用語の説明を取得するプロンプト#1

プロンプト#2:なぜ淡水での溺死は4~5分で起こるのに、海水では8~12分かかるのでしょうか?

プロンプトを使って医学用語の説明を取得プロンプト#2

医療文献のサマリー作成

翻訳と同様に、UPDFのAI機能は、以下の3つの方法で医療文献のサマリーを作成できます。

方法#1:書籍から直接段落を選択してサマリーを作成

医療文献のサマリー作成

方法#2:クイックプロンプトを使って、単一または複数のページのサマリーを作成

プロンプトを使って、サマリーを作成

方法#3:プロンプトを使ってカスタマイズされた出力で書籍全体のサマリーを作成

プロンプト#1:書籍全体を500文字以内で要約してください。

プロンプト#1でサマリーを作成する

プロンプト#2:書籍から5つの重要ポイントを要約して抽出してください。

プロンプトで書籍から5つの重要ポイントを要約して抽出する

Prompt#3:2章を300文字以内の箇条書きで要約してください。

プロンプトで箇条書きで要約する

読む価値のある医学書の推薦

プロンプト#1:医学の学生ですが、解剖学の理解を深めたいと思っています。包括的で理解しやすい解剖学の必須書籍を3冊推薦してください。(150文字以内の推薦文)

医学書の推薦に関するプロンプト#1

プロンプト#2:一般開業医として、鑑別診断への知識を深めたいです。鑑別診断に関する実践的なアプローチと症例研究を提供している必読の書籍を2冊提案してください。(各書籍の簡単な説明を含めてください)

医学書の推薦に関するプロンプト#2

プロンプト#3:精神医学の初心者です。精神医学の概念と治療法に関する確固たる基礎を築く入門書を探しています。精神医学に関する初心者向けの3冊の書籍とその概要をお勧めしてください。

医学書の推薦に関するプロンプト#3

プロンプト#4:臨床スキルと患者ケア技術を向上させたい看護師です。実用的で最新の情報が記載された評価の高い看護教科書やガイドラインをいくつか提案してください。(各書籍の主な特徴と利点の概要を含めてください)

医学書の推薦に関するプロンプト#4

ボーナス:UPDFのAI機能のその他の活用方法

これまでの説明では、UPDFのAIアシスタントを利用した医療分野でのAI活用について見てきました。しかし、UPDFのAI機能は上記以外にも様々な活用が可能です。

UPDFのAIアシスタントは、究極のPDFAIアシスタントとチャットボットです。そのため、以下のような多くの目的にも使用できます。

  • ほぼすべての言語にテキストを翻訳
  • UPDFのOCR機能とAIアシスタントを使用して、スキャンされたPDFや画像を翻訳
  • アイデア出しやブレインストーミングの支援
  • ブログ記事、電子メール、マーケティングコンテンツなど、幅広いジャンルのライティング支援
  • 文章の言い回しを改善するための書き換え
  • コンテンツの校正と文法エラーの修正
  • ドキュメントから要点や重要ポイントを抽出してサマリーを作成
  • 関連情報を検索することでリサーチを支援

UPDFのAIアシスタントは、医療分野以外にも、人事、電子商取引、教育、金融、カスタマーサービス、マーケティングなど多くの分野で活用できます。UPDFのAI機能を最大限に活用するには、適切なプロンプトを使用するだけです。

結論

AIが注目を集める昨今、医療分野においてもAIの活用法が盛んに研究されています。本ガイドでは、UPDFのAIアシスタントがプロンプトと呼ばれる指示を使って、医療報告書の分析、医療に関する質問への回答など、様々な医療関連タスクをどのように支援できるのかを具体例と共に紹介してきました。もう悩む必要はありません!今すぐUPDFを手に入れて、AIチャットボットを活用し、医療分野での活動のサポートをとってみませんか。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

Skip to toolbar Log Out