UPDFサマーセールは今から始まる!一年分を購入すると、14か月分を獲得!お早めに!セールは7月25日まで。今すぐアップグレード!

Excelで ChatGPT を使う方法 (簡単ガイド)

この記事では、エクセルで ChatGPT を活用する方法をご紹介します。初心者の方でも、すでにエクセルを使いこなしている方でも、作業効率を向上させるための実践的な知識が得られます。

ChatGPT の使用と、UPDFなどの ChatGPT 代替ツール の両方をご紹介します。

より安価で ChatGPT 4 を搭載し、作業効率を向上させる機能が豊富なツールをお探しの方は、以下のボタンをクリックして UPDF を直接ダウンロードし、お使いください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ステップバイステップガイド:エクセルで ChatGPT を使う方法

ChatGPT は、強力な AI 言語モデルで、エクセルでの作業を強化することができます。ChatGPT を使えば、数式を作成したり、タスクを自動化したり、エラーをトラブルシューティングしたりすることができます。ここでは、エクセルでよくある面倒な手動作業を自動化するための手順を説明します。エクセル初心者の方でも、ChatGPT を使って数式を学習したり、独自の数式を作成したり、以下のセクションのようにさまざまなタスクを自動化したりすることができます。

1. ChatGPT を使ってエクセルで数式を作成して実装する方法

エクセルでの数式の作成と実装は、時間がかかり、エラーを起こしやすいものです。ChatGPT は、数式の提案、ガイダンスの提供、作業の徹底的な確認をしてくれることで、このプロセスを支援してくれます。

ChatGPT を使って数式を作成するには、単に数式に何をさせたいかを説明します。例えば、「B2からB24までの製品ごとに販売された SKU の合計を計算したい」と言えばよいのです。すると、ChatGPT は使用できる数式を提案してくれます。例えば、次のような数式が得られます:=SUMIF(A2:A24, "Product Name", B2:B24)

ChatGPT を使って数式を作成できる例をいくつかご紹介します。

  • 総売上高の計算
ExcelでChatGPT利用

ChatGPT を使って、スプレッドシート内の各製品の総売上高を計算することができます。これを行うには、ChatGPT に「A2 から D10 までの各製品の総売上高を計算したい」などと言葉で伝えます。すると、ChatGPT は次のような数式を提案してくれます。

コードスニペット

==SUMIFS(D2:D10, A2:A10, "Product Name")

この数式は、A2 から D10 セルにある各製品の売上高を表す値を合計します。

  • 範囲内の値の平均を求める

ChatGPT を使って、スプレッドシート内の範囲にある値の平均を求めることができます。これを行うには、ChatGPT に「A2 から A10 までの各製品の売上高の平均を求めたい」などと言葉で伝えます。すると、ChatGPT は次のような数式を提案してくれます。

コードスニペット

=AVERAGE(A2:A10)

この数式は、A2 から A10 セルの値 (各製品の売上高を表す) の平均を求めます。

  • の最大値または最小値を求める

ChatGPT を使って、スプレッドシート内の範囲にある値の最大値または最小値を求めることができます。これを行うには、ChatGPT に「各製品の最大売上高を求めたい」などと言葉で伝えます。すると、ChatGPT は次のような数式を提案してくれます。

コードスニペット

=MAX(A2:A10)

この数式は、A2 から A10 セルの値 (各製品の売上高を表す) の最大値を求めます。

  • 範囲内の最頻値を求める方法

You can use ChatGPT to find the mode of a range of values in a spreadsheet. The mode is the value that appears most frequently in a range. To find the mode, you would simply describe the task to ChatGPT, such as "I want to find the mode of the sales for each product." ChatGPT would then suggest the following formula:

スプレッドシート内の値の範囲の最頻値を見つけるには、ChatGPT を使用できます。最頻値とは、範囲内で最も多く出現する値のことです。最頻値を求めるには、ChatGPT に「商品の販売数の最頻値を求めたいですなどのように、タスクを簡単に説明します。すると、ChatGPT は次のような数式を提案してくれます。

コードスニペット

=MODE(A2:A10)

この数式は、A2セルからA10セルまでのセルの値の最頻値を見つけます。これらのセルは、各商品の販売数を表しています。

2. ChatGPT を使ったタスクの自動化

ChatGPT は、Excel でのタスクの自動化にも使用できます。これにより、多くの時間と労力を節約できます。タスクを自動化するには、自動化したい内容を ChatGPT に説明するだけです。たとえば、「毎週、営業レポートをチームにメールで送信したいです」と言うことができます。ChatGPT は、タスクを自動化する VBA マクロを生成します。

ChatGPT を使ってタスクの自動化ができる例をいくつか紹介します。

  • メール送信
ExcelでChatGPT利用

ChatGPT を使用して、自動的にメールを送信できます。これを行うには、ChatGPT にタスクを説明するだけです。「毎週、営業レポートをチームにメールで送信したいです」などと言えばよいでしょう。ChatGPT は、タスクを自動化し、手作業を簡素化する VBA マクロを生成します。

ChatGPT を使ってメール送信を自動化する 1 つの方法は、関連する VBA マクロを作成するように依頼することです。この方法は、上記の説明した手順と似ています。たとえば、会社の上級管理職の電子メール アドレスのリストがあり、第 1 四半期の収益レポートを電子メールで送信する必要があるとします。ChatGPT に VBA マクロの作成を依頼する方法は次のとおりです。

  1. Excel を開いて新しいスプレッドシートを作成
  2. スプレッドシートで、列 A に上級管理職チームの電子メール アドレスを入力
  3. B に、メールの件名を入力
  4. 列 C に、メールの本文を入力
  5. 列 A、B、C のセルを選択
  6. 「開発」タブをクリックし、「Visual Basic」ボタンをクリック
  7. Visual Basic Editor で、新しいモジュールを作成
  8. 新しいモジュールに、以下のコードを入力

コードスニペット:

Sub SendEmails()

'このマクロは、列 A の電子メール アドレスの一覧に電子メールを送信します。 

Dim i As Integer

For i = 1 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

'メールを送信します

SendKeys "{Ctrl}{Alt}{Enter}"

Next i

End Sub

モジュールを保存してから、Visual Basic Editor を閉じる

「開発」タブをクリックし、「マクロ」ボタンをクリック

マクロ ダイアログ ボックスで、「SendEmails」マクロを選択し、「実行」ボタンをクリック

このコードは基本的な例ですのでご注意ください。件名や本文など、電子メール メッセージの他のプロパティは考慮されていません。もっと複雑な電子メールを送信したい場合は、コードをそれに応じて変更する必要があります。

電子メールの送信を自動化するだけでなく、ChatGPT を使用して、Excel でデータの分析と視覚化を行うこともできます。たとえば、ChatGPT にスプレッドシートのデータに基づいてグラフやピボットテーブルを作成するように依頼できます。ChatGPT は、遭遇したエラーの詳細を指定することで、Excel の問題のトラブルシューティングにも使用できます。

ChatGPT はまだ Excel で習得していないことがいくつかありますが、スプレッドシートのプロになるための強力なツールです。

  • スプレッドシートの更新

ChatGPT を使用して、スプレッドシートを自動的に更新できます。これを行うには、ChatGPT にタスクを説明するだけです。「営業レポートを毎日午後 5 時に更新したいです」などと言えばよいでしょう。ChatGPT はコマンドに従って、特定の時間に更新を提供します。つまり、完全に自動化された更新受信システムが得られます。

  • レポートの作成

ChatGPT を使用して、レポートを自動的に作成できます。これを行うには、ChatGPT にタスクを説明するだけです。「毎月の商品の販売額を示すレポートを作成したいです」と言えばよいでしょう。ChatGPT は、タスクを自動化する VBA マクロを生成します。

  • エラートラブルシューティング 

ChatGPT を使えば、Excel で発生したエラーを簡単にトラブルシューティングできます。

  • エラーを詳しく ChatGPT に説明しましょう。より具体的であればあるほど、ChatGPT はエラーを理解しやすく、解決策を提供してくれます。
  • 可能であれば、ChatGPT にエラーのスクリーンショットを提供しましょう。これにより、ChatGPT はエラーを確認し、より理解しやすくなります。
  • ChatGPT と話すときは自然言語を使用しましょう。これにより、ChatGPT とのコミュニケーションが容易になり、望ましい結果が得られます。

以下の例は、これらのヒントを使って Excel のエラーをトラブルシューティングする方法です。

  • 「この範囲の値を合計しようとするとエラーが発生します。エラーメッセージは '#DIV/0!' です。」
  • 「このデータをフィルターしようとするとエラーが発生します。エラーメッセージは '入力したデータが無効です' です。」
  • 「このグラフを作成しようとするとエラーが発生しています。エラーメッセージは 'グラフを作成できません' です。」

Excel 用のChatGPT の代替品の使い方

UPDF は、PDF ファイルからデータ抽出、数式の作成、タスクの自動化などができる強力なツールです。

さらに、最近では最新の AI 技術 (ChatGPT 4) を搭載し、Excel ファイルとの対話やチャット、数式の作成、メールの自動化などが可能になりました。PDF 文書内のグラフを分析できる UPDF は、特に大量のデータを含む複雑な Excelファイルに最適なAI文書分析ツールです。

まずはダウンロードして、そしてPDF から Excel にデータを抽出したり、Excel とやり取りしたり、数式を作成したり、タスクをスムーズに自動化したりできます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ExcelでChatGPT利用

UPDF を使って Excel の数式を作成する方法

UPDF は ChatGPT 4 と統合されているため、ChatGPT ができることはすべて実行できます。UPDF を使って Excel の数式を簡単に作成できます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ステップ1.まず、お使いのコンピューターに UPDF がインストールされていることを確認してください。次に、コンピューター上の任意の PDF ファイルを UPDF で開きます。

ステップ2. 「UPDF AI」アイコンをクリックして「チャット」を選択すると、チャットモードになります。その後、UPDF に対して Excel の数式作成を依頼できます。

ExcelでChatGPT利用

ステップ 3. 例えば、B2 セルから B20 セルまでの範囲の平均を求める式が欲しい場合は、「B2 から B20 の平均を計算して」と入力します。すると、UPDF がその式を生成してくれます。他のタスクでも同様です。

ExcelでChatGPT利用

UPDF を使って Excel のタスクを自動化(メール送信の例)

UPDF は、Excel のタスクを自動化することもできます。ここでは、メール送信を例に説明します。まだ UPDF をインストールしていない場合は、以下のリンクからダウンロードして、手順に従って試してみましょう。

無料ダウンロード

ステップ1.まず、コンピューター上の任意のPDFファイルを開き、UPDF AIのアイコンを探して起動してください。

ステップ 2. チャットモードに切り替えたら、UPDF AIに質問を入力します。例えば、「ExcelのA列に顧客メールアドレス、B2セルにメールタイトル、B4セルにメール内容があるのですが、自動的にメールを送信するにはどうすればよいですか?」と入力します。入力すると、UPDF AIが手順を教えてくれます。

ExcelでChatGPT利用

しかし、手順1を実行しようとすると機能しない場合は、再度 UPDF AI に質問してみてください。

ExcelでChatGPT利用

エクセルからデータ抽出する方法

ステップ1.まずは、お使いのコンピューターで Excel ファイルを作成します。次に、UPDF を開き、ホームインターフェースにある「ファイルを開く」領域に、その Excel ファイルをドラッグ アンド ドロップします。

ステップ2.「UPDF AI」アイコンをクリックし、「開始」をクリックして、Excel を UPDF AI にアップロードします。すると、UPDF AI が Excel の内容を分析します。

ステップ3. 分析後、Excel の内容について質問することができます。例えば、「ChatGPT for Excel」のキーワードのボリュームと難易度を知りたい場合は、「ChatGPT for Excel のキーワード難易度を教えてください」と「ChatGPT for Excel の検索ボリュームを教えてください」と質問してみてください。すると、すぐに回答が得られます。

ExcelでChatGPT利用

UPDFはExcelだけでなく、さまざまなタスクを支援します。以下はその一例です。

  • PDF要約: 新しい要約機能を使用すると、長いPDFドキュメントから重要な情報と要点​​を抽出できます。これにより、長い内容を確認する際の時間と労力を節約できます。
  • 用語解説: UPDFのAI統合機能は、用語の即時説明機能を提供します。読み取り中や学習中に、特定の用語や概念の定義と説明をすぐに取得できます。特に馴染みのない用語の場合に便利です。
  • PDFファイルの翻訳: 外部ツールを使用しなくても、UPDFはAIの助けを借りてPDFファイルを任意の言語に翻訳できます。
  • データ分析: ExcelからPDFに変換されたデータを使用して、UPDFはプロンプトに従ってデータ分析を支援します。これにより、データの理解が深まります。
  • PDFの編集、OCR、注釈付け、圧縮、変換、作成などのPDF機能

UPDFの詳細については、以下の動画ガイドをご覧ください。

UPDFは、ユーザーの生産性を向上させ、PDFドキュメントワークフローを最大限に活用できる魅力的なツールです。ぜひ今日からお試しください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ExcelでChatGPT利用するについてよくある質問

Q1. ChatGPTはExcelデータを分析できますか?

はい。ChatGPTは、Excelデータを分析できます。ExcelをChatGPTにアップロードすると、分析や要約、その他の処理を行うことができます。

Q2. Excelで ChatGPTを使用する方法は?

ChatGPTをExcelで使用するには、「ChatGPT for Excel」アドインを活用できます。Excelを開き、「ホーム」タブの「アドイン」をクリックし、「ChatGPT for Excel」を検索してExcelに追加します。次に、空白セルに「=ai.」と入力すると、使用できる関数のリストが表示されます。これらの機能を使用する方法については、こちらのビデオガイドをご覧ください。

Q3. ExcelをChatGPTにアップロードするには?

ExcelをChatGPTにアップロードするには、ChatGPT Plusが必要です。アカウントでサインインし、ChatGPT 4を選択し、「+」をクリックしてExcelをChatGPTにアップロードできます。

結論

以上のように、ChatGPT for Excelを使用して作業効率を向上させることができます。ただし、ChatGPTはAI機能しかないため、UPDFをお勧めします。UPDFのAI機能を使えば、ChatGPTと同様にExcel上で作業でき、さらにOCR、編集、変換、圧縮、注釈付けなどのPDF機能も利用できます。ぜひ、こちらからUPDFをダウンロードして、ご自身でお試しください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。