爽やかなPDFの読書体験|UPDFで60%割引、無料ギフトをゲット詳しく見る

SciSpaceはどのくらい役に立ちますか?もっと良い選択肢とは?

新しいAIツールが頻繁にリリースされるため、どれが時間をかける価値があるかを判断するのは困難です。新しいソフトウェアには学習曲線があり、使い方を学んだ後で思ったように機能しないとイライラすることもあります。SciSpaceは、研究論文をよりアクセスしやすくすることに重点を置いたAIを活用したツールです。複雑な学術文書を説明し、関連する論文を特定できるため、研究者がインターネットを検索する時間を短縮できます。SciSpaceについて詳しく説明し、便利な代替手段についても説明します。詳細を確認するために、ぜひ最後までご覧ください。

パート1:SciSpaceに関する

まずはツールの概要を理解することから始めましょう。

その主な機能を確認し、価格を確認してから、実際にそのペースを試して、どのように機能するかを感じてください。

SciSpaceは何をするのですか?

特定の分野の文献の概要を把握しようとすると、多くの場合、内容の濃い学術的な文章を読み進める必要があり、簡単に多くの時間を消費してしまうことがあります。SciSpaceは、このようなタスクに費やす時間を削減し、あなたが自分にしかできない仕事に専念できるようにすることを目指しています。

SciSpaceを使用するには、WebサイトとChrome拡張機能の2つの主な方法があります。

ウェブ:

scispace

Google拡張機能:

scispace

注意

この記事は、研究論文との直接対話を容易にする包括的なAIを活用したPDFエディターであるUPDFによって作成されています。研究論文をUPDFにドラッグアンドドロップするだけで、要約、翻訳、または内容の説明が表示されます。ダウンロードして購入すると、その可能性を最大限に発揮できます。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

SciSpaceの主な特徴

  • 複雑な文章を理解するのに役立ちます。関連するセクションをハイライト表示するだけで、SciSpaceがそれを要約または説明します。
  • テキストに取り組むのに役立つフォローアップの質問をして、トピックをさらに深く掘り下げます。
  • 研究論文を簡単にフォーマットし、出版前にプレビューできます。
  • 「変更の追跡」機能を使用してプロジェクトで共同作業し、SciSpaceの提案を活用して作業を改善します。
  • 盗作とAIの検出。
  • 一般的な形式で引用を作成できる引用ジェネレーター。

SciSpaceは無料で使用できますか?

SciSpaceの基本プランは無料ですが、ご想像のとおり、利用可能な検索と出力の数には制限があります。ただし、ツールのパフォーマンスを確認するには十分すぎるため、無料プランを始めるのが最適な方法です。

プレミアムプランにアップグレードする場合、現在月額12ドルかかります。有料プランでは、出力数の制限がなくなり、強化された回答が提供され、新機能への早期アクセスが提供されます。

scispace

やってみよう

新しいツールについて学ぶための最良の方法は、自分で実際に使ってみることです。私たちはまさにそれを実践しました。SciSpaceのホームページには提案のリストがあり、簡単に実験できるようになっています。

scispace

最初の質問「気候変動は生物多様性にどのような影響を与えますか?」をクリックしました。検索フィールドを使用して、任意のトピックに関する論文を検索することもできます。

次の画面では、「Insight from top 5papers」が開き、文献の広範な概要が各研究論文にリンクされている脚注とともに表示されます。

scispace

下にスクロールすると、論文、タイトル、著者、リンクなどに関する簡単な詳細が1列にまとめられたグラフが表示されます。次に、2番目の列には、各論文からの主な洞察を要約した1つまたは2つの文が含まれています。

scispace

各論文について、「Ask Copilot」ボタンをクリックできます。これにより、さまざまな質問をする機会が得られます。提案された質問のリストと、独自の質問を入力できるテキストボックスがあります。

「これらの論文が示唆する将来の研究の方向性や未回答の質問はありますか?」を選択しました。これにより、関連する点の箇条書きリストが表示されます。これは、独自の研究を計画している人、またはギャップを埋めるための論文を探している人に役立ちます。

scispace

個々の研究論文をクリックすると、同様の方法でその論文を調べることができます。たとえば、SciSpace  Copilotに論文の要約、説明、または論文の主な結論の概要を依頼できます。繰り返しますが、事前に入力された質問の例のリストがあり、独自の方法で質問するオプションもあります。

AI要約ツールを見ているときに、ChatGPTとUPDFを比較するGPTを利用した研究論文要約ツールという別の投稿もチェックしてみてください。

この主な機能の簡単な説明に基づいて、SciSpaceはトピックを最初に読むのに費やす時間を短縮できるツールです。明らかに、自分で論文を読む必要性を排除できるAIツールはありません。このようなツールに過度に依存しないことが重要です。ただし、あるトピックに関する文献の基本的な概要を得る方法としては、SciSpaceが適しています。

SciSpace CopilotのChrome拡張機能を使用する

SciSpaceのChrome拡張機能は、インターネット上のどこでも使用できる点を除けば、メインツールと同様に機能します。

拡張機能をインストールしたら、ツールバーの「SciSpace」ボタンをクリックするだけです。これを実行すると、新しいペインが表示され、SciSpaceにさまざまなアクションの実行を依頼できるようになります。ここでも、独自の質問を作成するためのオプションの選択とテキストボックスが提供されます。

これは上で参照したのと同じ気候変動に関する論文ですが、別のWebサイトにあります。ご覧のとおり、ここには同じ範囲のオプションがあります。

scispace

さらに、記事内のテキストをハイライト表示して、SciSpaceに説明を依頼することもできます。「green house gases」という用語の説明を求めたときに何が起こったかを次に示します。

scispace

ブラウザにSciSpace Copilotの拡張機能があると、読んでいる内容に簡単に取り組むことができます。

SciSpaceを使用して執筆を支援する

上記で詳しく説明した読み取り機能に加えて、SciSpaceは独自の論文の作成とフォーマットの作成にも役立ちます。SciSpaceのTypeset editorを使用すると、研究結果をツールに直接入力でき、作業を容易にするさまざまな機能を備えています。たとえば、方程式をフォーマットしたり、さまざまなスタイルで参考文献を作成したりできます。エディターには何千もの日記テンプレートから選択できるため、テキストを適切に書式設定することが簡単にできます。MSWordから論文をインポートして、書式設定ツールを使用することもできます。

✎関連記事:無料のAIライティングおよびAIテキスト生成ツール11選

UPDFAIも選択肢の1つです

研究論文の理解を助けるAIツールを調査しているときは、UPDF AIを見逃すことはできません。このソフトウェアは、以下で説明するように、同様の範囲のオプションを提供します。複雑な文章をすばやく要約できるため、学術論文を読み込むのに何時間も費やすことなく情報を吸収できます。

UPDFがどのように機能するかを詳しく知りたい場合は、今すぐダウンロードして自分で試してみてはいかがでしょうか?

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート2:SciSpaceの代替としてUPDF AIを使用する

上で示唆したように、UPDFのAI機能は、研究論文の読み取りと作成の両方に役立ちます。これはSciSpaceの優れた代替品であり、価格も低めです。SciSpaceのプレミアムプランは月額12ドルですが、UPDFAIは月額1,200円です。

上記で詳しく説明したテストプロセスを使用して、UPDFがSciSpaceと比較してどの程度優れているかを見てみましょう。

気候変動に関する論文をPDFとしてダウンロードし、UPDFで開き、スクリーンショットにマークされているAIボタンをクリックしてAIツールを開きました。

AI UPDF

「PDFで聞く」を選択して「始める」ボタンをクリックすると、UPDFが論文全体の概要を生成するように求められます。

要約の説明があり、その後、論文の各セクションを要約するための箇条書きが表示されます。UPDFの最後には、読んだ内容の理解を確認するための質問も用意されています。

AI UPDF

UPDFの概要は、SciSpaceが提供するものよりも徹底的でアクセスしやすいものでした。

次に、我々はSciSpaceと同じ質問をUPDFに尋ねました。「これらの論文が示唆する将来の研究の方向性や未回答の質問はありますか?」UPDF AIは、研究論文全体ではなく、生成された要約に基づいて質問に答えることで機能します。

答えが明確で理解しやすく、論文の主要な原則に関連するものであるため、ニーズによっては、これが役立つ場合があります。

UPDFは、研究論文をすばやく簡単に読んで理解するのに役立ちます。ほとんどのサイトでは学術文書をPDF形式でダウンロードでき、UPDFで直接開くことができます。

PDF形式の用紙がない場合は、UPDFを使用してさまざまなファイルタイプからPDFを作成できます。これは、研究論文をUPDFにインポートする簡単なプロセスであることを意味します。

ドキュメントをUPDFで開くと、「PDFで聞く」機能を使用してドキュメントの要約、翻訳、説明を簡単に行うことができます。

AI機能が書き直しや文法チェックなどを支援してくれるため、研究論文を書く際にも強力なツールになります。

UPDFをダウンロードしてAI機能を試すのは無料なので、現在のプロジェクトで試してもリスクはありません。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート3:SciSpaceの読み取りとUPDFの比較

では、これら2つのツールをどのように並べて積み重ねるのでしょうか?SciSpaceとUPDFの両方の無料プランと有料プランが何を提供するのかを確認し、どちらが最も価値があるかを評価してみましょう。

以下の表に、無料プランとプレミアムプランの両方を示し、情報に基づいて決定できるように、それぞれの機能と制限を示します。

料金計画特徴SciSpaceUPDF AI
無料プランファイルサイズ100MB/ファイル100MB/ファイル
ファイルあたりのページ数100100
アップロード数制限については言及されていない3
質問数制限については言及されていない100
サポートされている形式.pdf、.docx、.doc.pdf、.docx、.doc、.ppt、.xlsx、および.vsdx(WindowsおよびMacバージョン、UPDFにドラッグアンドドロップ)
オフライン機能  
PDF注釈  
PDF編集  
プロプラン料金144ドル/年1,200円/月
8,200円/年
ファイルサイズ制限については言及されていない2GB/ファイル
ファイルあたりのページ数制限については言及されていない1000
アップロード数制限については言及されていない100/月
質問数制限については言及されていない1000/月
サポートされている形式.pdf、.docx、.doc.pdf,.docx,.doc,.ppt,.xlsx,.vsdx,画像(Windows &Mac version,UPDFにドラッグアンドドロップ)
オフライン機能  
PDF注釈  
PDF編集  
UPDFのレビュー動画

結論

UPDF AIとSciSpaceはどちらも、研究論文の作成、読み取り、取り組みに役立つ強力なAIツールです。SciSpaceは完全に研究に焦点を当てています。科学的および学術的文書を専門としています。UPDFはPDFドキュメントを操作するための完全なツールスイートであり、AIパッケージを追加すると、科学論文だけでなくあらゆるテキストをより効果的に扱うことができます。

UPDFの機能は、プロジェクトでの共同作業に関してもSciSpaceよりも優れています。テキストを強調表示して注釈を付ける機能により、共同編集プロセスがはるかに効率的になります。

以下のボタンをクリックし、このソフトをダウンロードします。UPDF AIを見て、それがどのように役立つかを確認してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。