UPDFサマーセールは今から始まる!一年分を購入すると、14か月分を獲得!お早めに!セールは7月25日まで。今すぐアップグレード!

弁護士として AI を活用する方法:プロンプトを使用した包括的ガイド

現代における AI の台頭は目覚ましいものがあります。しかし、まだ AI の真の可能性を十分に活用できていない分野も数多く存在します。その一つが法曹界です。今日、AI は弁護士としての役割を果たし、契約の分析、法的調査など、法的問題を抱える弁護士とクライアントを支援するツールとして活用されつつあります。そこで、本ガイドでは、プロンプトを使用した事例を通して AI の活用場面を説明し、弁護士として AI を活用する方法について詳しく解説します。

パート 1. 将来、 AI は弁護士に取って代わるか?

AI は反復的なタスクの処理や、文書や特定のトピックに関する調査を行う能力に優れています。しかし、人間弁護士が持つような戦略的思考や判断力を持ち合わせていません。そのため、AI が将来的に弁護士に取って代わる可能性は低いでしょう。

法曹界における AI の主な役割は、弁護士の日々の活動を支援する仮想アシスタントです。たとえば、UPDF の AI アシスタントは以下のような点で弁護士を支援する強力な機能です。

  • 法律文書の要約/分析
  • 契約の作成
  • 契約におけるリスク要因の把握
  • 法務調査
  • クライアントとの効果的なコミュニケーション

つまり、UPDF の AI アシスタントや同様の AI ツールは、弁護士の能力を向上させる貴重なアシスタントであり、決して弁護士に取って代わるものではありません。それでは、AI の活用方法と、弁護士やクライアントがどのように AI を活用できるのかについて詳しく見ていきましょう。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

パート 2. 弁護士として AI を活用して契約を要約/生成する方法

法律契約は通常、長文で、内容を理解するにはかなりの時間が必要です。同様に、法的契約を作成する場合も、重要な条項をすべて含み、法的基準に沿ったものにするために適切な時間が必要です。たとえば、雇用契約を作成するには、雇用条件の詳細、守秘義務契約、その他の規制遵守事項を適切に盛り込む必要があります。

AI は、契約の理解や新規契約の作成における弁護士の仮想的な仲間です。たとえば、UPDF の AI 機能には専用の「Ask PDF」モードがあり、契約全体、特定のページ、または契約から選択したセクションの概要をすばやく取得できます。さらに、「チャット」モードを利用して契約の下書きを作成し、その後最適化を行うことができます。

以下は、弁護士として AI を活用して契約を要約/生成する方法を理解するためのプロンプトです。

プロンプト #1: 賃貸借契約書の全文を 500 語以内に要約し、賃料条件、メンテナンス責任、解約条件などの主要条項に焦点を当てます。重要条項を箇条書きのリストにして、簡単に参照できるようにしてください。

弁護士として AI を活用する方法

文書の出典: Consumer.gov

ボーナスヒント

UPDF AI 機能のクイックプロンプトを使用して、契約の特定ページや選択したセクションの概要を取得することもできます。
弁護士として AI を活用する方法
弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #2: このパートナーシップ契約の概要を簡潔に説明してください。所有権構造、利益配分、意思決定プロセス、紛争解決メカニズムに焦点を当て、500 語以内で説明してください。

弁護士として AI を活用する方法

文書の出典: NYGPADMIN

プロンプト #3: このソフトウェアライセンス契約書における知的財産権に関する条項を特定してください。付与されるライセンスの範囲、使用制限、および知的財産権の所有権条件の概要を説明してください。

弁護士として AI を活用する方法

文書の出典: Nearinc

プロンプト #4: ソフトウェア開発プロジェクト専用の守秘義務契約を作成してください。知的財産権、機密保持義務、紛争解決メカニズムに関する条項を含めてください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #5: AI 駆動のソフトウェアソリューションを専門とするテクノロジー スタートアップのための包括的なパートナーシップ契約を作成してください。所有権構造、利益配分取決め、意思決定プロセス、紛争解決メカニズムに関する詳細な条項を含めてください。地方自治体の営業規制への遵守を確保し、知的財産権、貢献、および負債に関する責任を概説してください。

弁護士として AI を活用する方法

パート 3. 弁護士として AI を活用して契約レビューを行う方法

上記では、弁護士が AI を使用して契約を要約する方法について説明しました。しかし、長文の法的契約から関連情報を取得する必要がある場合もあります。あるいは、契約リスクを徹底的に分析したい場合もあるでしょう。

AI は契約レビューの手間を軽減します。UPDF AI 機能搭載の AI チャットボックスを使用して、契約から特定の情報を取り出すように指示できます。同様に、契約リスクやその他の要素を分析するよう指示することもできます。

以下に、弁護士として AI を活用して契約レビューを行う方法について説明するプロンプトをいくつか紹介します。

プロンプト #1: このヘルスケアサービス契約における規制遵守事項を評価してください。規制上の義務、プライバシーに関する考慮事項、データセキュリティ対策についての洞察を提供してください。

弁護士として AI を活用する方法

文書の出典: Nationalfamilyplanning

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

プロンプト #2: この商業用不動産取引の売買契約書を確認してください。決済条件、融資取決め、想定外事態などの主要条項をハイライトしてください。

弁護士として AI を活用する方法

文書の出典: Go.boarddocs

プロンプト #3: このベンダー契約書における免責条項を確認してください。免責義務、責任限度額、クレームや紛争の手続きについて詳細な概要を提供してください。

弁護士として AI を活用する方法

文書の出典: Partern4work

パート 4. 弁護士として AI を活用して法務調査を行う方法

法的調査を行う場合、関連する判例法、規制、判例、法的文書を見つけて理解する必要があります。Google には徹底的な調査を行うための情報の大半が揃っていますが、それには多大な時間と労力がかかります。

AI は法務調査を簡単かつ効果的にします。UPDF のオンライン AI アシスタントは、必要な判例法を迅速に見つけ、その詳細を要約するのに役立ちます。次に、他の法的文書や規制を調査するのに役立てることができます。さらに、フォローアップ質問をしてより深い調査を行うこともできます。

AI オンラインに今すぐアクセス >>

以下は、弁護士として AI を活用して法務調査を行う方法を理解するためのプロンプトです。

プロンプト #1: カリフォルニア州における労働法紛争に関連する最近の裁判判決を検索してください。主要な主張、裁判所の判決理由、雇用者と従業員への影響を要約してください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #2: 過去 5 年間の米国における財産紛争に関連する判例法を調査してください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #3: 守秘義務契約違反の事例に関する契約法の判例を特定してください。関連する裁判所判決、適用された法的原則、契約執行に影響を与える結果を要約してください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #4: 消費者保護事件における製品責任に関する判例法を分析してください。欠陥製品に関連する事例で考慮された主要な裁判所の判決、責任基準、抗弁を要約してください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #5: 製薬業界における独占禁止規則を調査してください。最近の調査、規制措置、セクターにおける競争法を形作る法的判例の概要を提供してください。

弁護士として AI を活用する方法

パート 5. 弁護士として AI を活用してクライアントとのコミュニケーションを行う方法

弁護士は法的手続きを確実なものにするだけでなく、クライアントとの効果的なコミュニケーションも確保する必要があります。クライアントの要求を理解し、プロのようにコミュニケーションを行い、懸念事項に迅速に対応し、法的用語を効果的に説明する必要があります。

AI は、あなたの代わりにコミュニケーションを取ることができます。手紙、電子メール、その他のコミュニケーションなど、クライアントとのやり取りの下書きを支援します。同様に、複雑な法的用語の明確な説明を生成するのに役立ちます。つまり、AI はクライアントとのコミュニケーションにかかる時間と労力を削減することができます。

以下に、弁護士が AI を使用してクライアント向けの簡潔な報告書やその他のコミュニケーション資料を作成する方法を示すプロンプトをいくつか紹介します。

プロンプト #1: 進行中の訴訟案件の進捗状況について、クライアントに宛てた簡潔でプロフェッショナルなメールを作成してください。主要な進展、次のステップ、法的プロセスに関する安心感を含む内容にしてください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #2: 最近の英国移民法改正によるビザ申請への影響について、クライアント向けに情報を提供するブログ記事を作成してください。政策更新、手続き変更、申請者への影響に関する洞察を含めてください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #3: 遺産相続計画のオプションに関するクライアントからの問い合わせに回答を作成してください。さまざまな種類の信託、その利点、資産保護と相続計画への影響の概要を説明してください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #4: 環境法における最近の規制変更の影響をクライアントに説明する詳細な説明用のメモを作成してください。法的影響、コンプライアンス要件、クライアントの事業に対する推奨事項を明らかにしてください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #5: 商業契約交渉における紛争解決の戦略とオプションの概要をクライアント宛ての手紙に作成してください。各戦略の長所と短所を含め、法的考慮事項に基づいた行動方針を推奨してください。

弁護士として AI を活用する方法

プロンプト #6: 著名人を巻き込んだ名誉毀損訴訟に関するクライアント向けアップデートを作成してください。裁判手続、法的論争、潜在的な結果について明確に要約し、広報への影響に対する配慮を怠らないようにしてください。

弁護士として AI を活用する方法

結論

AI は法的活動において大きな助けとなります。このガイドでは、弁護士として AI を活用する方法の実用的なユースケースを詳細に示しました。弁護士であろうとクライアントであろうと、適切な AI ツール (UPDF の AI アシスタントなど) を選択するだけで済みます。その後、正しいプロンプトを入力するだけで、AI が法的問題を支援してくれます。UPDF の AI アシスタントを入手して、AI を活用し日常の法的活動を最適化する弁護士になりましょう。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。