どんなPDFでもチャット。AI Assistant Online オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

PDFフォームに記入する方法3選

どの大学生も、研究作業を完了するためにPDFフォームを必要とします。ビジネスに携わる人も、顧客からレビューやコメントを得るためのPDFフォームが必要です。このような場合、同じことを手作業で行うと大変なため、記入可能なPDFフォームが必要になります。PDFフォームに記入し、電子メールで送信する方法をお探しの場合は、この記事で見つけることができます。

おまけ:どの方法を選べばいいかわからない方は、記事の最後にある、3つのツールを比較できる完璧な表を参考にしてください。

方法 1: PDFフォームに記入して電子メールで送信するには?

ツールを使ってPDFフォームに記入したいなら、最高級のものを選ぶべきです。UPDF for WindowsとUPDF for Macは、フォームの記入を助ける最高のPDF編集ツールの1つです。そのアシスト機能により、フォームのプロフェッショナルな見通しを向上させることができます。このツールを使えば、誰でも記入可能なPDFフォームを編集し、よりインタラクティブで魅力的なフォームにすることができます。また、あなたの文書に質問やシナリオを追加し、すぐにユーザーからの回答を得ることができます。

pdf フォーム

PDFフォームの記入手順

UPDFの強固なPDFツールを使ってPDFフォームに記入する方法の詳細な手順はこちらです:

ステップ1:PDFフォームファイルの追加

プロセスを開始するには、下のダウンロード・ボタンをクリックしてUPDFをダウンロードし、ダウンロードしたら起動します。「ファイルを開く」ボタンをクリックし、記入したいPDFフォームをインポートします。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ステップ2:PDFフォームに記入するには?

ファイルを開いたら、フォーム情報を入力します。最初に名前と住所を書き始めます。PDFフォームの「はい」か「いいえ」の質問を記入するには、それをタップすると、自動的に「はい」を選択します。

pdf フォーム 入力

ステップ3:フォームのクロスチェックと保存

その後、UPDFの「別名で保存」アイコンの「保存」または「名前を付けて保存」タブにアクセスして、このフォームを任意のフォルダに保存することができます。

ステップ4:フォームを他の人と共有する(オプション)

UPDFでは、リンク、QRコード、Eメールを使ってファイルを他の人と共有することもできます。必要であれば、右パネルの「このファイルを他の人と共有する」または「電子メールでファイルを送信する」アイコンをクリックしてください。お好きな方法を選択して、お友達と共有しましょう。

UPDFの主な機能

UPDFにはたくさんの機能がありますが、そのすべてが非常に信頼性が高く、PDFを編集する目的をサポートします。このPDFエディタの主な機能のいくつかを以下に挙げます:

1. PDFフォームの編集

良い評価を得るフォームを作成するために、UPDFのようなツールを使用することができます。このツールを使えば、PDFフォームファイルを自由に編集することができます。テキストフィールドからボタンまで、PDFフォームファイルのあらゆる部分を問題なく編集できます。このツールは、ファイル内のフォームのテキストフィールド、チェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウン、リストボックス、およびボタンを編集することができます。

2. 入力済みフォームをパスワードで保護する

記入可能なPDFを他の人と共有し、その人からレビューをもらったら、次のステップはそのドキュメン記トをロックすることです。一度ドキュメントをロックしてしまえば、誰もあなたの許可なくドキュメントに変更を加えることができなくなります。このような状況では、UPDFのパスワード保護機能がとても役に立ちます。このツールを使えば、パスワードを追加することで文書へのアクセスを管理することができます。

オープンパスワードを追加すれば、そのパスワードを知っている人は誰でも、記入可能なPDFフォームだけを開くことができます。許可パスワードに関しては、あなたが設定したパスワードでのみ編集や印刷が可能です。

3. OCRスキャンPDFフォーム

紙文書をデジタルスキャンした文書にすることで、ペーパーを節約し、ペーパーレスシステムを採用することができます。これらのスキャンしたPDFファイルを編集および検索可能にするには、OCR機能を使用します。気にしなければならないPDFのバージョンやファイルサイズの制限はありません。

特定のページの一部にOCRを実行したい場合は、ページ範囲を管理することによって、それらのページを選択することができます。このツールはまた、偶数と奇数でページを選択することを提供します。さらに、画像解像度もこのツールでカスタマイズできます。

4. PDFフォームのページを整理する

このツールを使用すると、異なるデバイス上で複数の方法で記入可能なPDFフォームを整理することができます。ページは、このツールを使用して迅速に文書内の任意の場所に追加または削除することができます。このツールを使用すると、PDFファイルを整理し、よりよく構造化するために、PDFページを左右に回転させることができます。

これまで以上にスムーズなナビゲーションを行うには、1つは、新しい位置にドラッグしてページを再編成し、並べ替えることができます。大きなファイルを小さなファイルに変換したい場合は、ページ番号に従ってファイルを分割してください。UPDFの豊富な機能を試してみませんか?以下のダウンロードボタンをクリックしてUPDFをダウンロードし、お試しください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

PDFフォームの記入方法に関するビデオチュートリアル


方法2:Adobe AcrobatでインタラクティブPDFフォームに記入するには?

Adobe Acrobatは、PDFファイルを効率的に作成、共有、または編集することができるPDF編集ツールとして知られています。このツールを使用すると、PDFファイルを作成し、他のユーザーからのレビューや回答を得るために記入可能なPDFフォームに変換することができます。Adobe Acrobatで作成または編集したファイルは、いくつかのプラットフォーム上で共有することができます。電子メールやリンクを介してこれらのファイルを共有することができます。

Adobe AcrobatでPDFフォームに記入する手順

Adobe AcrobatでPDFフォームに記入する方法をお探しの方は、以下の手順に従ってください:

ステップ1:まず、Adobe Acrobatをコンピュータにダウンロードし、起動します。起動したら、お使いのデバイスから記入可能なPDFファイルをインポートします。

ステップ2:ファイルを開いたら、右側のパネルから「記入と署名」オプションをクリックします。「テキストフィールド」を選択し、回答や返答を書くか、コンテンツ候補からテキストを選択し、「フィールドを自動入力」を押してデータを保存します。次に、チェックマークを付けるには、適切な場所に移動して1回クリックする。その後、Adobe Acrobatが自動的にチェックマークを追加し、サイズを変更します。また、サブメニューから「署名の追加」オプションをクリックして、署名を追加することもできます。

ステップ3:記入可能なPDFフォームが完成したら、このフォームを他の人と共有することができます。右上のドメインから「コピーを送信」ボタンをクリックしてください。記入したPDFフォームを保存するためのポップアップが表示されます。このウィンドウから「保存」ボタンを選択し、「リンクを作成」をクリックします。リンクが作成されたら、「リンクをコピー」オプションをクリックしてください。

Adobe Acrobat pdf フォーム 入力

PDFフォームに記入するためにこのツールを使用する際の課題

  • すべての機能が有料:Adobe Acrobatでコメントを追加したり、記入可能なPDFフォームを作成したい場合、課金せずに行うことはできません。このツールのすべての機能は有料であり、それが大きな欠点です。年間$239.88かかります。
  • 無秩序なインターフェイス: ツールのインターフェイスが良くなければ、そのツールから良い結果を期待できるでしょうか?このツールのユーザーインターフェースはよく整理されておらず、使いにくくなっています。

方法3:Google ChromeでPDFフォームをオンライン入力するには?

Google Chromeは世界中で最も賞賛され、信頼されているブラウザです。Googleではあらゆる情報にアクセスできるため、Google検索は最も好まれているブラウザの一つです。Googleは検索目的だけでなく、生産性の向上にも役立っています。Googleは、Docs、Sheets、Gmail、Google Meetなど、多くの種類のツールをユーザーに提供しています。また、PDFフォームの閲覧や記入にも利用されています。

Google ChromeでPDFフォームをオンライン入力する手順

Google Chromeを使用してオンラインでPDFフォームに記入する方法をお探しの方は、こちらの手順をご参考ください:

ステップ1: PCのファイルマネージャーを開き、記入可能なPDFフォームを探します。ファイルが見つかったら、そのファイルを右クリックします。メニューから、「開く」オプションにカーソルを置き、「Google Chrome」を選択します。

ステップ2:PDFファイルをGoogleで開いたら、フォームの質問に記入してください。必要に応じて答えを書いたり、選択肢にチェックを入れたりすることができる。記入が終わったら、間違いをなくすためにもう一度校正する。

ステップ 3: PDFフォームが完成したら、上部パネルから「保存」ボタンをクリックし、保存するパスを選択します。保存が完了したら、フォームを共有することができます。.

Google Chrome pdf フォーム 入力

PDFフォームに記入するためにこのツールを使用するデメリット

  • PDFファイルに署名できない:署名はPDFフォームの重要な部分ですが、Google Chromeウェブブラウザを使用してPDFファイルに署名することはできません。
  • Chromeでファイルを共有できない:GoogleでPDFファイルを作成している場合、それを直接共有することはできません。共有できるのは、デバイスにダウンロードされてからです。
  • PDF を編集できない: PDFファイルは編集が必要で、コメントを追加しなければならないこともあります。しかし、Google Chromeでは、PDFテキストの編集、コメントの追加、PDFファイルへの注釈の追加ができません。

PDFに記入する3つの方法を比較する

時間と労力を節約するために信頼できるものを使いたいので、ツールを使用する前にテストすることを好む人はいません。そのため、ここに上記のツールの比較表を示します。この表を見れば、なぜUPDFがベストなのか、なぜこのツールが信頼できるのかがわかります。

ツールUPDFAdobe AcrobatGoogle Chrome
プラットフォームWindows, Mac, Android, iOSWindows, Mac, Android, iOS, OnlineWindows, Mac, Linux, Android, iOS
使いやすさ
インターフェースのクオリティ
安全性
安定性
価格年間プラン:4,400円
永久プラン:7,400円
Standard DC: US$155.88/年
Pro DC: US$239.88/年
無料
PDFフォームへの記入   
PDFフォームへの署名   
PDFフォームへの作成   
PDFフォームへの編集   
波線とステッカーの追加   
ドラッグ&ドロップでリッチテキストを追加   
PDFをWord、Excel、PPT、HTML、XML、テキストに変換   
PDFをGIF、CSV、BMPに変換   
OCR   

これらのツールの中でUPDFが最高だというのは正しいのではないでしょうか?卓越した性能は誰もが認めるところです。気になった方は下のボタンからダウンロードしてお試しください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全


PDFフォームに記入するメリットとは?

記入可能なPDFフォームは、教育現場でも専門職のプラットフォームでも非常に一般的です。PDFフォームが好まれる理由がたくさんあることからわかるように、メリットもたくさんあります。そのいくつかを以下に列挙します:

1. PDF 入力可能なフォームは安全

企業がデジタル文書を扱う場合、そのセキュリティとアクセシビリティを気にすることがほとんどです。デジタルプラットフォーム上で共有されるPDFファイルは、所有者がそのアクセスを管理できるため、安全です。

誰かがPDFフォームに入力すると、その情報は自動的に平坦化され、誰もコピーできなくなります。さらに、PDFフォームに署名を追加して、より権威のあるものにすることもできます。PDFファイルの機密性に関しては、パスワードを追加して暗号化することもできます。

2. 複数のプラットフォームとの互換性

記入可能なPDFフォームの最も便利な点は、複数のプラットフォームで開いて操作できることです。多くのデバイスでこれらのフォームを管理するために、デバイスやブラウザの制限はありません。PDFファイルの機能は、異なるデバイス上でも変わらず、あなたが独自に作成するまでは、ファイルに変更はありません。

3. 一貫したフォーマット

Wordのような文書フォーマットでは、書式が勝手に変更されるため、学生は主に作業上の困難に直面します。しかし、PDFフォームの場合、ユーザーが何度共有したりダウンロードしても、変更されることはありません。特にPDFファイルでは答えが入れ替わる心配がないため、学生にとってはありがたいことです。

4. コストフレンドリー

500人の顧客からレビューをもらわなければならず、1色刷りの用紙代が0.5ドルだとします。ファイルのサイズが大きければ、印刷に多くのお金をかけなければなりません。それだけの費用を節約するには、記入可能なPDFフォームを使って無料で作成・共有すれば良いのです。

迅速かつ安全に、しかも損をすることなく回答を得ることができます。また、書類を共有するためにいちいち人に会う必要もないので、簡単に言えばタクシー代も節約することができるのです。

まとめ

結論として、記入可能なPDFフォームは、多くの人々が自分の仕事を成し遂げるために広く使用されています。これらのデジタルフォームを使用することで、時間、お金、労力を節約できるので、非常に有益です。このような記入可能なPDFフォームを作成できるツールはたくさんありますが、そのうちの3つをご紹介します。この2つのツールについて考えることなく、UPDFに頼ることができます。

このツールは、PDFに関する問題を瞬時に解決できる多くの優れた機能を備えています。塗りつぶし可能なPDFフォームを作成したい場合でも、PDFフォームを塗りつぶしたい場合でも、このツールはすべてを手助けしてくれます。さらに、あなたが記入可能なPDFフォームを使用する場合は、フォーマットの変更を心配することなく、多くのプラットフォーム上でそれらを共有することができます。PDFフォームに記入したい場合は、UPDFをダウンロードし、上記の詳細な手順に従ってください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。