どんなPDFでもチャット。AI Assistant Online オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

入力可能なPDFフォームを作成する3つの簡単な手法

PDFファイルは、その一貫性のあるフォーマットのため、学生やビジネスマンの間で最も広く使用されているドキュメント形式の一つです。PDFファイルを何度共有しても、編集しない限りそのフォーマットは変わりません。そのため、人々は重要な情報を共有し、記入可能なフォームを作成するために使用したいです。記入可能なPDFフォームを無料で作成する方法について知りたい場合は、正しい場所にいます。この記事では、この問題の解決方法について説明します。

方法1:入力可能なPDFを簡単かつ迅速に作成

迅速に入力可能なPDFを作成するには、UPDFが最初の選択肢です。UPDFは包括的なPDFエディタであり、便利なPDFフォーム作成機能も備えています。ドロップダウンリスト、チェックボックス、ラジオボタンなど、6種類のフォームフィールドを選択できます。さらに、フィールドのプロパティも簡単にカスタマイズできます。今すぐダウンロードしてその素晴らしいフォーム作成機能を試してみてください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

pdf 入力 フォーム 作成 無料

新しい入力可能なPDFフォームを作成する手順

UPDFは非常に使いやすいツールであり、それを使用して入力可能なフォームを作成するのは難しくありません。以下の手順に従ってこれらのフォームを作成できます:

ステップ1:フォームフィールドを追加する

最初に、コンピュータにUPDFをダウンロードして起動します。フォームフィールドを作成したいPDFを開きます。次に、「フォームを準備」モードに移動し、ここで追加したい任意のフォームフィールドを追加できます。

pdf 入力 フォーム 作成 無料

ステップ2:プロパティをカスタマイズ

フォームフィールドを追加したら、それをダブルクリックしてプロパティをカスタマイズできます。たとえば、フィールドの色を変更したり、フォームフィールドの名前を変更したりできます。

pdf 入力 フォーム 作成 無料

ステップ3:フォームに記入する

その後、作成したフォームに記入するために、リーダー、コメント、または編集モードに移動できます。

UPDFについてもっと学びたいですか?以下はその主な特徴です:

UPDFは、PDFファイルを効率的にプロフェッショナルなPDFファイルに変換することができる豊富な機能を備えたツールです。このPDFツールの通常の特徴のいくつかは以下に述べられています:

  • PDFの編集:UPDFは、PDF内のテキスト、リンク、および画像を編集するさまざまな機能を提供します。
  • PDFに注釈をつける:提供されているさまざまな注釈ツールを使用して、PDFに注釈をつけることができます。
  • OCR PDFスキャンされたPDFファイルを瞬時に検索可能で編集可能なコンテンツに変換できます。検索可能なPDFとイメージのみのPDFなどのOCRオプションを選択できます。
  • PDFの整理:大きなPDFファイルを整理することは、学生や事業者にとって必要です。このツールを使用して、さまざまな方法でPDFファイルを整理できます。
  • UPDF AI統合されたAIを使用して、数回のクリックでPDFドキュメントを簡単に要約、翻訳、説明できます。

UPDFをダウンロードして、ストレスフリーなPDF管理体験を体験してください。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

方法2:Adobe Acrobatを使用して記入可能なPDFを作成(より低い効率)

Adobe AcrobatはPDFファイルを表示および編集するために使用されている最も古いツールの一つです。このPDFエディタの支援を受けて記入可能なフィールドを追加する方法を学びたい場合は、以下に記載された手順を使用できます:

ステップ1:PDFファイルのインポートする

コンピュータにAdobe Acrobatをダウンロードし、記入可能なフィールドを挿入したいPDFファイルをインポートします。その後、右側のパネルから「ツール」を選択し、「フォームの準備」をクリックします。次に、「新規作成」オプションを選択し、「開始」ボタンをクリックします。(または、PDFフォームファイルを選択して開くか、「スキャナー」オプションを選択してスキャナーからスキャンすることもできます。)

pdf 入力 フォーム 作成 無料

ステップ2:必要な情報を追加する

そのPDFファイルとファイルを保存したら、ツールバーから「テキストの追加」を選択します。これにより、必要な情報を追加できます。画像やロゴを追加する場合は、「画像の追加」ツールを選択し、挿入したい画像を選択します。その後、「OK」をクリックして所定の位置に移動させます。ツールバーから「編集」を選択することで、テキストと情報を編集することができます。

ステップ3:記入可能なフィールドを追加する

記入可能なフィールドを追加するには、ツールバーから「フィールドのタイプ」を選択するか、フォームのどこかで右クリックして「フォームフィールド」ツールを選択します。その後、選択したフィールドの場所を選択します。これにより、PDFに記入可能なフィールドが追加され、ドキュメントを保存できます。

Adobe Acrobatを使用して入力可能なPDFを作成する際の利点と欠点

この方法を使用する場合、直面する可能性のある欠点を知っておく必要があります。以下にその一部を挙げてみましょう:

  • 高価:Adobe Acrobatは高価なツールであり、このツールを使用して記入可能なPDFフォームを作成するには、まずサブスクリプションを購入する必要があります。
  • 整理されていないインターフェース:このPDFツールのユーザーインターフェースは整理されておらず、使い勝手が悪いため、このツールを使用する際に多くの問題が発生する可能性があります。

方法3:オンラインで入力可能なPDFを作成する(安全性が低い)

ウェブ上には、オンラインで記入可能なPDFを作成するのに役立つ多くのPDFエディタがあります。適切なツールを見つけるために調査できます。ただし、オンラインツールはPDFファイルをインターネットにアップロードする必要があるため、安全ではないという点を考慮する必要があります。また、インターネットの状況により安定していないこともあります。一部のオンラインツールには、ファイルサイズやページサイズなどの制限がある場合があります。オンラインで記入可能なPDFを作成する方法について知りたい場合は、以下に記載された手順に従うことができます:

ステップ1:PDFをオンラインツールにアップロードする

Webブラウザでオンラインツールを開き、メインウィンドウでPDFファイルを追加できる「アップロード」オプションが表示されます。その後、フォルダが目の前に表示されます。アップロードしたいファイルをダブルクリックするか、ファイルを選択して「開く」ボタンを押すと、ファイルがアップロードされます。または、「空白のドキュメントで開始」オプションをクリックして新しいドキュメントを作成することもできます。

ステップ2:記入可能なフォームフィールドを追加する

その後、ドキュメントに記入可能なフォームフィールドを追加できます。テキストフィールド、テキストエリア、ラジオ、チェックボックス、ドロップダウンなどのオプションから選択できます。このオンラインPDFフォームツールを使用して、境界線の色を変更したり、名前やその他のプロパティを個人化したりすることもできます。

ステップ3:記入可能なPDFフォームドキュメントを保存する

フィールドの変更が完了したら、「変更を適用」をクリックします。記入可能なPDFドキュメントの変更が保存され、印刷せずに簡単に記入またはダウンロードできます。

オンラインフォーム作成ツールを使用すると、既存のPDFドキュメントに記入可能なフィールドを追加できますが、このオンラインPDFツールにはいくつかの欠点があります。以下に、このオンラインツールの制約のいくつかを挙げてみましょう:

  • インターネット接続が必要:オンラインツールを使用してPDFに記入可能なフォームを追加する場合、良好なインターネット接続が必要です。ネットがないとこのオンラインPDFツールを使用することはできません。
  • 機能が豊富でない:このツールが提供する機能の数は非常に限られています。Sejda PDFを使用する場合、機能は制限されます。
  • 文書のセキュリティが弱い:機密性の高いPDFドキュメントをインターネットにアップロードすることは安全ではありません。
  • 制限がある:オンラインツールには制限があります。Sejdaの場合、ドキュメントを最大200ページまたは50 MBまで処理でき、1時間に3つのタスクしか実行できません。

三つの入力可能なPDFフォームを作成方法を比較する

上記で述べたPDFフォーム作成ツールはすべて同じではなく、以下に述べる比較により、価格、セキュリティ、機能を考慮してもUPDFが最良の選択であることが明確になります:

 UPDFAdobe AcrobatオンラインツールSejda
プラットフォームWindows, Mac, Android, iOSWindows, Mac, Android, iOSウェブ
使いやすさUPDFはシンプルで使いやすいユーザーインターフェースを備えています。ミディアムミディアム
価格4,900円/年
7,800円/永久
23,760 円/年US$63/年
PDFフォームの作成
PDFをCSVに変換
PDFをBMPまたはGIFに変換
PDFをHTMLに変換
PDFをXMLに変換
透かしや背景の追加や編集
評価4.84.84.4

上記の表から明らかなように、UPDFが明らかに最良の選択肢です。Adobeが提供する機能をすべて備えているだけでなく、4,900円の価格で利用できます。 期間限定のオファーをこちらで確認できます。 また、これはオフラインツールであるため、作業を完了するために安定したインターネット接続が必要なく、ユーザーのプライバシーを守る安全な環境を提供します。

UPDFのレビュー動画を見ましょう!

UPDFのレビュー動画

入力可能なPDFフォームの作成に関する知識

入力可能なPDFフォームの利点

入力可能なPDFフォームは大容量の情報を保存するのに非常に便利です。入力可能なPDFフォームの多くの利点のいくつかは、以下に挙げられています:

1.ユーザーインタラクション

複数の人から2つの意見を得たい場合、それぞれに行って尋ねるのは手間がかかります。時間と手間を節約するために、入力可能なPDFフォームを使用できます。同じ単一のPD入力可能なフォームを複数の人と共有でき、彼らは同じドキュメントに対してレビューを共有できます。これらの入力可能なPDFフォームは質問、レビューの収集、アンケートに使用できます。

2. データ管理

産業界では、同じ部門で複数の人が働いています。たとえば、複数の人が財務部門で働いているとします。各人が独自の報告書を提出すれば、所有者がそれぞれにアクセスするのは難しいでしょう。記入可能なPDFフォームを使用すると、各人が同じ構造を持つドキュメントに情報を共有でき、部門ごとに不要なファイルがなくなります。

3.アンケートと調査用

調査やアンケートは研究に重要であり、すべての学生が必要とします。彼らは研究作業を完了するために記入可能なPDFフォームを使用できます。これらのフォームはリンクだけで開くことができ、質問紙を個々の人に手渡す必要はありません。また、学生に質問したい質問の数に制限はありません。

4.トラブルのない統合

これらのPDF入力可能なフォームはすべてのデバイスとネットワークでアクセスできます。これらのフォームへのリンクを持つ誰でも、ChromeやSafariなどのWebブラウザでそれらを開くことができます。アクセスを管理し、ダウンロードの許可を付与すると、ユーザーはそれらをダウンロードすることもできます。このフォームはユーザーにとってスムーズでトラブルのない統合を提供します。

5.使いやすい

全てのユーザーが求める最も重要なことの一つは、他の人が共有可能なドキュメントを使いやすくすることです。PDFの入力可能なフォームは非常に使いやすく、これらのツールを作成するための複雑な手続きはありません。また、オンラインで開いて操作し、記入することもできます。これらのフォームは必要に応じてカスタマイズすることもできます。

入力可能なPDFフォームを作成するために使用できる方法

信頼性のあるリソースを使用していない場合、作成はややこしいことがあります。入力可能なPDFフォームを作成する方法を知りたい場合は、以下にリストされたリソースと方法を使用できます:

1.ゼロからPDFフォームを作成する

スキンケア業界で働いていると想像してください。クライアントからのレビューを取得する時期が来ました。全員にペーパーを手渡すことはできませんが、代わりに記入可能なPDFフォームを共有できます。空白のPDFページを作成し、PDFフォームの要件を追加するだけで、質問、チェックボックス、または星や数字の形でフィードバックなどを含めることができます。

ゼロから設計されたPDF入力可能なフォームは視覚的に魅力的です。自分のブランドのカラースキームやロゴを背景として使用して外観を向上させることができます。ゼロから記入可能なPDFフォームを作成するには、テキストボックス、ラジオボタン、チェックボックス、署名フィールドなどを追加できるPDFツールが必要です。製品に対するより良いレビューを得るために魅力的でインタラクティブの記入可能なフォームを作成したい場合は、ゼロから作成するのが最適です。

2. 既存のファイルやテンプレートから記入可能なPDFを作成する

公共セクターで働いている場合、例えば教師として、すべてのルールと規定に従わなければなりません。各セクターや機関は、すべての書類をデジタルで処理するための独自のドキュメント形式を備えています。それがあなたの場合、機関が提供するテンプレートから入力可能なPDFフォームを作成できるかもしれません。

既存のファイルやテンプレートを使用して、効果的に自分の記入可能なPDFフォームをデザインできます。それらをさまざまなプラットフォームで異なる人々と共有してレビューを受けることもできます。質問/回答形式、多肢選択形式などで必要に応じて質問できます。

3.紙のフォームをスキャンして記入可能なPDFを作成する

会社や機関は処理や運用しやすくするため、手動よりもデジタルの書類処理に切り替えています。多くの人々は会社や機関の仕事をするため色々な方法を持っており、調査を行うこともその一つです。前の調査フォームを使用し続けたい場合、それらを単にスキャンするだけで済みます。スキャンしたら、それをデジタルPDF形式で保存できます。その後、OCR機能を使用してフォーム内のテキストと領域をすべて認識し、記入可能なPDFに変換できます。リンクやメールで共有してクライアントや顧客から迅速にレビューを受けることもできます。

結論

この記事では、入力可能なフォームが多くのプラットフォームで広く使用されていることを述べています。入力可能なPDFフォームを使用する多くの利点があり、その中にはこの記事でも言及されているものがいくつかあります。入力可能なフォームをPDFファイルに追加する方法はさまざまです。

ウェブ上にはそれを達成するのに役立つツールもいくつかあります。すべて試したくない場合や最良のツールに頼りたい場合は、UPDFを使用できます。比較表でUPDFが信頼性のあるツールである理由と、PDFの問題を解決する方法がわかります。早速以下のボタンをクリックし、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。