どんなPDFでもチャット。AI Assistant Online オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

Pythonを使ってPDF編集はどうやるのか?

Pythonは、とても先進的なプログラミング言語で様々なタスクを自動化してくへます。Pythonを頻繁に使うという人はそれを使ったPDFの編集方法を知りたいでしょう。テキストのアップデートが必要な際もPDFからコンテンツの抽出をする際もPythonは理想的なツールです。

そして、この案内の中では、PythonでPDFを編集する以外に、Pythonを使わないという人の為にもう一つのベストなソフトであるUPDFを紹介いたします。この記事を読んで、両方とも使いこなしてスムーズな仕事ができるようにしていきましょう。

1部:Pythonを使ってPDF編集はどう行うのか?

PDFファイルを編集する時、Pythonはとても役に立つツールと今まで聞いた事がありますか?Pythonを使う事で、開発者は使いやすいライブラリを使ったPDFの編集ができると言っています。つまり、追加、変更、削除などがあなたのコードから直接行えます。そして、これは手動でのPDF編集を省いてもいます。Pythonライブラリは様々な形式のフォーマットをより優れたものに変えてくれます。

しかしながら、Pythonでプログラミングでの編集処理と聞くと複雑に聞こえるでしょう。下記のインストラクションを読めば、そんなことはなくなります。Pythonを通してpypiリポジトリにAspose.Wordsをインストールしましょう。それとPythonのバージョン3.5、もしくはそれ以降も必要です。バージョン3.12は使えないので気をつけましょう。

さらに、Linuxを使っているのであればGccと呼ばれるものとLibPythonがリポジトリを使い始める為にエキストラで付帯してきます。Pipを使う事がAspose.Wordsを入手する上で1番簡単で手軽な方法です。画面上の指示に従い、パッケージをダウンロード、インストールしましょう。

PipAspose.Wordsをインストールする

編集に関する限り、次の指示が必要項目となります。

1.テキスト編集

import aspose.words as aw

doc = aw.Document("Input.pdf")

builder = aw.DocumentBuilder(doc)

#はドキュメントの最初のテキストに挿入する

builder.move_to_document_start()

builder.writeln("Morbi enim nunc faucibus a.")

doc.update_page_layout()

doc.save("Output.pdf")

2.表の編集

import aspose.words as aw

doc = aw.Document("Input.pdf")

builder = aw.DocumentBuilder(doc)

# Insert table at the beginning of the document.

#はドキュメントの最初の表に挿入する

builder.move_to_document_start()

builder.start_table()

builder.insert_cell()

builder.write("Row 1, cell 1.")

builder.insert_cell()

builder.write("Row 1, cell 2.")

builder.end_table()

doc.update_page_layout()

doc.save("Output.pdf")

3.画像編集

import aspose.words as aw

doc = aw.Document("Input.pdf")

builder = aw.DocumentBuilder(doc)

#はドキュメントの最初の画像に挿入する

builder.move_to_document_start()

builder.insert_image("Image.png")

doc.update_page_layout()

doc.save("Output.pdf")

4.Pythonを使うデメリット:

  • リアルタイムでのPDF編集は出来ない
  • フォーマットは時折問題となり、全体的なやり直しが必要になる時もある
  • マイナーな編集でさえも複雑なコードが必要になる事がある
  • 誰でも簡単につかえるわけではない
  • コードを起動させる為にプログラミングに関する最低限の知識が必要になる
  • 大量のメモリーを使用する為、処理速度が落ちる

第2部:Pythonを使わずにPDFを編集する方法とは?

上記で説明したようにPythonを使ってのPDF編集は容量を大量に使います。そこで代わりのツールとなるのがUPDFです。このツールはPDF編集にとても役立ちます。これを使って編集すると、テキスト、画像、リンクやPDFの注釈付けさえも行えます。その上、ユーザーはPDFファイルを様々な形式と容量で出力できます。この以下のダウンロードをクリックして、試してみましょう。

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

pdf 編集

それに加えて、さらに高度な編集ソフトとしてUPDF AIがあります。これは内蔵のAIがユーザーに用語を説明したり、PDFを要約したり、よりわかりやすくPDFを翻訳したりします。また、パスワードを利用した保護機能もあるのでPDFを安全に保てます。ここではUPDFのメリットと主な特徴を見ていきましょう。

UPDFの長所と主な特徴:

  • 夜の作業用にダークモードがある
  • セキュリティ保護の観点から、PDFファイルは圧縮して保存される
  • OCR機能でスキャンしたPDFと画像は編集が出来る
  • UPDFクラウドにアップロードしたPDFファイルはどこからでも閲覧可能
  • インターフェースがユーザーにわかりやすくなっている
  • エクセルやワードなど様々なフォーマットからPDFを作成出来る
  • Eメールやリンク、バーコードでのがPDFの共有ができる

PDF編集ソフトとしてのUPDFの解説

このツールの基本的な特徴と長所を見たところで、次は、実際に使っていきましょう。次のインストラクションをよく読んでファイル編集を手軽に行えるようにしましょう。

詳細方法UPDFにアクセスして、「ファイルを開く」を選びインポートするPDFを選びます。その後、「編集」を選択し、トップバーの中の編集オプションを選択します。

PDFの中でダブルクリックし、必要に応じてテキストの追加や修正をしましょう。また、画像はダブルタップすると削除や必要な場所に置き換えが出来ます。

PDF編集

ここをクリックして、UPDFに関するレビューを確認しましょう!

第3部:PythonでのPDF編集に関するよくある質問

1.PythonのPDFのテキストに追加するにはどうしたら良いのか?

テキストのストリングを追加するには、(アドテキスト)モジュールを使います。表示された指示に従い、テキストを追加しましょう

doc=self.Document()

doc=self.dataDir + 'input1.pdf'

pdf_page=self.Document()

pdf_page.getPages().get_Item(1) text_fragment=self.TextFragment("main text")

position=self.Position()

text_fragment.setPosition(position(100,600)) font_repository=self.FontRepository()

color=self.Color() text_fragment.getTextState().setFont(font_repository.findFont("Verdana"))

text_fragment.getTextState().setFontSize(14)

text_builder=self.TextBuilder(pdf_page)

text_builder.appendText(text_fragment)

# Save PDF file

doc.save(self.dataDir + "Text_Added.pdf")

print "Text added successfully"

2.PDFファイル編集においてPythonライブラリとは何か?

Aspose.Wordと同じようにPythonライブラリはPyPDF2と呼ばれておりPDF編集に使います。素晴らしいライブラリでPDFファイルの様々なカスタマイズができます。ドキュメントの特定の情報を抽出したり、複数のPDFを合併したり、ページを分割したり、透かしを加えたり、PDFファイルを暗号化や復号化することさえもできます。

3.PythonのPDFからコンテンツをどうやって取り出せば良いのか?

手軽にテキストを抽出する為に、PyPDFパッケージが利用できます。これはテキスト抽出に必要な様々な機能を備えたものです。インストールするには以下のコマンドをターミナルで入力するだけです。

pip install PyPDF2

インストールが終わったら、以下のコマンドをテキスト抽出の為に起動させましょう。

# importing required modules

from PyPDF2 import PdfReader

# creating a pdf reader object

reader = PdfReader('example.pdf')

# printing number of pages in pdf file

print(len(reader.pages))

# getting a specific page from the pdf file

page = reader.pages[0]

# extracting text from page

text = page.extract_text()

print(text)

まとめ

最終的に、Pythonを使ってのPDF編集は複雑な方法ではあります。その上、時間もかかり、プログラミングの最低限の知識がない人にはかなり複雑でしょう。ほとんどの場合、上記のコード入力の際のたった一つのエラーでも全ての作業が水の泡になる可能性もあります。なので、安全に行うのであればUPDFをPDFの編集ソフトとして使用することをお勧めします。

PDF編集ソフトを使う事で全ての変化をすぐに後追い出来て、その場のエラー修正もできます。その上、このツールはユーザー上記の長所と主な特徴で述べたあらゆる事を可能にさせます。早速以下のボタンをクリックして、UPDFをダウンロードしましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。