どんなPDFでもチャット。UPDF AI オンラインで要約と回答を即座に入手。今すぐ使う

MacプレビューにはOCR機能がある?MacでOCR文字読み取り可能のツール

光学式文字認識(OCR)は不可欠です。なぜ? これにより、編集不可能なさまざまなドキュメントを編集可能で検索可能なデータに変換できます。PDFとドキュメント管理に革命をもたらします。Macユーザーにとって、OCRの重要性は否定できません。

多くはPDFの管理にAppleプレビューに依存しています。しかし、それで十分でしょうか?ただし、OCRなどの高度な機能を使用したい場合は別です。それはそれらを提供しないからです。この記事では、MacプレビューOCRに関連するすべてを紹介します。

AppleプレビューにはOCR機能がありますか?

いいえ、AppleプレビューはOCRをサポートしていません。

Appleプレビューで何ができるのか、その役割と機能を見てみましょう。AppleプレビューはMacエコシステムの重要なツールであり、シンプルなPDFビューアとして機能し、注釈の追加、フォームの入力、PDFへの署名を可能にします。ただし、スキャンした文書からテキストを抽出して編集可能にするOCR機能はサポートしていません。

良いニュースは、MacプレビューにはLive Text機能があることです。最近のmacOSアップデートで導入されたLive Textを使用すると、ユーザーは写真に表示されるテキストを認識できます。

Macプレビューで写真内のテキストを認識する方法は次のとおりです。

  • PDFをプレビューで開きます。
  • テキストが写っている写真または画像を見つけます。
  • ポインタをテキストの上に置き、ドラッグして選択します。
  • Controlキーを押しながら選択をクリックします。
  • 「コピー」を選択します(またはコマンド+Cを押します)。
  • コピーしたテキストを他のドキュメントまたはアプリに貼り付けることができます。
mac プレビュー テキスト認識

ただし、この方法は画像または写真内のテキストにのみ適用されます。しかし、完全なOCRソリューションを必要とするユーザーにとって、Appleプレビューの機能は不十分かもしれません。スキャンした文書を編集可能または検索可能なテキストに変換することは許可されていません。


Macでプレビューの代わりにOCRを使用できるする方法?

Appleのプレビューは基本的なPDFの表示と注釈の目的を果たしますが、テキスト認識の機能は写真内のテキストの操作にのみ制限されています。

スキャンされた文書からテキストを抽出するために不可欠な包括的なOCR(光学文字認識)サポートが欠如しているため、より洗練された代替手段を選択する必要があります。UPDFはAppleプレビューの強力な代替手段です。OCRのニーズに効果的に応えます。

今すぐダウンロードして試してみてください!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

ちなみにUPDFは現在セール中です。UPDF ProとAIアドオンを割引価格で購入できる機会をお見逃しなく。

UPDFのOCR機能を紹介:

UPDFは、AIを活用した万能のPDFエディターです。Appleのプレビューにはない複数の機能が提供されます。これらには、注釈付け、編集、変換、OCRなどが含まれます。

UPDFのOCR機能は、38言語認識のサポートで際立っています。スキャンしたPDFドキュメントからテキストを抽出できます。テキストが画像ベースまたはスキャンされたPDFドキュメント内に埋め込まれている場合でも機能します。

UPDFのOCRは、その精度と効率により高いハードルを設定しています。低解像度のスキャンや低品質の画像からテキストを正確に抽出できます。これはすべて、元の書式を維持したままです。

UPDFでのOCRを使用するガイド:

ステップ1: ファイルを開く

OCRを実行するファイルを開きます。ファイルの種類に応じて、ファイルを開く方法が異なります。PDFを開く方法は他のPDFビューアと同様です。「ファイル」に移動して「開く」をクリックするか、メインインターフェイスの「ファイルを開く」ボタンをクリックします。

ただし、すばやく開きたい場合は、メインインターフェイスにドラッグしてください。

mac プレビュー ocr

ステップ2: OCR機能を有効にする

ドキュメントを開いたら、UPDFインターフェイスの右上隅にあるOCRアイコンをクリックします。

デバイス上のUPDFにOCRプラグインをインストールしていないとします。次に、プラグインをインストールするように求められます。「ダウンロード」をクリックします。プラグインのダウンロードはまもなく完了します。プラグインがダウンロードされると、インストールが成功したという通知が表示されます。

OCRボタンをもう一度クリックすると、使用を開始できます。

mac プレビュー ocr

ステップ3: OCRを実行する

次のウィンドウで、必ず「検索可能なPDF」を選択してください。ここで、レイアウト、文書言語、画像解像度、ページ範囲を選択できます。適切な設定を選択し、「OCRを実行します」をクリックしてプロセスを開始します。

mac プレビュー ocr

ステップ4: コンテンツを編集する

OCRが実行されると、「PDF編集」モードでテキストを簡単に編集したり、オブジェクトを移動したりできます。スキャンしたドキュメントを編集する方法を知りたい場合は、このガイドを参照してください。

PDFファイルの要約、翻訳、説明を支援するAI機能も提供します。右下隅にあるAIアイコンをクリックするだけで開始できます。この機能は、長い文書や複雑な文書を扱う場合、または特定の情報をすぐに必要とする場合に便利です。

mac プレビュー ocr

MacプレビューOCRに関するよくある質問

Appleプレビューは画像からテキストを抽出できますか?

はい、Appleプレビューは画像からテキストを抽出できますが、制限があります。Live Textと呼ばれる機能を使用します。Live Textを使用すると、画像または写真からテキストを選択してコピーできます。

コピーしたテキストは他のドキュメントに貼り付けることができます。ただし、スキャンされたPDFを含むさまざまなドキュメントからテキストを抽出する包括的なOCRとしては機能しません。

AppleプレビューはPDF内のテキストを認識できますか?

いいえ。Appleプレビューには標準のOCR機能がないため、PDF内のテキストを認識できません。スキャンしたPDFドキュメント内のテキストを選択、コピー、編集、検索したい場合は、UPDFを選択すると役に立ちます。

MacプレビューでPDF内のテキストを認識するにはどうすればよいですか?

実際、この記事で説明したように、専用のOCR機能がないため、MacプレビューでPDF内のテキストを認識する方法はありません。

まとめ

つまり、AppleプレビューのOCR機能は制限されています。画像とテキストの対話のためのLive Textは提供されますが、スキャンされた文書からのテキスト抽出に不可欠な完全なOCR機能がありません。

包括的なOCR機能を備えた堅牢な代替手段であるUPDFをご紹介します。AI駆動のOCRは、複雑さに関係なく、スキャンしたドキュメントやPDFを簡単に編集および検索可能なテキストに変換します。複数のプラットフォームで利用できるUPDFは、どのデバイスでも効果的なドキュメント管理を保証します。

UPDFは、高度な機能とアクセシビリティを備え、信頼性の高いソリューションとして際立っています。信頼できるOCRツールです。以下のボタンをクリックして、使ってみましょう!

Windows • macOS • iOS • Android 100%安全

% オフ
オフ
この期間限定クーポンを使用して、指定された UPDF PRO または AI 製品を購入できます。

期間限定
クーポンを取得する!

クリックして受け取る
追加{couponPrice}% オフクーポン 追加{couponPrice}円クーポン

お客様に最高のエクスペリエンスをお届けするために、当社のウェブサイトはクッキーを使用しています。このウェブサイトを継続的に使用すると、当社のプライバシーポリシーに同意したことになります。